104:2014/09/28(日) 18:02:42.06 ID:
既男だが、ガキから独身時代までの修羅場を書いても良いかな。
このスレは今、平穏でネタ少なそうだから、少しずつ投下していくが、
色々ありすぎた人生で、長文になるかも。
現在は40代後半、既婚小梨だ。

俺は子供時代、母親に虐待やネグレクトされていた。
母親は、言う事を聞かないと暴力はもちろん、
子供の大切な物を目の前で破壊し、その恐怖を子供の心に植え付けて、
精神を支配するクズだった。

おかげで、子供時代の玩具はもちろん、子供の頃の思い出の品物は一切無い。
書籍も含めて、全部壊されて捨てられている。
退職した先生からもらったシャーペンを目の前で壊された時は、
心の方が壊れるかと思ったくらい。
ノートや教科書もビリビリに破かれた事もある。

自分が小学5年の秋になると、父が夜勤の夜に母親が出かける事が多くなり、
夕食を作ってくれなくなった。
「自分でご飯を炊け。500円札を置いておくから、とんかつでも買って食え」
という事が多くなった。
逆らえず、渋々従っていたが、いつしか朝食も作ってくれなくなった。

夜遊びの酒が残って、朝、なかなか起きてくれない。
精神的に支配されていた自分は、母親の了解無しに勝手に朝ご飯を食べると、
母親から制裁されると思っているから、どうにか母親に起きて貰おうと頑張ったが、
「うるさい!」と言って大型の目覚ましで殴られた。
目から火花が出た。
だらーって額から血が流れてきて、ショックで泣きながら学校へ登校した。




105:2014/09/28(日) 18:04:27.32 ID:
母から目覚ましで殴られた日、学校から帰宅したら、また500円札が置いてあった。
500円札を持って外に出ると、俺は無意識に、ふらふらと夕暮れの中を徘徊した。
とんかつを売ってる肉屋の前を通り過ぎ、ふと気づくと、H君の家の塀の前にいた。

H君は1~4年生まで同じクラスの仲良かった子で、
H君のお母さんは凄く家庭的で優しい人だった。
お勝手から美味しそうな匂いがする。

じっと見てたら「俺君?」と呼びかけられた。
目の前にH君のお母さんがいた。
「どうしたの?」
と心配そうに尋ねてくれる。
何も言えず黙っていると、
「ご飯食べていく?」と聞いてくれた。
その言葉を聞いてたまらなくなって、
涙がぽろぽろと出てきて、そのまま家に逃げ帰った。

その夜、夕食は食べず、布団の中で泣きはらした。
ご飯を作ってくれず、言う事聞かないと宝物を壊して笑うヤツ。
自分の本当の母親は、あんなヤツじゃない、他にいるんだ、そう思うようにした。
そうすると、少し気持ちが楽になった。

106:2014/09/28(日) 18:06:35.72 ID:
ある朝、母親が居なくなった。
時々、父の夜勤の時に家に上がり込んでいたKという男と母親の現場を、
早上がりで帰ってきた父に見つかったようだった。
父に追い出され、Kの元で母親は暮らすようになった。

母親が家を出て数週間後、父の夜勤の日に母親が家に居た。
家の鍵は変えてなかったから、父の居ぬ間の帰宅だったはず。
しかし、父は何故か家に居て、昼間から酒を飲んでいた。

何故、父が居て母が居たのかは当時判らなかったが、
子供ごころに、両親が揃っているのが嬉しかった。
だが、母親はすぐに帰った。

その数週後、6年生に進級して間もなくだったが、学校から帰ると
また母親が居て、家の中を家捜ししていた。父は日勤で居なかった。
母親は、俺に見つかるとさっさと家を出て行った。

それから数日後、父が顔色を変えていた。
我が家が不動産屋に売りに出されていたらしい。
母親に権利書を持ち出されたが、実印は父が親戚に預けていて、寸前で防いだらしい。
俺が生まれた頃、父は人一倍働いて家を建てた。
その家をKと母親が勝手に売ろうとしていた。

続きは後日書きます。


108:2014/09/28(日) 19:11:26.76 ID:
支援感謝。
あと何個か書いて、続きは明日にします。
書けば書くほど長くなりそうだが、ウザかったら言ってください。

