48:2015/12/06(日) 21:01:41.98 ID:
はー、コレはセコキチだーーと感心?した話。
幼稚園が一緒で卒園後の小学校も同じクラスになったママ友Aと、小学校のマラソン大会後にお茶してた。
そこへ見たことがあるけど、知り合いというほどでもないBママがやってきた。
どうもAママとは旧知の間柄らしく同じテーブルについて一方的に話し始めた。Aが凄い顔を顰めたのが不思議だった。
「最悪だったー。さっき担任のcに話しかけられて学年費払えって言うんだよ。下らないよねー」
私目がテン。Aは汚い物を見るようにBを見る。
「口座にお金なんて絶対入れないし、学校のために払う金なんか無いっってねー」
私は超ビビる。
全く想定外の話で、粋な切り返しできなくてアワアワしてAを見ると、一言も喋らずジッとしてる。
「みんなに言わずに、私だけに言うんだよなーあのc。」
でそんな自己中心的な不満を相槌もない中で10分以上しゃべり続け、Bがじゃあねーと立ったところで、
「お金!」
とBがきてはじめて口を開いたAが言った。あっという顔でコーヒー代を置いて言った。
んで凄い溜息吐いて、Aが重い口を開いた。
「私、アレと同類じゃ無いから、ホントに」
でも本家の娘か何からしく、「親類ではあるんだよ」と泣きそうな顔で言う。
どうやら、いつでも謎理論で金に汚く(Aの結婚式の祝儀も空封筒)親類連からも敬遠されているけど、気づかないし気づこうとしない、そんなの関係ねえを地で行っちゃう子らしい。
あれに金を払わせるのは小学校には無理だろう、とAは項垂れていた。
切りたい……と呟くAが印象的でした。


49:2015/12/07(月) 08:16:51.40 ID:
>>48
大変だなー
親族は選べないもんね
来た瞬間に「いや、あんたと話すことないから」とか言ってしまうと、言った方が(そんな言い方するなんて)とか思われてしまうし

50:2015/12/07(月) 09:13:48.05 ID:
BママがダメでもB夫や本家のジジババオジオバが居るだろうから
そっちに請求すればいいのに 一族郎党踏み倒しの家系なんだろうか


51
:2015/12/07(月) 09:55:45.78 ID:
>>50
こういう場合スケープゴートとしてAが犠牲になっている間
他の一族安泰だから手を貸してくれないんじゃない?
出せば際限なく要求するのもわかっているし触らぬが吉

地縁血縁振り切って逃げるしか解決方法がないんだよね