• Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly

552:2007/11/27(火) 02:19:19 ID:
完全に巻きこまれた私の修羅場話

在職中はそこそこ仲良しだった(双方職場退職済)、
二年ほど疎遠だった元同僚のS子(ボッシー)から

「母親が急に倒れ手術が必要、近くに知り合いが私子しかいない、
子供(五歳)を連れて行ける状態ではないので申し訳ないが一日だけ預かって欲しい」
と頼まれ、そりゃ大変だという事で急遽子供を預かる事になりました。

朝S子と待ち合わせて子供を保育園に、保
育園の先生に事情&迎えが私子になる事を
了承してもらいS子は空港へ、
子供が不安がるのでS子のアパートで預かって欲しいと言われていた
為、私子は鍵を預かって朝教えて貰ったS子のアパートへ行き、
夕方子供を回収、カレーが食べたいという子供の
リクエストに答えて夕食の支度をしている時、
突然玄関からガチャガチャと鍵を開ける音が…

私子びっくりして玄関へ。ドアは既に開いており、
玄関の前にはものすごく怖い顔したご婦人が、

ご婦人「………」
私子「あの…どちら様でしょうか?」S子の親戚の人?
ご婦人「あなたこそどなたですが?」
私子「S子さんから頼まれて

と言おうと思った瞬間、
ご婦人私子にアッパー、腹蹴り、玄関の花瓶たたきつけ、とトリプルコンボ、
「泥棒猫、ふざけるな、死ね」と大連呼。
既に花瓶のガラスで流血の私子、
このままではコロサレルと玄関にむかって「助けてぇー」
と絶叫しながら匍匐前進。近所の人達が出てきてやっと攻撃がやんだ時には半失神状態、

「遠くで子供の泣き声が…」
「結婚式どうなるんだろう(半年後結婚予定だった)と思いつつ意識暗転。
目が覚めた時は病院でした。
親と婚約者が泣いてた。
後から聞いたら子供は奥の部屋でギャン泣きしていて、
隣の奥さんが預かってくれたそうです。


437:2007/11/24(土) 17:24:44 ID:
これは私がまだ20歳になる前の話です。
当時高校を卒業してすぐに田舎からある地方都市に出て来て、
一人暮らしを始めたばかりでした。
ある日友人が近くの居酒屋で飲んでいるというので行ってみると、
そこには何人かの男女がいて、そのグループの中にいたのが彼Bです。
話しているうちに意気投合し、帰りに電話番号を交換しました。

それからすぐにちょくちょくBから電話がくるようになりましたが、
着信があるのはいつも夜中とか明け方近くで、
昼間に書け直してもいつも留守番電話が応答します。
何か変だなとは思いましたが、特に理由を聞いたりはしませんでした。

一ヶ月くらいたってから付合っているのかな?といった関係にはなったのですが、
相変わらず電話はおかしな時間にかかってくるし、
Bが住んでいる正確な住所もわからないままでした。
あえて聞くのも怖かったのと、Bが自分から友達と同居していて
聞き耳立てられるのが嫌で自宅では電話したくないとか、
仕事の都合でいつもそういう時間帯
(Bの仕事は夜の仕事でした。といっても水商売ではなかったのですが)になる、
と言っていたのでうやむやにしたままでした。


357:2007/11/24(土) 00:41:56 ID:
つい最近まで痛かったんだが。

私子 29歳 
上司K 34歳だと思う
上司K彼女C 32歳
社長 34歳 上司と同級生で親友、私子とも友人

男が多い徹夜納品当たり前の職場での事です。
私子はその会社の正社員ではないのですが、
会社が忙しくなると社長に頼まれてプロジェクト毎のヘルプをしていました。
上司Kも会社設立前から仕事をしていてプライベートの付き合いはなくても
軽口を叩きながら仕事をする関係でした。
なかなか女性との出会いのない職場だったんですが上司Kに彼女ができました。
知っていたのは私子と社長、その他の社員は薄々気付いているという感じで
私子は社長と
「よかったですね~! これで少しは仕事量を減らすんじゃないですか?」
と働き過ぎで倒れたりしていた上司Kに彼女が出来た事を素直に喜んでいました
そして丁度その頃に、新しいプロジェクトが始まり私子と上司Kが組む事になりました。


147:2007/11/20(火) 23:38:54 ID:
私子(25)
彼男(35)私子とは婚約中
元子(35)彼男の元彼女

去年、彼男は元子と別れて今年春から私子と付き合い出した。
私子は彼男が去年まで彼女が居たのは知っていたが、
特に気になることもなく付き合いは順調で秋には婚約した。


