• Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly

526:2012/08/03(金) 13:01:39.37 ID:
0
空気を読まずに投下


大学の講義が終わったあとタイミングよく兄から電話。
何でも義姉に連絡をしても返事がない、電話にも出ない。
どっちにしろ体調を崩している犬の様子を見てきてほしい。と言われた。
ということで、その日は講義もなかったのでそのまま兄の家へ直行。
インターホンを鳴らしても出てこないし電話をしても出ないので、
合鍵を使って家の中に入るととんでもない光景。
泣いてぐったりしている義姉の上に父が乗っかっていた。
いわゆるそういう行為をしていた。
ぽかーんとする私を父が最初に見た。
そして「おう…」と言って服を直すとそのまま家を出て行った。
私は父を追いかけるより義姉のもとへ。
話を聞くと「孫が生まれないのはお前かアイツが欠陥品だからだ。
とりあえず俺のもので試してみよう」
と言われたらしい。
それ以降は泣きじゃくっていてどうしようもないので
とりあえず動けなくなっている義姉を風呂に連れて行き
シャワーを浴びさせ服を着させて兄に連絡。
兄が帰ってくるまで私にしがみつく義姉に本当に申し訳ないとしか言えなかった…。
犬も空気を呼んでか義姉にぴったりくっついていた。


185:2012/08/01(水) 13:42:02.20 ID:
0
流れ切ってすいません。
私が中学生のころ、高校生の兄が反抗期と厨二病をこじらせ続けたらしく、グレた。
うちは比較的裕福な家で、
父と専業主婦の母と兄と私と当時小学生の弟で住んでました。

最初は家族と口をきかない程度の兄でしたが、
そのうち夜中に帰って来たり、家に帰ってこなくなったり。
母が困って父に話し、父が仕事を早めに切り上げて兄に話しをきくと
兄は「うるせぇんだよ!」と父に怒鳴りました
その瞬間兄が座ってたダイニングの椅子から3m吹っ飛びました。
父がぶん殴って「お前誰に口きいてんだコラああああ!?」
今までどの家族も父に殴られたことなかったので
こっそり見てた私と弟が震えるほど怖かったです。

それでも父に向かっていく兄、
筋トレが趣味の父に何故勝てると思ってしまったのか・・・
兄ボコボコ、顔面変形で第一の修羅場、終了wwww


405:2012/08/02(木) 15:50:08.78 ID:
0
彼氏のお父さんと、年上だけど親友と言っていいくらい仲良い私の先輩が不倫してた。
それだけなら多少関係はありとは言え他人事で済ませられたけど
彼氏父と先輩を引き合わせたのは私だったため、微妙に修羅場に巻き込まれてる。
(彼氏父がやってるお店に先輩含めた友達同士で遊びに行った)

彼氏は私は悪くないって言ってくれてるけど、彼氏母からは遠回しに嫌味を言われるし
先輩からは別に相手の家庭を壊す気はなかったと泣き付かれるし
先輩の彼氏(私の彼氏父とは別人)からは
状況がよく分からない説明してくれと尋ねられるし、もう頭パンク寸前。
ていうか、JKに手を出さないで下さいよ彼氏のお父さん…orz


73:2012/07/31(火) 16:27:53.21 ID:
0
十年前の我が家の修羅場です。
我が家の前を歩いていたら、向かいの話したことないおばさんが寄って来た。
「悪いんだけど少し用立ててもらいたいのだけど、お母さんに頼んでくれない?
息子の事業がうまくいかなくて困ってるの。」
高校生にそんなデープな話をなんでと
疑問に思いながら小娘は返事もできずただびっくりしてたら、
おばさんは「じゃ後で家に行くからね。」と去って行った。

