• Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly

16:2014/01/12(日) 10:43:01.06 ID:
今、元夫が慰謝料と養育費払わずに逃亡しています。

夫の口座の預金はほぼ全て無くなっています。
どうにか、元夫から慰謝料と養育費を貰うようにすることは
出来ないのでしょうか?

私の給料だけで子供一人育てて、家賃有りのアパート暮らしは
かなり厳しいです。




961:2016/09/22(木) 21:48:08.07 ID:
長いけど箇条書きしていきます

わたしの修羅場は大学生の頃に友達になったA子とその彼氏との話

わたしは大学に近いマンションで一人暮らししてて
2人とも同じ大学の友達でよくカップルで遊びに来ていた
2人とも信用はしていたので何度か2人を置いて家を空ける事もあった
と言ってもコンビニに行くくらいの時間だけど

それである日、A子とわたしの家でいる時にA子が彼氏の携帯を持っていた
どうやらA子の家に忘れたらしくて大学まで返しに行くそうな
突然A子が彼氏の携帯を見ようとして一応は止めたんだけど、
わたしもついつい面白くなって一緒になって見てしまった
メモのアプリにA子宛に書く手紙の下書きの用なものがあったり
A子にあげるプレゼント候補が書いてあったりして、
彼氏さん可愛い~笑なんて言って喋っていると

もちろん男の子の携帯という事で
パスワードを入れないと開けない写真フォルダのアプリがあり、
流石にこれは見ちゃまずいって思ったけど
何度か適当にパスワードを入れているとすんなり開いてしまった


786:2016/09/07(水) 03:51:10.11 ID:
眠れないので夜中に失礼、長文スマソ
(1/2)
小学生の頃、近所に仲のいい同級生がいた
自分は4人兄弟の一番上の長女で同級生は2人兄弟の長男
自分達だけでなく下の兄弟の年齢が一緒だったこともあって
休みの度に5人で外で遊んでいた

何故6人ではなく5人かというと実はこの時一番下の妹はまだ産まれたばかりだったのだ
高学年の自分と同級生が遊びを考えて低学年の長男と同級生妹は、
更に下の当時4歳だった末弟を年上ぶって可愛がり、子供だけで毎日楽しく遊べていた

ある夏の暑い日
その日母親は下の妹を連れて病院へ出掛けていった。
恐らく検診か何かだったんじゃないかなと思う

夏休みだったので父親も家にはおらず、
自分が首から鍵を下げていつものように5人で近所の公園に遊びに行った
当時自分達の間では隠れんぼが流行っていて、
植え込みや遊具があって広すぎず狭すぎずなその公園はうってつけの場所だった
その内石を投げて撹乱したり木の中に隠れたり
高度な読み合いがされるようになって皆遊びに熱中するように

いつもは必ず誰かが末弟に気を配っていたんだけど、
隠れんぼという遊びの性質もあってか他人にあまり注目していなかったと思う


ここまで書いてもう分かっている人もいるかもしれないが、この日末弟がいなくなった

いつ消えたのか誰も気がつかなくて
皆自分以外の誰かが末弟についてるものばかりだと思っていた
公園内を探してみてもまだ隠れているということもない
公園は住宅街のど真ん中にあったがジジババばかりが住む地域で
人通りが多いというわけでもなく、フラッと連れていかれたら目撃者は誰もいない

慌てて辺りを手分けして探すが見つからない
4歳児がそう遠くまで歩ける訳もなく、
家の鍵も自分が持っているので自宅の中に入れるわけもない

その内皆走り回って汗だくになってきた

なにせこの日は30度超の夏真っ盛り、
元気な小学生でもこれだけ外に居れば流石に暑い
低学年組も心配だったがもっと小さい弟が
脱水になっていないかと内心すごく焦っていた


740:2016/09/04(日) 22:37:30.31 ID:
私が体験した修羅場
多少フェイクを入れてあります

父は高校生の頃、子梨の(父の)叔母の養子になった
叔母夫婦は昔からパンの製造販売をしていて担い手が欲しかったそうだ

何十年か後、母と知り合い結婚
子供は私と弟の2人
パン屋は弟が継ぐ事になっていた
ただ弟は大学で部活をずっとしていて
卒業後もコーチとして数年間仕事をしていた

そして25歳の時にはコーチをやめ
家業を継ぐと宣言していた
その年、弟の部がイギリスで大会があり
その大会に3ヶ月ほどかけて
ヒッチハイクで行きたいと言い出し
両親も最後だしと了承

しかし、1ヶ月ぐら経った時に
ある国の大使館から電話があり
弟が交通事故に遭ったもよう
生死は不明と連絡があった
約2時間ほどして再び電話があり
亡くなったと伝えられた

父と母はすぐ現地に飛び
弟と対面し一緒に帰ってきた
弟が帰ってくるまで信じたくなかったが
真っ黒に日焼けした弟が横になったまま
帰ってきたのを見たのが第一の修羅場


