• Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly
     

 124:2014/02/10(月) 22:45:40.60 ID:
流れを読まず投下
現在進行形です。フェイクあり
自分は20歳、バイトには働いて一年弱
勘助は40歳、外見がチンピラで声と体が大きいので威圧感があって怖い
バイト先に自分より後から入った人が勘助だった
自分が犬好きで犬を飼っていたので、犬を飼うと勘助が豪語していたので相談を受けていたり、バイト先の店内で流す音楽を相談したりしてよく話していた
去年バイトメンバーでクリスマス会をした時に無理矢理ティファニーを渡された(ネックレス)
他の女性メンバーにも渡したのかと思って軽くお礼を言ってその場は終わったのだが、
ティファニーを受け取った=自分に気があると思ったのかその後のバイトメンバーでの飲み会で延々と恋愛観とかを聞かれた
勘助「好みの人は?」
私「大体自分の年齢に10歳足した人くらいまでです」
勘助「えーあと10歳足そうよ!合計で20歳足した人まで!」
私「今20歳なのに自分の倍の人はさすがにムリですよw」
とにかく勘助はムリだといっているのに私と付き合おうとしてとにかく好みを聞くので怖くなり途中で飲み会から逃げた。
もうこの人は怖い!ムリだ!と思いながら店長に相談して距離を置いていたら今日、バイトから帰る時に勘助の帰るルートの真逆にある自転車置場にわざわざやってきて
「具合悪いの?」「相談乗るよ?」と真後ろに立たれて息が耳にかかりそうな距離に居て怖くて泣きそうになりながら逃げた
3月でバイト辞めるつもりだったけど今月に切り替えたい





42:2014/02/06(木) 18:52:34.16 ID:
10年位前の事なんだけど書きたいと思います。

私29歳、勘助38歳

会社に長髪のヅラをつけていてそれがいつもズレてる(日によって前髪が長かったり短かったりしてた)人がいた。
顔も安倍総理の顔をブルドックみたいにダルダルさせて、顔の3分の2は濃い青髭だった。
でも自分に自信があるらしく、クワっと目を見開いた自撮り写真を女の子達に見せたりしている人だった。
ある日「会社の21歳の子とメールしている」(その子の彼氏は私が紹介した)と言うので「あまりしつこくしない方がいいよ」と言った。
それから何か月か経ったある日「仕事の事で相談がある」と言うので、彼氏がいると話していた私は何とも思わずマックで待ち合わせをした。





36:2014/02/05(水) 23:04:47.40 ID:
コッソリ書き捨て。フェイクあり。大学生の頃の友達(A子)の話。

大学ではスクールバスが出てた。
A子がバス乗り場でバスを一人でボーっと待ってたら、
勘助「今さっきスクールバス出たからしばらく来ないよ」
と声かけられた。(初めて会う人)
「あ、どうも」と時間確認してみると、確かについ1~2分前に出てた。
バイト時間があったので近くの市営バスのバス停に移動したら既に勘助がいた。
「おう、そっちも市営バスで帰んの?」と声かけられて、一緒?に帰ることに。
その時、番号・アドレスを聞かれて、失恋直後だったA子は流れで交換。

勘助「〇月〇日、野球の試合見に行かない?」
勘助「次はいつ会う?〇月〇日に映画でも行かない?」
勘助「なにかやりたい事ない?〇日とか〇日も空いてるよ!」
アド交換したその日に怒涛の遊ぼうメールが来たらしく、A子はめんどくなって2~3通目から放置。
しかしメールは止まらない。内容も変な感じに。
「俺〇限目空いてるから一緒に飯食わね?〇〇教室、人いないから丁度いいよ」
「今日、お昼パン買ってたね!最初に会ってから初めて学校で会ったね☆でも学食とかの方が栄養バランスいいよ!」
 →A子は気付いてない。会った認識ない。
「なんで返信くれないの?俺の事キライになった?」

サークルの人(私も同じサークル)に相談し、ちゃんと話しないと収まんねぇよという事になり電話することに。
(ちなみにこの間、一週間)






15:2014/01/26(日) 17:09:48.14 ID:
些細な話ですが、失礼します。
大学1年生のとき、教職の授業で知り合った他学科のA男にメアドを聞かれてメル友に。
毎日A男から長いメールが来たのと、A男の悪い噂を聞いて、A男に事実か確認し、メル友をやめました。
その後、告白されたけれど、断りました。
ちなみにA男は南海キャンディーズの山ちゃん似でした。
そんなA男は俺のかっこいい角度はこれだと、電車のガラス戸に映る自分の姿を見て言っているような人だったらしいです。(後から聞きました)