父はKや母親に対し、何らかの法的手段を執ったはずだった。
土曜日の午後、自分は学校から帰ってきて家に居た。
父は夜勤明けで寝ていた。

Kが、柄の悪い男達数人を連れて家に来た。
寝ていた父を起こすと、父が応対した。
父は、俺を家の奥の部屋に居るように命じた。

怒鳴り声と「ぼくっ」という音が居間から繰り返し聞こえた。
Kが「人間のクズ」と父を罵っていたのが聞こえた。

そのうち静かになったと思うと、父の嗚咽が聞こえた。
自分は心配して居間の父の元に行った。
父は酒を一人で飲んでいた。顔は数カ所腫れていた。

あんな父の泣き声を聞いたのは、初めてだった。
男としての、悔し泣きだったはずだ。

事情は良く教えてくれなかったが、家を売らせないようにするために、
やはり父は何らかの法的手段を執り、それに腹を立てたKが
父に制裁しにやってきた様子だった。
小学6年の俺でも、Kの方が人間のクズなのは判っていた。
父に取っては、あの日が人生最大の屈辱と修羅場だったに違いない。


109:2014/09/28(日) 19:12:47.62 ID:
その当時、父は41歳。
今の自分よりも若かった父の悔しさを思う時がある。
父も精神的に辛かったと思うし、俺の教育も悩んだようだった。
母との離婚裁判を決意し、その間、俺は親戚の家に預けられる事になった。

親戚の家は寂しかったが、朝食も夕食も食べられるのは天国だった。
美味しい物を食べさせてくれた親戚の家には感謝した。
だが、お世話になり始めたその年の秋、俺は盲腸で入院した。

だが、手術代や入院費が家に無かった。
母親がキャッシュカードを勝手に作っていて、貯金を全額引き出していた。
お年玉を貯めた俺名義の口座があったはずで、それで払うと言うと、
父は、それも全くない、と言った。
母親は俺の分もキャッシュカードを作り、それで引き出していた。

退院は2日遅れたが、退院の時に来てくれた父はげっそりと痩せていた。
俺が成人後、当時の父の同僚から聞いた話だが、
父はその頃、食事をほとんど取らずに水だけを飲んで入院費を工面したらしい。
同僚の人はその時パンを父に差し入れてくれたそうだが、父は泣きながら感謝したと聞いてる。


110:2014/09/28(日) 19:16:29.01 ID:
中学2年の終わりに、裁判が結審、両親は離婚、親権は父。
中3進級と同時に、俺は実家に戻った。
地元の高校に進学して、バイクの免許を取った。

バイトしてバイクを買い、
土曜日、母方の親戚の家にバイクで遊びに行った。
何故か親戚の家に、俺の母親が居た。
母親が家を出て4年。
ヒモ状態だったKの暴力から逃げてきたらしい。

俺は、母親と話しもしたくなくて、さっさと帰ろうとしたが、
変に気を利かした親戚連中が「今日は泊まっていけ」という。
俺は本気で嫌だったが、渋々従った。

母親と同じ部屋に布団を敷かれ、親戚から見れば「親子水入らず」状態だった。
親戚は、母親の本性を知らずに、俺が母親を嫌っている事を判ろうとしない。

寝る直前、布団の前で母親が言った。

「あんた、学校にちゃんと行ってるの?
あんたは頭が良くて自慢の息子だった。だけどあの人の教育じゃ駄目ね」

それを聞いた俺はカッとなって言った。

「なに母親ヅラしてしゃべってんだよ!
何も母親らしい事しないで家出てった癖に、説教すんな!」

母親は驚いて固まった。
母親が知っていたかつての俺は、従順に母親に従う奴隷だった。
常日頃大切な物を破壊して制裁し、マインドコントロールしていたからね。
だから、俺からそんな事を言われるのは青天の霹靂だったようだ。

明かりを消した後、隣の布団で、母親は俺に新たな精神的な制裁を始めた。

「あたしはこれから一人で生きていくよ」
「子供にも捨てられた」
「あたしはどこかあんたの知らない街で、子供を産んで育てる」
「あたしだけの子供を産むよ」

繰り返し繰り返し、1時間以上、同じ事を独り言の様に言っていた。
俺は、黙って聞いていた。

かつて小学5年の時に、自分の母親はこの人じゃ無い、
そう思って気持ちを落ち着けた夜の事を思い出していた。
母親の言葉の攻撃から、自分を守ろうとしていた。

目の前で「他の男と子供を作る」と生みの親から
言われてショックじゃないと言えば嘘だったが、
母親に対して、自分の気持ちが冷えて冷たくなっていくのを、
他人のような視点で見ていた気分だった。