696:2016/09/01(木) 15:20:54.14 ID:
4年付き合ってた10年上の彼からはセカンドと財布扱いだった。しかもDVもあった。
洗脳されてたっぽい。彼がいないと生きていけないとわりと本気で思ってたし、
実際ずっとそう言われてた。
結局心配してくれてた同僚が通報してくれて、k察に保護された。
その場で診断書とりに行って、
過去の診断書も別の病院にあったからそれも提出して、
なんとか他にも証拠集めて刑事裁判。
彼が最後まで認めてくれなかったから拘留も長引いた。(悪質と判断されたらしい)
保護されたとき、
「今回はまだ呼吸するだけで苦しいってなるほど殴られたわけじゃないし、
普段より軽いほうなのに、逮捕は可哀想」みたいなこと思ってた。
まだ好きだったし。だけど家族にもバレてしまったからもう無理だなって思って、
言われるがまま被害届けだした。
後で知ったことだけど、首も何度か過去に絞められてて、
それがかなりトラウマだったみたい。
保護されたときに、
何されたか説明したときはきちんと首も絞められたって言ってたらしいんだけど、
次の日あたりから、絞められた記憶だけすっぽり無い。
事情聴取のときに
「他にはなかった?」ってやたら聞かれるなーなんでかなーって思ってたけど、
そこだけ最初の聴取と違ってたからなんだろうなぁ。
その後は彼の弁護士さん経由で面会希望されたけど、
会ってしまったら被害届け取り下げてしまいそうだったから会わなかった。
裁判期間中に母の病気がわかったのが2度目の修羅場。
最後の最後まで無実を主張してたらしいけど、最後は全面降伏したと聞いた。
今思えば民事裁判もしてやればよかったと思うけど、逃げることが最優先だったし、
逃げられて本当に良かった。


687:2016/09/01(木) 13:48:34.46 ID:
今年お盆に親戚とBBQしたとき
ニートの兄がトンデモナイ発言をして修羅場だった。


689:2016/09/01(木) 14:09:58.45 ID:
BBQ参加者は父母兄私、伯父夫婦といとこ2人、叔母夫婦、母方祖父母。
叔母の旦那さん(44歳)は半身不随で車椅子生活。
脳出血で手術して命は助かったけど左半身が麻痺してしまって叔母が介護してる。
倒れたときまだ40歳だったからビックリで、
私も親と一緒にお見舞いに行った記憶がある。
そんな叔母夫婦に、ニートの兄がクソふざけたことを言いやがった。
働きたくないから俺も障害者になりたい、障害年金いっぱい欲しいと、
2人(というか参加者全員)がいる前で発言。
何かもう…その場だけ冬が来たみたいに凍り付いた。
その後兄は、いつもは優しい叔母に謝りなさい!と激怒しながらビンタされ、
伯父夫婦には口を慎みなさいと説教され、
私と両親と祖父母は兄を叱りつつ叔母夫婦に平謝り。
楽しいはずのBBQが一気に修羅場と化した瞬間だった。


651:2016/08/30(火) 10:41:49.38 ID:
弟が中2の時、イジメグループにいて女の子を虐めてしまい
学校から呼び出しがあり、父が当時は海外で仕事だった為に母が一人で行った。
その女の子は転入生で、弟はリーダー格男子に言われて
髪の毛を引っ張る、給食を棄てるなどしていた。
ある日リーダー格男子が、女の子のスカートを強く引っ張った為に脱げてしまい
女の子の両親からも抗議され母はその両親に謝り、泣きながら帰宅し
同居の祖父(温厚)に相談していた。祖父は徐に立ち上がり金ヅチを持ち出すと(元大工)
自室に籠る弟部屋のドアを破壊して弟を引き摺りだし
先生や両親から聞いた話を弟に確認し、弟が
認めると、
「おまえ、楽しかったか?」と聞いた。弟が
「○○(リーダー格)がやれって言ったんだ、、ふざけただけだし」と言い
「たから楽しかったかどうか聞いてるんだ」
「……別に。オレ見てた時のが多いし」と弟が言うと祖父は「だから何だ」と聞いた。
「ほとんど見てただけだよ!オレはやってない!」と言い訳した瞬間、祖父激昂
「どっちの手でお嬢さんの髪引っ張ったか言え!」
「え……右」
すると祖父は弟の右手を掴み、「その右手じいちゃんが潰しちゃる!この腐れ外道が!」
母が慌てて割って入り、
私が「じいちゃん止めて!止めんと警察呼ぶけん」と叫ぶと祖父は
「ああ電話せい!ワシは懲役でもなんでも行っちゃるけえ!」
と怒鳴り、弟号泣「オレが悪いんじゃ、やらんとオレが虐められる思うて!」と
腰を抜かしつつ、ごめんなさい!ごめんなさい!と繰り返した。
祖父は真顔になり「ここで謝ったって遅いんじゃ」と金ヅチを下ろし
離れ(祖父の部屋がある)に戻って行った。
結局、父が急いで帰国し、両親と弟で女の子の家に謝罪に行った。
父もすごく怒ったんだけど、祖父の怒りがすごくてあまり覚えていない。