家に帰って母親に話したら
「そういや昨日から普段会って無い親戚から会いたいとか
旅行に行きましょうとか電話してくるの。なんだろうね。」と言って来た。
向かいのおばさんは、それからすぐやって来て
「一千万でいいの。お願い。うまくいけば利子も付けるし。
借用書もちゃんと書くからお願い。どうせあぶく銭じゃないの。」
母と私は「一千万!うちは普通のサラリーマンです。そんなお金ありません。」
と断ると必死な顔でおばさんは
「ちょっと運がいいぐらいで、でかい顔すんな!くれって言ってんじゃない
貸してくれって言ってんだよ。頼むよ。
会社がつぶれたら孫が学校辞めなきゃいけなんだよ。」と
しつこく居座る。本当に意味不明で聞き出すと、
おとといテレビに出ていた宝くじが立て続けに
あたった人が家の父そっくりだったと言うのだ。
顔ははっきり映らなかったけど姿かたちが同じで
禿具合まで一緒だったそうだ。


925:2012/07/30(月) 23:01:31.00 ID:
0
20年前の話。

小学生生活半ば頃、通信簿をほぼオール3・オールBにされたことがある。
当時テストは全部100点、
都道府県単位で順位が出るテストでもいつも一桁台だったし、
教師の父に厳しく言われていたので提出物も授業態度も問題なしだったのね。
それまではほぼオール5だったのに、いきなりオール3。
渡された時の衝撃は今でも忘れられない。
頭が真っ白になってるときに、
担任に「ショックでしょう。そのショックが大事なの。」と笑顔で言われた。
その時は多分「どうしてですか」みたいなことを聞いたんだと思うが、
「そこを考えなさい。だからダメなの。」という返答があったのを覚えてる。
友達に慰められ泣きながら帰った。
怒られるのが怖くて泣いてたんじゃなくて、ただショックで、だからダメ」
って言葉が自分を全否定しているようで。

帰宅後すぐに見せた母には怒られた。
完璧に近い成績でオール3なんだから、
さぞ授業態度が悪かったのだろうと思うのは当然だよね。
私もわけがわからないまま大泣き。
父が仕事から帰ってきて、「手を挙げて積極的に授業に参加したか」
「授業は静かに聞いたか」等ひとつずつ確認。
した、としか言いようがない私。

父は首をひねりながら、
授業態度はわからないけど、担任からのコメント欄はいいことしか書いてないし、
全教科均一に下がるのはおかしい。
理解度、提出物の項目にまでBがついている。
それにここまでいきなり成績が下がったら、
少なくともうちの高校じゃ担当みんなで職員会議モノだなあ…と、
翌日、父が学校の夏休みコールに電話してくれることに。
後で話を聞いたところ、両親はこの時点で「なんか変じゃね?」
という雰囲気になっていたそうだが、
ガキな私は全然気づかず、何が悪かったんだろう…とグスグス。


693:2012/07/28(土) 13:14:39.23 ID:
0
自分は不倫子。自分の修羅場についてはその一言に尽きる。

中学の時、紳士録見て自分の生い立ちを私が理解して
(妻の欄に母じゃない名前が書かれてて気付いた)、
母を問い詰めた時が母の第一修羅場。
本当はもう少し大人になってから教えたかったらしい。

私が父に向かって認知しろ、と言い出した時が父の第一修羅場。
父母、母方の祖父母の間では、
父が既婚者であることも納得尽くで受け入れていたので、
今更そんなことを言われてもと父からはブチ切れ。
親にそんなこと言うとはどういう育て方されたんだとか、
お前の祖母にどうしてもと頭を下げられたから産ませたんだとか、
いろいろ言ってたけど私の知ったことか。

私はこの状況に納得して生まれたわけじゃない、
私の将来が大事なら戸籍を綺麗にしろ、
裁判起こして認知させろと詰め寄られた時が母の第二修羅場。
本当に裁判起こされた時が父の第二修羅場。

相続放棄をこちらから条件に提示して、認知はさせた。
お金は別にいいやと思ってたのですっきり解決、と思った矢先に父が死んだ。
死後、私の他にも隠し子が出て来てややこしいことになったそうです、
と弁護士に聞かされたあたりが父の第三修羅場だったと思う。
私には一体、何人の腹違いのきょうだいがいるんだろうか。

数年後、父の経営していた会社が脱税か何かしていたらしく、
我が家にまで国税局が来たのも修羅場かもしれない。
父からは養育費も貰ってなかったんで、うちからは何も出なかったけど。