111:2014/09/28(日) 19:29:15.95 ID:
俺がどう思うか、母親は何も考えず、
俺への制裁として親子の情を人質に、責めたつもりだったのだろう。
「お母さん、そんな事しないで。ボクはお母さんの子だよ」
と泣きつくのを期待してるのが見え透いていた。
だから、

「俺はいつか結婚して、嫁さんとオヤジの3人で幸せに暮らすよ」

と言ってやった。
母親は黙った。

朝、親戚は朝食を準備してくれたが、断ってそのまま家に帰った。
母親と直接会ったのは、それが最後だったな。
結局、その後親戚の家に迎えに来たKの元に、母親は戻っていった。

高校時代は、夜勤の父と二人暮らしで過ごしたせいか、ほとんど放任されていた。
夜遊びしたり恋愛もそれなりにした。
自分の顔が、どんどんと母親の特徴を映した顔になっていた。
いわゆる女顔で、一部女子から多少モテはしたが、
鏡を見ると母親に似ているのが嫌で仕方なかったよ。

ある日、父と喧嘩した。
学校をサボってバイトしたのを見つかり、ひどく叱られた。
「お前はやっぱり、○○(母親の名前)の子だ」
と吐き捨てられた。

そして、俺が小さな時に出入りしていた、
近所のお兄さんの話もし始めた。
はっきり言わなかったが、
そのお兄さんは母親の間男だったと言いたかったらしい。

そして俺には、自分の血が入ってないと
思ってる父の本音が見て取れた。
ずーん、と暗い気持ちになったのを覚えてる。

確かに、若い頃は父や父方親戚に似ている箇所が
ほとんどなくて、母親の特徴ばかり受け継いでいた。
男としては高い声だった俺は、声質も母親に良く似ていて、
父は辛かったかも知れない。


後日談だが去年、父の臨終間際で
見舞いに来てくれた従姉妹が居た。
病院から駅までクルマで送る時、
助手席の従姉妹は俺の横顔をじっと見て言った。

「若い頃は俺君って、
ウチの家系と全く違った顔立ちの子だったけど、
年取ったら横顔がそっくりになってきたね」

意外に思ったが、そう言われて少し嬉しかった気分だった。
その後、父を看取った時は、その従姉妹の言葉を思い出して父を見送った。

この先は、そんな俺が父の轍を踏む話。
また後日、書きます。
長文うざくて、ごめんなさい。


113:2014/10/01(水) 06:34:56.59 ID:
四円感謝。
これからまた凄く長いと思う。
まとめる文才が無いので、許してくれ。


高校を卒業して大学時代は、あまり彼女を作らず、
バイクやアウトドアの趣味に走ったりした。

大学の終わりで、高校時代の同級生だった女とつきあい始めた。
そいつがまあ、人生で最大の失敗だったと思う。

高卒で既に社会人だった彼女は、
つきあっている彼氏と別れようとしていた。
彼氏には本命が居て、自分は2号的な立場で辛い、
と言っていた。

で、彼女とつきあって半月くらいして、
電話で「元サヤに戻るかも知れない」と言われた。
かなりショックだったが、わかった、としか言えなかった。
クリスマスが近かった。

だが彼女はその後も俺に連絡してきて、俺と会ったりしていた。
揺れ動いていたんだろうな。

クリスマスどうすんの?と聞いたら、彼と会う、と答えてきた。
俺の立場は?とストレートに聞いたら、ごめんなさい、と謝られた。
彼とは会って食事して帰るだけから、後で連絡する、と言われた。

クリスマスイブの夜、23時ぐらいに、彼女が家に来た。
泣きながら歩いて来たようで、化粧がぐちゃぐちゃになっていた。
俺は部屋に上げて、理由を聞こうとしたが何も言わない。
抱きついてきたので、そのまま抱きしめた。

上衣を脱がし、顔や体にキスをすると、気づいた。
他の男の生臭い匂い。彼女の胸元に、男性器や液の匂いがモロにした。
もう舐めちゃった後に気づいたが、男のアレの味もした(ウゲーだ)。