468:2016/08/18(木) 19:03:55.35 ID:
10年前の出来事
当時、高校2年生だった俺は同じクラスになったA子を好きになった
顔が好きというか、とても親近感が持てる雰囲気の女の子だった

ある日、思い切って告白したら

俺 「好きです。付き合ってください」
A子「私のどこを好きになったの?」
俺 「A子さんの雰・ヘ気です。A子さんを見ていると
安心感というか親近感というかやわらかい気持ちになるんです」
A子「へ~~~」
俺「嘘じゃないです。本当なんです」
A子「あんた、鏡見たことある?」
俺 (そんな自分は不細工とは思っていなかったけど、
こんなことを言う子だったんだ・・・・ショックだな)
俺 (無言でうなだれる)
A子「ごめんごめん。そういった意味じゃなくて」
俺 「え?」
A子「私たち、顔が似てると思わない?」
俺 「え?」
A子「あんた、私の弟だよ」
俺 「え?」

姉だった
双子の姉で、1歳の時に両親が離婚して
父親が俺を、母親が姉を引き取って離婚したらしい
姉は高1の時にすでに俺の存在を知っていたらしいが
まあ、いちいち言う事でもないかとと思ったらしく、
そのまま今まで通りに過ごしていたらしい

今では、仲が良い姉弟をしています
下ネタなことは一切していませんので、念のため


449:2016/08/18(木) 07:28:47.58 ID:
長いです
10年以上前の話
当時会社員の男(30代)と娘(3~5歳くらい)は会社の寮?で2人暮らし
妻とは娘を産んですぐ離婚済み
だけど男は会社の人や近所の人に離婚した事は言ってなかった
実家に娘と帰っている、親の介護だと言っていたみたい 男は外面がとてもよかった
だから娘は外に出る事はなかったし、
男が仕事に行っている昼間にトイレや水道を使ったり、テレビを見たり、
生活音が出る事はするなと言い聞かされていた
男が帰ってくるまで ベットの上で同じ本を何百回も読んで過ごしてた
男は帰宅すると、大抵お酒を飲みベロベロに酔っ払って 娘に元妻の事を話してくれた
子供が元々嫌いだった お前を殺そうとした事もあった
だからお前を守るために存在を隠している
だから、外に出てはいけない
娘は男が好きだったし、元妻の事が嫌いだったので
毎日静かに暮らすのは苦じゃなかった


436:2016/08/17(水) 19:01:52.43 ID:
修羅場(?)みたいな話

昔勤めていた会社の上司(以下Aさんと書きます)が非常に酒飲みで、
しかも泥酔して前後不覚になる困ったタイプだった
ただAさんがそういうタイプなのはお客さんも熟知しており、
酒臭い息で資材担当などに会いに行っても許されていた
数年前の11月末、同僚が辞める事になり送別会をしたのだが
例によってAさんは前後不覚状態になった
翌日東北地方の小都市に出張予定だったので、
俺とAさん仙台行き最終東北新幹線に乗った
俺はお酒が飲めないので新幹線の中では
Aさん一人が酒を飲んで俺はコーヒーを飲んでいた
丁度白石蔵王付近でトイレに行きたくなり戻ってきたらAさんがいない
スーツの上着と荷物、そして殆ど残っていないお酒の缶だけ残っている
他の車両を探すも見つからず、暫くして仙台についた
最終列車なのでこれは危ないと思い車掌に話をして全車両探すも見つからない
勿論トイレなどにもいない
改札に聞いても、初冬なのにスーツの上着を着ていない不審な人物ならすぐに分かる、
ここでは見かけていないとの返事
もしかしてと思い、すぐに白石蔵王駅に連絡して貰ったところ、
確かに不審な人物が改札から出ていったとの返事
だが駅前は閑散としており駅自体も最終が出れば閉まってしまうので暖を取る場所が無い
そもそも財布はスーツの上着に入っておりおそらく小銭程度しか持っていないはずだから
朝まで喫茶店などに入ることも出来ないだろう
季節の事もあり放置したら凍死してしまうんじゃないかと内心びびりまくり
とはいえ放置出来ないので、仙台駅の警察に飛び込み、
最初に名刺を見せ事情を説明して、白石蔵王駅周辺を捜索して貰うようお願いした
返す刀でタクシーに乗り、すぐに白石蔵王に向かって貰った
この辺、精神的に無茶苦茶切羽詰まっていて真っ青な顔をしていたと思う