661:2012/07/28(土) 02:46:19.46 ID:
0
ちょっと長いんですけど…

姉とは14歳年が離れている。
私が中学入学するころには姉は結婚して遠くへ行っていた。
姉は基本「なんとなく」で何でも出来ちゃうタイプだった。
両親はそんな姉を14年間育てたあと
私を産んだもんだから私も当たり前のように熟すんだろうと思っていたらしい。
だけどそんな期待を大きく裏切った私。運動音痴、勉強は苦手な私を見て
小学校高学年あたりには完全に無視されるようになった。
運動会は姉家族が来てくれて両親は来ない。
授業参観も姉が来てくれて両親は来ない。
卒業式も姉が来てくれて両親は来ない。
中学入学式も姉家族が来てくれて両親は来ない。
祖父母が亡くなった時は「お前を出すのは恥ずかしい」と家に軟禁。
死に目にも会えなかったしお骨を拾うことも出来なかった。
中学入学したころかな?風呂上りに「お前は出来損ないだ!出ていけ!」
と頭が乾ききっていないのに外に放り出された。
その時季節は1月の真冬。
髪の毛がなんとなく凍っていくし「入れて!」と言っても家に入れてくれない。
不審に思った近所の人が両親に掛け合ってくれて
外面がいい両親は笑顔で家に入れてくれた。


882:2012/07/30(月) 17:24:03.92 ID:
0
私の人生最大の修羅場

昔、自宅に中年の金持ちそうな夫婦と弁護士を名乗る男性がやってきて、
息子と別れてくれと言われた。
よく聞いてみると当時お付き合いしていた男性のご両親らしい。証拠もあった。
見たこともない大金積まれて頭下げられた。
でもそれどころじゃなかった。

だって彼に数ヶ月前に紹介された母親と違う人だぞこの人

目の前にいる人は、美人で賢そうでお金持ってそうな雰囲気で、
なるほど顔は彼に似てる。
でも前に紹介された母親は、優しそうでおおらかで上品で、
さすが優しい彼の母親!って感じだった。

ここが第一の修羅場。

その後、いろいろあって紹介されたのが実は彼が母親と慕ってる、
実質、彼を育て上げた家政婦さんで、
彼のおうちが目玉が飛び出るほどのお金持ちだということが判明した。

私たちもいろいろあって別れて、別れた4日後に彼が自◯したことをきいた。
立ち直るまで2年修羅場だった。


788:2012/07/29(日) 17:55:30.97 ID:
0
親に勝手に婚姻届を出されていたこと。

私は高校の時に色々あって、卒業後4年ほどひきこもりで
廃人のようになっていた。
部屋からもあまり出なかったし、ベッドか床でゲームするかの
動物のような生活だった。
しかしインターネットのオンラインゲームで、彼氏と出会い、
彼の助けで外に出られるようになった。
最初は変化を喜んでいた両親だけれど、だんだんと
彼とのつきあいが長く真剣になるにつれ、「ネットで
知りあうような人とは別れろ」と言いだした。
私はこの人がいなければ死ぬ、ぐらいまで思いつめていたので、
話合いにすらならない両親から逃げ、家出。
お金も何もないのに彼の家に転がりこんだ。
「それではけじめがない」と、彼は両親に会い、同棲ではなく
入籍させてくださいと頼みこんだ。
しかし両親はもうにべもないほどの拒否をした。
「もし入籍するなら、私たちは首をつる」とまで言った。
それまで「優しい両親」としか思っていなかったので、本当につらかった。


769:2012/07/29(日) 14:55:28.94 ID:
0
空気は読めない。

今から10数年前の真冬のこと。
一人暮らしのアパートに、深夜1時も過ぎた頃にチャイムが鳴る。
ドアスコープから見ると当時付き合っていた彼が立っていた。
しかもTシャツ姿で。
驚いてドアを開けると、ボロボロのTシャツ1枚“しか”身に着けてなかった。
彼は、とりあえずタクシー代を払ってほしいと私に言う。
どうやらその姿でタクシーに乗って来たらしい。
タクシー代を払って、彼を家に入れて事情を聞くと、
“奥さん”と大喧嘩してその姿で追い出されたと。
奥さんだなんて、私知らない。聞いてない。
そこが私の第一の修羅場。