「シャワー浴びなかったんだ」

俺がそう言うと、彼女は顔が蒼くなった。

「ごめん」と言って俺は洗面台に走って行った。
マジに吐き気がした。

彼氏に抱かれた後、その彼氏はさっさと本命の彼女に会いに行ったらしい。
それで彼女は俺の元に来た、という流れ。
彼女のザーメンの味と臭いの生々しい記憶は、結果としてかなり尾を引く事になった。


114:2014/10/01(水) 06:37:38.46 ID:
その後、彼女は彼氏と正式に別れたと言った。
俺自身は、最初は彼女との距離を測りかねたよ。

だが、彼女は俺を本命としてつきあい始めた。
彼女は「尽くす女」で、家に来て料理とか洗濯もしてくれるようになった。
父にも料理を作ってくれた。

そしてまもなくだが、彼女の秘密も打ち明けられた。
俺とつきあう前の彼氏の為に、相当額の借金があると。
流した子もいると。

ここで言う、不良物件だったよ。
だが、高校時代から良く知っていたし、決して悪い奴じゃない事も知っていた。
実は高校時代、彼女に片思いしていた時期もあったから。
実際の所、前の彼氏に尽くしすぎて、俺の元に来た、という具合だった。

その時、彼女は23歳。
その時はまだ、俺にも彼女にも沢山の未来があると思えたよ。

前の彼氏の「生臭い臭い」はトラウマになっていたが、
彼女を激しく抱いて頭の中から消そうとした。
官能的に激しく体を責めるような行為を、あえてしていたと思う。
俺との行為で上書きさせて、前の彼氏の事を思い出させなくしてやろう、
それで俺の中でのトラウマも消えると思った。
そうやっていく内に、本当に俺のトラウマも消えていった。

大学を卒業し、内定していた中小企業に入社。時はバブル時代。
俺と同じ年でも、OL経験の長い彼女は、新卒リーマンの俺を良く支えてくれた。
入社したその年は、特殊な部署配属予定で人間関係で苦労したが、
先輩OLの扱い方など、彼女がアドバイスしてくれて助かった。

彼女には、生活費などを少しずつだが援助した。
前の彼氏のせいで親に勘当されて一人暮らし、
借金抱えた彼女の家計は火の車だったから。

だが、その年は結構楽しかった。
ドライブや海水浴、花火、アウトドアなど、
費用は全部俺持ちだが、若者らしい遊びをして彼女と過ごした。
一番、気持ちが接近していた頃だと思う。

彼女も本当に俺の事を好きになってくれていて、
逆に悩むようにも成っていたみたいだ。
彼女が嫉妬するようにもなってきた。


116:2014/10/03(金) 12:55:27.14 ID:
支援感謝です。
ちょっと寝込んでて中断してました。
先に書いとくと、彼女の名前と、俺の母親の名前は偶然だが、同じだった。
共通するのは名前だけで、性格も何も違ってたが、やった事は似たようなもんだった。

見方変えれば父子でNTRれ体質だったのかも知れん。
またgdgdだが、ご容赦ください。

彼女の借金は基本、自分で払い、足りない生活費を俺が援助していた。
俺がボーナスとかで立て替えようとか思った事もあったが、
それやっちまうと、結婚も未知数な彼女の将来を縛ると思った。
俺の中では、互いの意思で結婚を決めた時点で、二馬力で返済してくつもりだった。

これは会社の先輩だった、Y子さんという女性に相談した結果だった。
Y子さんには恋愛感情はあまり感じず、母親みたいな人だった。
蛇足だが、>>105で書いていた、H君のお母さんに良く似ていた。
母の優しさを知らない自分には、そういう存在が欲しかったのかも知れん。
会社でも仲良かったな。すぐに寿退職してったけど。

(後で知ったが、彼女は当時、Y子さんと俺を疑ってたようで、
それが後の破局の理由の一つにもなったようだ。)

彼女とつきあって1年半ぐらいの頃、父子で住んでた我が家を建て替える事となった。
彼女を気に入った父が、嫁に来ると信じて先走った。
地元工務店の口車に乗せられて、親子二世代住宅の青写真。