2年になったとき、友人を介して5回くらいA男から手紙をもらいました。
内容も、A男のメアドを添えて、友達になってやってもいいよという斜め上を行くもの。
「彼氏ができたのでお付き合いでみません」と直接伝えて、手紙を無視していたら、
「彼氏と別れたら、僕と付き合ってくれるんですね」と勘違いしたらしく、A男暴走。

大学の構内を歩いていたら、A男が後ろにいたということが何回もありました。
そのまま直接手紙を渡されたことも数回あったので、後をつけられていたのかもしれません。
「早く彼氏と別れてください。待っています」と手紙で言われるようになりました。
A男が所属する学科の人は私のことを知っているらしくて、おもしろがってニヤニヤしてて不愉快でした。
最終的に、彼が警察に相談に行き、手紙の内容からストーカーと判断できると言われたため、彼氏がA男にメールしてから手紙は来なくなりました。
以上が私の体験です。





6:2014/01/25(土) 22:25:13.93 ID:
そーいえば、勘違い男いたな。

誰もいないみたいなので投下。
高校生の時マイナーな武道系の部活のマネージャーをしていたんだが、
私は当時155cm、52kgだった。まぁ平均体重なのだが勘助からするとデブ。
そんな私は同じ部活のチビのヒョロイ色白の頼りなさそうな先輩と付き合っていた。
ある日突然「おまえは俺より体重が重いから嫌だ」と突然別れを告げられ特に未練もなく別れることに。
その後先輩は卒業して推薦で大学へ。その後2年間特に音沙汰もなく会うこともなく過ごしていた。
私は高校卒業後、先輩とは別の大学へ進学し、たまたま同じ部活があったので入部。
入部して一カ月ほど経ち、私は彼氏もできて幸せな日々を送っていた。さらに当時から10kgほど痩せてしまった。
その後試合で会うことが増えた。
そこでそいつは何を勘違いしたのか
「あいつは俺のために痩せた。今なら特別に戻ってあげてもいい。」
と、周りに言いふらしてたらしい。そこまでならよかったのだが、私のもとへメールが。
「今のおまえはやっと見れるくらいになった。今ならよりを戻してもいい。アドレスは変わってない。返事を返すように。」
ということだった。





332:2016/03/11(金) 18:50:00.62 ID:
携帯からなので読みにくかったらすみません。
5年くらい前の話で、これが勘違い男なのか判断しきれないが。


当時成人したてでフリーターやってて、新しく始めたバイト先に2つ年上のA男がいた。
割と派手な人が多い中、A男はゲーム好きガンダム好きのオタクで、私も漫画やゲームは好きだから割と気が合うし、家の方向が一緒なので途中まで一緒に帰る事も多かった。
働き始めて1ヶ月も経たない頃、突然「20日休めない?」とメールが。
疑問に思い理由を聞くと「俺の誕生日なんだ。祝って欲しい」「デートして」と言われ、告白された。
先輩としては良い人とは思うが、異性としては全くの好みではなかった為、その場でお断りした。
するとA男は「やっぱり?まだ俺の事なにも知らないもんね。知ってた?俺の半分は優しさで出来てるんだよ(笑」と返してきて、ちょっと気持ち悪いなぁとは思いつつ、お互い気まずくならないよう今まで通り接していこうと確認しあった。

続きます。





269:2015/10/30(金) 21:22:06.99 ID:
荒れてるけど大丈夫かしら(・・;)

私:40代、×1
勘助:70代、未婚

数年前、母の介護のために実家に戻ってきました。
勘助は昔働いていた職場の上司で、当時とてもお世話になっていたので
毎年、年賀状を出し、お歳暮、お中元を贈っていました。
みんな仲の良い職場だったので、私がそこの会社を辞めてからも
3年に1度くらい、全員で集まり、飲み会を開いたりしていました。

昨年、勘助が私の住んでいる県まで旅行で行くので、会いましょう、
と連絡をもらい、県庁所在地で会いました。
妹が県庁所在地に住んでいるので、その日は妹に泊めてもらう事にして
朝から妹と遊んでいました。
待ち合わせ場所まで妹に案内してもらい、待ち合わせ時間より早かった
のですが、勘助も到着し
「妹さんもご一緒に」というお言葉に甘えて、姉妹で食事をご馳走に
なりました。