310:2007/11/22(木) 23:58:25 ID:
高校時代のことです。私はホント傍観者だし、修羅場じゃないかもですが。

私の友人A子は、部活の顧問である30代の教師Sと付き合っていた。
S先生はA子に口止めしていて、二人の関係は秘密だと思っていたようだが
A子の親友である私とBは二人のことを知っており、A子の恋愛の相談にも
のってあげていた。

ある日曜日、私とBが隣の県の遊園地に行ったとき、偶然S先生を見かけた。
ああA子ときてるんだな、気づかないフリをしてあげなくちゃ、と思ったのだが
よく見たらそこにいるのはA子でなく、A子の部の後輩K美だった。
アレッと思いつつ見ていたら、K美はS先生と腕をからめたり、口元についた
ソフトクリームを指で取ってなめたりと明らかに恋人テイストな行動をとり、
S先生もK美の髪を撫でたりソフトクリームを食べさせたりしていた。
間違いなく浮気。
A子に教えるべきだろうか、とりあえず証拠を……と私がムービーで二人を
撮影していると、気づいたらBがツカツカと二人のところに歩み寄っていた!
ちょ、B!何を……と思ったら、BがS先生の横っ面をバシッと平手打ち。
驚くK美とS先生にBは
「S先生!先生はA子と付き合ってるんじゃないんですか?!二股ですか?!
しかもK美なんてまだ15歳じゃないですか!生徒と付き合うだけで淫行なのに
最悪じゃないですか!!」
と怒鳴りつけた。
淫行とか15歳とかのキーワードに反応してか、周囲の人たちがザワザワしはじめ、
S先生はK美の腕を掴んですごい速さで走って逃げた。
Bも私も追いかけたけど、人ごみにまぎれて途中で見失ってしまった。


747:2007/11/18(日) 04:30:44 ID:
今日彼氏と別れてカップル板を卒業になったので記念投下。
その彼氏との話はまー彼の普通の浮気ですがww
私の過去最大の修羅場をひとつ。

私19歳(当時大学生)
彼19歳(同じ大学・学科)
浮気子15歳(高校1年生)
友男19歳(彼の地元友達)

大学で彼と知り合ったのは入学してからすぐ。
入学したてで友達作りに奔走していた時期。
仲良くなった友達と8人ぐらいで校舎の入り口から出ようとすると、
そこを男の子の集団で地べたに座りながら談笑しているDQN達。
「うざっ」と思いながら通りすがったその集団。

ガングロではなかったが普通にギャルwだった高校時代を卒業し、
お姉系大学生を目指す私こと19歳は
この人たちとは接することなく過ごそうと決めていた。

しかし、友達100人できるかな♪
をモットーに新歓に出ていた私はある飲み会で彼等を発見。
女友達たちとなるべく遠くの席を陣取り関わりを持たない様にしていたが、
周囲が酔いが廻って来た頃彼が私の隣に座り話しかけてきた。
見た目通り軽そうな男で、
その日は番号を聞かれても酔ったフリしてはぐらかしつつ姿をくらました。

しかし、恐るべし大学ネットワーク。うちの学部だけで800人以上在籍するので
擦れ違い様で挨拶するぐらいだろうと思っていたが、
彼は友達を駆使し私の番号をゲット。
これからのキャンパスライフ、何があるかわからない為邪険に出来ない私。
そのままズルズル連絡が毎日くる日々。
彼は私に入学して一目惚れしたこと、
それから必死で私と接点を持とうと頑張ったことなどを語り、
バカボンな私は段々彼を好きになりそれから2ヵ月後正式に付き合うことになった。


678:2007/11/17(土) 16:34:30 ID:
いまいち修羅場って感じじゃないが。

大学生の頃の話。
同じく大学生で実家住まいの彼女が俺のアパートに遊びに来て、
夕食に餃子を作ることになりました。
普段料理を全く作ってくれない彼女がやる気を出し
「餃子のタレは私が作る!」と言うので
ちょっと嬉しくなり買出しに一緒にスーパーに出かけます。
が、買い物籠には見慣れないものがどんどんと放り込まれていき
「だいじょうぶ、まーかせて!」「自信はあるんだから!」と言う言葉で不安マックスハート。
が、まぁ醤油があれば最悪喰えるし、
こういうところも可愛いよね☆とこのときは思っていました。
漫画に良くある、下手な料理を頑張って食べる
→彼女惚れ直す的な夢を見ていたのもあります。

部屋に戻って俺は餃子作り、彼女はタレ作りに取り掛かります。
下ごしらえを済ませて、包む工程まで行った所で彼女に台所を明け渡し、
俺はリビングで餃子を製作。
彼女の「作ってるところは見ないでね」の言葉通り、
チマチマした作業に集中する俺。
映画を見ながら200個ほど作ったところで彼女のところへ行き、
「できたー?」と背中越しに流しを覗き込むと