彼女の借金は父に内緒だったんで俺は焦ったが、そのまま建て替えの話は進んだ。
信用できない工務店だったので、彼女と住宅展示場行って割安なメーカー住宅に変更はした。

その後、彼女実家に挨拶しに行ったり、
彼女の会社が倒産して借金や家賃が払えず、一時は居候させたりもした。
なんつうか、いろいろあって俺のHPの消耗が激しかった。
彼女と前の彼氏の恋愛は、俺に取って毒の沼地だったな。

彼女は俺を愛してるっていうけどさ、
前の彼氏と暮らした過去を、彼女は思い出として居候先の俺の家にも持ってきてた。
それがエッチの思い出みたいな物だったりしたから、やっぱ無力感に襲われたわ。

それ見て、彼女の胸についたザーメンのトラウマが復活して、
裏切られる夢も毎晩見て、夜、寝付けられなくなった。


117:2014/10/03(金) 12:58:59.27 ID:
子供時代、母親を見てきて、
父が屈辱の目に遭った現場も見てるから、裏切りをひどく恐れてたんだな。
彼女の事を好きであればあるほど、裏切りが怖くなった。
自分は父と同じ失敗はしない、と思っても、彼女を信じられなくなってた。

俺は、借金抱えてる彼女の精神的・経済的な依存対象って事に気づいていた。
俺が駄目になったら、依存対象から外れる未来もうっすらと見えていた。
凄いプレッシャーに変わってったな。

で、当時はもうバブル崩壊頃で、仕事のプレッシャーもきつくなって、精神が病み始めてた。
家の建て替えが完成して間もなく、山手線に全力で飛び込もうとした俺がいて、
いろいろあって、地方左遷か自主退職って事になった。

彼女には自殺騒ぎとか左遷の話はせずに、疲れて辞めたぐらいしか言わなかった。
だが、彼女も心配して何度も家に来てくれてもいた。
俺も最初は自暴自棄で荒れたが、少しずつ回復したよ。
落ち込んで、彼女にひどい事言ったりもしたが、彼女は耐えて聞いていた。

ひとりで籠もる内に、彼女の辛い気持ちを考えるようになって、立ち直る事を決めた。
もう、疑う事は止めよう。
彼女の為に、これから頑張ろう。彼女が望むなら、籍を入れて借金は二人で返そう。
そう思うようになっていた。

だが、既に時遅しで、その頃彼女は隠れて新しい彼氏とラブラブしてたんだが、
俺はまだ何も知らなかった。


118:2014/10/03(金) 13:07:08.67 ID:
気持ちが安定した頃、彼女を家に呼んだ。
夜、二人で散歩して、新築2カ月の家の外灯を見て言った。

「夜、帰ってくる時に明かりが点いてるとほっとする。
誰かが待ってくれると思うと、嬉しいんだ」

寂しい家庭で育った自分の、家庭への夢、結婚観を話したつもりだった。
そして「これから頑張るよ、心配掛けたね」と言おうとした矢先。

彼女は冷たい顔をして、俺の母親へのトラウマだと非難しだした。
はぁ?何言ってんの?て感じで俺は驚いた。
それまでの彼女と少し違っていた。

だが彼女を信じる事にした俺は、再就職のプランを考えて、
欲しかった技能を得るために、専門学校に通う事にした。
夜間、学校に通いながら昼間は仕事をするつもり。
技能習得後は、収入も倍増するはずだった。

俺は彼女に電話して「学校も決めた、これから頑張るよ!」と明るく伝えた。
だが彼女は冷たく嘲笑してきた。
言葉が途切れがちで、電話の後ろに誰かいそうな気配がした。
家にはもう来ないと言うから、俺がそっちに行くと言うと激しく拒絶。
翌日夜に、彼女のアパートに行くと伝えた。

翌日夜、クルマで彼女のアパートに行く。
合い鍵は持っていたが、ブザーを押すと彼女がドアを開けた。
憐れむような眼差しで俺を見る。

彼女の肩越しに見えた部屋。2週間で、部屋が全く変わっていた。
彼女の持ち物以外の、いろんな家財道具が入っていた。
そして部屋の中には、学生のようにも見える年下の若い男。
(後で聞いたが7歳下の、彼女の会社の同僚だった)

「この人と今、つきあって一緒に暮らしているの」

そこから先は、覚えていない。
覚えてるのは、

「へへ、へへへへ」

と笑ってクルマを運転し、途中で路地に入って大声で泣いていた事。

夢で怯えてた事が、現実になっちゃったよ。
俺、何やってたんだよ。
こんな結末の為に、家建てて、借金助けて、生活費も工面して、ピエロだったんだ。
たった2週間で、何でガキみたいなヤツが一緒に住んでるんだよ!