今年、また勘助が「そちらに旅行に行きますので」と連絡してきたので
また県庁所在地へ。
妹はその日は用事があり、会う事はできませんでした。

勘助と知り合ってから20年経ちますが、二人きりで会うのは初めての
事でした。
共通の趣味も無いので(そもそも勘助の趣味知らない)何を話していい
のかわからず、とりあえず昔の職場の人達とは今でも会っているのか、
みんな元気なのか、等を聞いていたのですが、それ以上話す事も無く、
会話は途切れました。





235:2015/10/09(金) 07:37:15.59 ID:
幼馴染みが勘違い男だった話

親が友達で小さいころたまに会ってた2つ上のAと言う男がいた
元々はよく遊んでくれて、私も結構なついてたけど年を取るにつれ会う事もなくなって忘れていた 高校生になってたまたまAと同じ高校になり、また会うようになった昔の良きお兄さん的なイメージがまだあって遊ぶうちに好きになり付き合った。
だが、一週間ぐらい付き合った頃にAが私が妹にしか見えないと言って別れを告げられた、まだ好きで別れたくなかった私はバだけどセフレみたいになってしまった 今考えれば妹にしかみれないくせにHは出来るんですねー

しばらくセフレのままだったが、ある日突然目が覚めてセフレ解消、同い年の普通の彼氏と付き合ってた







227:2015/10/07(水) 01:02:19.41 ID:
彼女が勘助らしき奴に付きまとわれてた
これってやっぱ勘助に入るかな?
まぁ仮にそいつをAとしよう

彼女は会社でいつも帰りにAに待ち伏せされて、
「おっ奇遇だね、車で送っていくよ」
と言われ毎回断って帰りのバスに乗り込むのだが、
バスに乗ってついてきて話してくる
会社の駐車場に車があるのにどうするかってーと、またバスで往復して会社に帰るんだと

最初は鬱陶しいと思いながらもAは会社の先輩だし、別に告白されたわけじゃないので、
やたら自分に付きまとうのをやめろとははっきり言えなかったそう

Aの見た目は良くも悪くもなく陰の薄い奴だそう
Aは毎日毎日どこかに飯行こうやら遊びに行こうと誘ってきて、
彼女は彼氏がいるから2人は無理と言ってくれてたそう
すると数人での飲み会をしょっちゅう企画しては誘ってきて本当にめんどくさかったみたい

 


 15:2015/07/25(土) 17:55:46.33 ID:
ID:NCx3McN4のモンだけど誰もいないのでコソーリと書き込む

プチ勘助の話(ちょいオカルト入ってる)

当時
私子23歳
勘助42歳

仕事でエステやってて将来的には自分の店を出したいと思い
ミクシィなどで個人経営の人達の話を聞くべく交流をしていた。
勘助もその中の一人で今で言うスピリチュアルなボディケアをしていた。
私子はレズではないが元々から男が少し苦手なのだが、私子の自営業をしたいの話のあと
勘助がやたらと「施術うけてみない?安くするよ」と勧めてきた

しつこいのに根負けしたのと、その時、私子は人体の感情と体の関係を学んでいたので参考にと施術を受けることにしたのだが、
施術中、勘助は精神的に集中するためずーーっと「スー--ッ」「フーーーッ」ってうるさいくらい深呼吸をしていた。
技術は悪くなかったのだが、施術が終了してから「ミクシィにコミュあるからそこに感想書いてね」とゴリ押ししてきた。
書かなければマイミク繋がりで感想書いてと催促のメールが何度もきた。

その内、「今度いつ受けにくる?」と来て無視すると「なんでメール無視する?」までとなり
渋々、行ったら行ったで施術終わりに「これから一緒にご飯食べよう」や頭をポンポンするようにまでなった。
流石に好きでもない男から触られるのが気持ち悪くて「やめて下さい、そういうの男の人からやられるのは好きではない」とやんわり断ったが
勘助は「なんで嫌なの?」と理解してない様子だった。

もうこの時点でCОしとけばよかったものの
人見知りで彼氏いない歴=年齢の世間知らずな私子は交流を続けてしまった。
コレが勘助を助長させるハメになるとは思ってもみなかった。

ごめん続きます