そこには流しに積み上げられた何かの残骸と、
ボウル4個になみなみと注がれている謎の液体が。


729:2007/11/18(日) 00:51:07 ID:
修羅場じゃないけど俺の別れ話も聞いてくれる?
てるゆき  :俺、22歳、学生
エリ    :俺の彼女、20歳、学生

俺とエリは付き合って二年、俺のアパートで半同棲状態。
エリの発案で、隠し事のないようお互い携帯は自由に見ていいことにしていた。
ある日、俺はちょっとデコメを試してみたくなって、エリの携帯を使って
試そうとしていた。
俺の携帯から送信してエリの携帯を見たら、着信が二件。
もう一件は誰からだろう?と思いきや両方とも俺。
名前の欄に「てるゆきlove」と表示されている。
前に送信したやつを見てなかったってことかと納得し、デコメだけ確認して
そっちは放置した。
その翌日、またデコメを試してみたら、今度はエリの携帯に
俺から三件も着信があった。(このときエリは携帯を置いてバイトに行ってた)
俺は昨日デコメを送ってからはメールを送っていない。
どういうこっちゃ?と思い読んでみたら、
「京都(ここは大阪)は寒いよ~、でもお前のために練習頑張る」
「俺がメジャーデビューしたらお前を迎えに行くから」
と俺が書くわけない内容のメール。しかもこれって浮気のにおいが…。
わけがわからず、もう一度名前欄を見る。「てるゆきlove」俺だよな。
ん…なんか違う。
よく見たら怪しいメールは「てるゆきl0ve(oがゼロになってる)」ではないか!
ちょwwwwなんちゅう誤魔化し方wwwww


704:2007/11/17(土) 19:38:46 ID:
書いていたら修羅場じゃないような気がすごくして来たが、
せっかく書いたので投下w

俺  会社員 25歳
T美 スポーツ整体院受付 25歳
O  スポーツ整体院整体師 23歳
S  T美のストーカー 20代後半?

学生時代、スポーツで膝を故障した俺はあるスポーツ整体院に通っていた。
もう3年くらい通っていた頃、その整体院に2人の新人が入ってきた。
OとT美。
T美は受付なので、行く度に必ず顔を合わせることもあり、すぐに仲良くなった。
3ヶ月くらい経過した頃、T美が俺の電気治療中(電気のパッドは受付がつける)、
小声で「ちょっと相談があるんですけど・・・」と囁いた。
いかんせん、カーテンで仕切られただけの空間なので、
ここじゃ聞けないということで、整体院が終わったあと、外で聞くことに
(俺は歩いて3分くらいのところに住んでいた)。
話を聞くと、どうやらOがT美に言い寄って困っているとのこと。
OとT美は比較的近くに住んでいるのだが、
通勤手段は違うのに、T美が使うバス停で待ち伏せされたり、
休日に家の周りで会ったり(偶然というには余りにも機会が多すぎる)と
かなり迷惑な行動をとっているそう。
院内でもちょっかいを出されたりして迷惑しているとも。
院長に相談したものの、
「まあまあ我慢してよ」みたいな悠長なことを言って取り合ってくれない
らしい。なんで俺にそんなこと相談するんだろう?と思ったものの、
女性からの相談は嬉しいもので
とりあえずは院内での行動をそれとなく見張って、
そこはかとなく注意をしてみることに。


476:2007/11/16(金) 14:58:12 ID:
すごく長いんですが投下します。
二年前の話です。

私子…私、19才大学生
友子…私の同級生、同い年、派手目の美人
彼男…友子の彼氏。かなり小柄で弱々しげだけど、怒ると迫力がすごい
同子…同級生、友子の友達

私は背が高く(170cm)体格もゴツめというか太め筋肉質。
剛毛癖毛なので髪はショートだし、スカートは似合わないのでめったにはかず、
顔もゴリ系。貧乏なので化粧品を買うお金が惜しく、メイクもあまりしていません。
要するに、女っぽくないというかパッと見男みたいらしいです。
友達関係は地味目の人とつるむことが多いんですが、夏休み前頃に
同じクラスではあるけれど交流のなかった友子に急に話しかけられました。
友子が言うには、前から私子に興味があって仲良くなりたかった、
今度遊びに来ない?とのこと。
突然でびっくりはしたんですが、綺麗系の友子と話していると
なんだか自分もそっち系の仲間になれた気がして嬉しくて、だんだんと
仲良くなっていきました。
何度かお互いの家に遊びに行ったりして、夏休み中のその日も友子の家で
お菓子を食べながら、○○教授きついよねとか世間話をしていたところ
突然玄関でガチャッと音がしました。