これから出かけるので、
夜にまた書きます。


119:2014/10/03(金) 19:15:35.47 ID:
翌日、少し正気に戻った俺は、彼女に理由を説明するように言った。
その翌日、彼女は殊勝にも家に来た。

「どうしてこうなった?」

彼女に説明を求めた。
だが何を聞いても、ごめんなさい、としか言わない。
開き直ったわけでも無く、思わせぶりに、
まるで自分が自己犠牲してるかのような素振り。

そんな素振りを見せられたら、余計に理由を聞かなければ納得出来ない。
でも、まだ俺は現実が呑み込めず、「理由は良いから、戻ってきてくれ」と頼んだ。
気持ちを落ち着け、将来を考えるようになってた事も正直に言った。

彼女は「考える」と言った後、気を失ってしまった。
元々彼女はメンヘラな所があって、何かあると気絶に逃げる傾向があった。

彼女を介抱しようとして肩を持ったら、気がついた彼女は体ごと拒絶した。
ショックだったが「帰ります」と言うので、クルマで送って行こうとしたら
彼氏が外でクルマで待ってる、と言った。

怒りの感情を殺して、俺は外に居る彼氏を部屋に上がらせた。

横になってる彼女を彼氏が介抱する。
俺の介抱は拒絶したのに、彼氏の介抱で愛撫シーン開始。
彼氏の手が腰に回って、ため息漏れてる。

見てられなかった。
体の関係が出来上がってるのを、俺の部屋で見せつけられたよ。

カッとなった俺は大声を上げて、
「ここに並べ!!」と怒鳴り、二人を平手打ちした。


120:2014/10/03(金) 19:30:37.10 ID:
そこからまた、記憶が飛ぶ。
気がつくと、涙流しながらワープロを打っていた。
何でこんな仕打ちをするのか、恨み節のような文章を書いては消していた。

俺の何が悪かったんだ。俺はお前の為に必死になったけど、無職になったら即乗り換えるのかよ。
そんな事ばかり書いていた。
書き直して書き直して、それで結局、どうして裏切ったのか教えてくれと書いて送った。

彼女と父と住むつもりで建てた家で、居候時に彼女が残していった荷物がまだ沢山有る中で、
気が狂いはじめた。

電話しても、「ごめんなさい」としか言わない。
理由を教えてくれ、と言っても、ごめんなさい。
直接言えないなら手紙を書いてくれ、と言ったら書くという。

でも、何日待っても手紙は来ない。
ほとんど眠れないまま、メシも喉を通らず、
彼女との3年を思い出して、気が狂う。
楽しかった思い出は刃となり、前の彼氏の残したツケで苦悩した思い諸々が、
自分をいたぶる。

現実感が無く、夜、彼女の家に行った。
3Fの角の部屋。明かりが消えた。階段をゆっくり上がると、
ドア越しに、うふふ、と甘え声でベッドトークしている声が聞こえた。

手紙書く暇は無くて、イチャイチャする時間はたっぷりあるんだな。
自分が生きているのが痛くて、辛くなって、死ぬ事を考え始めた。
女なんかもう、信用出来ない。みんな母親と同じだ。

でも最後に、彼女への綺麗な気持ちを書いて、ラブレターとして送ろう。
生きていた証として、彼女の心に刻みつけよう。
楽しい思い出だけ覚えて死んだら、もう苦しくないよな。
彼女と住むつもりだった部屋で、3年間の楽しい思い出を泣きながら書いた。


121:2014/10/03(金) 19:36:51.33 ID:
そんな俺を父が見ていたのに、気づかなかった。
翌々日、ラブレター送って、これからどうやって死のうか考えていた時に、
60歳になったばかりの父が、俺に話しかけてきた。
一気に十歳は老けた顔をしてやつれていた。

「○○という名の女は、本当に我が家には鬼門だな...」

父はそう言うと、大声で泣き始めてしまった。
母親と彼女は、同じ名前だった。

父は、俺の憔悴ぶりを見て、自分で彼女の行動を調べた。
父も深く傷ついていた事を知った。
その後、父が暴れ出し、止めるうちに親子で殴り合いの喧嘩になった。

俺は、本当にこれが現実なのか、わからなくなっていた。
歩いていても、床がぐにゃぐにゃした感じがした。

気がつくと、また彼女の部屋に向かっていた。
まだ日中で、彼女も彼氏も会社にいる時間だった。
合い鍵で部屋に入る。

男物のスーツが壁にかけてある。
キッチンに歯ブラシが二つ。
彼女が俺用に買っておいたのは無くなっていて、代わりに彼氏用の歯ブラシと彼女の歯ブラシ。
テーブルには、彼氏のクルマの駐車場の契約書。保証人には彼女の名前。

俺が死のうとしてるのに、こいつらは着々と明るい未来に向かって進んでる。
俺、いや、我が家の不幸を踏み台にして、こいつらは楽しくイチャイチャ乳繰り合ってる。
俺だけが死ぬのは、犬死にな気がしてきた。

もう、どうでも良いと思っていた事だったが、
最後の最後に確認をしたくなった。


124:2014/10/03(金) 21:52:34.63 ID:
結末を端折るとさ、この後、年下彼氏と彼女が夜中に殴り込みに来た。
まあ、俺が彼女の裏切りの動機を吐かせようとして、
慰謝料払えって言って、払えないなら借金全部自己破産しろって迫った。

やられっぱなしでは自分が浮かばれないと思って、
何かしらのケジメをつけさせたかった。

それでキレた二人が夜中に殴り込み。
結局、俺と彼女の共通の先輩が仲裁入ったんだが、
殴り込みが一生のトラウマになってしまってね。

暴力を直接受ける事は回避できたが、
新築した家の玄関での出来事だったんで、玄関見る度に思い出してた。

俺の親父も、母の間男に殴り込み掛けられてて、
父子そろって同じ名前の女に裏切られ&殴り込み。

俺は数年間、壊れちまって、女性を信用出来なくなった。
まあ、それでもその後結婚はした。

姉さん女房で気が楽だったが、やはり心の奥底で信頼出来なかった。
「もしお前が浮気したら、俺は離婚して自殺する」そう言って、結婚した。
妻は同居の父の世話も良くしてくれて、良い嫁になってくれた。
(去年の父の葬式でも、本当に良くやってくれた。)

だが、子供は作れなかった。
妊娠知っても、絶対に疑い出すと思ったから。
かつて、俺の父が俺の血を疑ったから、
疑われる子の気持ちを知っていて、作れなかった。

本当は子供を作って、賑やかで暖かい家庭、
ガキの頃から夢見ていた家庭が欲しかったはずなんだ。
俺が優しい母親に恵まれなかったんで、
子供を優しくあやしてる女房見て、幸せに浸りたかったんだけどな。

今もそうだが、妻の帰りが遅い時、どうしても平静で居られなくなる。
インナーチャイルドっていうのか良く判らんが、昔の心の傷がうずく。

最近トラウマが復活してたんで、その勢いで書いちまった。
元彼女のその後は、需要があれば書くが、無ければこれで終わる。

つまらない話を読んでくれた人、ありがとう。


125:2014/10/03(金) 22:14:33.29 ID:
文体から滲み出るあなたの性格は、一生ものだと思う。

「元彼女のその後」を書くなら、淡々と事柄だけを書いてほしい。
2ページで終わる報告を50ページにしないでほしい。


126:2014/10/03(金) 22:17:53.57 ID:
紫煙


128:2014/10/03(金) 22:43:51.16 ID:
俺は話の続きが聞きたいな


127:2014/10/03(金) 22:28:42.49 ID:
>>124
仲裁されたってことは、そのことに関しては結局泣き寝入りだったの?


129:2014/10/03(金) 22:51:59.62 ID:
子供を持つと分かるが、
子供は、親が愛情を注ぐものじゃなく、
親の方が、子供から愛情を注がれるんだ。

それが、ヒビ割れたあんたの心を癒すと思うぜ。


130:2014/10/03(金) 23:25:50.60 ID:
>>125
その通りだな。
読み手の迷惑を全く考えず書き殴ってた。

皆さん、すまなかった。
今は読み返して、ゆっくり書いてる。

>>126 >>128
ありがとう。

>>127
実際、全部俺の泣き寝入り。
だが、因果応報といえる感じになった。

殴り込みの後だが、元彼女は自己破産してケジメをつける約束となった。
その後の事は、俺は直接は知らない。以下はN先輩や本人から。

彼女は自己破産を回避して、彼氏の母親に借金を肩代わりして貰い、彼氏と入籍。
以前から自己破産を極度に恐れていたから、見るに見かねてだろうと思うが、
そのままだと元彼女はメシウマ状態だったはずだ。

だがお天道様は見ていたんだな。
入籍後3カ月で、年下旦那が新たに彼女を作って、3人で妻妾同居生活。
元彼女は、7歳年下の旦那と旦那の彼女の為に、日々毎度の食事を作ってたそうな。
俺に酷い事した罰だと、後に元彼女は言ってた。

その後、元彼女は新たに依存する男作って逃げたのかどうか知らんが、
離婚して、何故か現在は18歳くらいの息子が居るそうだ。

詳しい事は知らないが、平穏な女の幸せを、
自ら遠ざけてしまったみたいな事を言ってた。

実は去年、俺の父が死んで2週間も経ってないうちに、
Facebookで元彼女からいきなり連絡が来た。
父が死んで間もないので、ひどくタイミングが悪い、と返したら、
当時の事を二十年ぶりに書いてきた。

簡単に言うと、悲劇のヒロイン脳だったとしか思えない。
気の毒だが、それは今も変わってない気がしたな。

>>129
なんかすごく、心が救われた気がするよ。
ついでに、俺の母親のその後も書いときます。


131:2014/10/03(金) 23:34:45.26 ID:
まだ俺の母親は健在です。
間男Kがガンで死んだ後、図々しくも家の近くに引っ越してきた。
生前父が言うには、500メートルも離れてない安アパートだそうだ。
老後の面倒を見て欲しくてストーカーっぽい事もしてきたが、
俺は絶賛絶縁中。

16歳以来、俺は会った事は無いんだが、家の周りで妻が何度も見かけたらしい。
俺に顔が良く似た婆さんを見たとw

父の死後も、すぐに電話してきて妻が電話に出たそうだが、
妻には前から言ってあったので電話をすぐに遮断。

親子の情ってのは、まだ少しは残ってるかも知れない。
だが性格が問題あり過ぎなんで、妻を犠牲にしたくなくて、
絶縁は解けない。
出来れば葬儀も関わりたくない。

存命中、父は引っ越したがらなかったんだが、
俺と妻は家を売って引っ越したいと思っていた。
もう少し落ち着いたら、行動しようと思っている。

妻も、俺が元彼女と暮らす為に家建てたの知ってる。
それで一度、夫婦も危うくなったが、これは今はいい思い出になってる。


132:2014/10/04(土) 00:01:48.06 ID:
精神病んでるわ


133:2014/10/05(日) 00:11:37.23 ID:
>>131
俺の中の疑似細木和子が、「あなた方ご夫妻は、養子をとられてはどうか」
って言いそうだ。
奥様が年齢的に出産が困難な年齢かもしれないし。


134:2014/10/06(月) 05:01:08.18 ID:
>>132
そう思う。
これでもさ、妻には毎日のようにパルプンテして、
夜も円満なんだ。
でも俺の病巣は深いよ。

>>133
びっくりした。本当に細木数子さんみたいだ。
父の看護が不要になって以降、考えていた。

自分語りばかりですまないが、
妻もいずれ相続する不動産があるが、
俺達には次の相続相手が居ない。

だが、ある事情で老後は妻は、おそらく車椅子生活。
俺は将来の介護の為に鍛え始めた状況。

こんなんで養子貰ったら、と二の足を踏んでた。
でも前向いて行くよ。
吐き出せてすっきりした。

聞いてくれてありがとう。
これで消える。


135:2014/10/06(月) 07:58:03.35 ID:
お疲れさん。
最初から読んでた。
あんた、真面目に生きてきたんだ。
幸せになる権利があるわ。
奥さんと元気にやってくれ。




406:2016/11/15(火) 02:21:15.93 ID:
.net
ご無沙汰です。
このスレで無駄に長文書いて叱られた>>104です。
その説はお世話になりました。
その後の報告です。

昨夜警察からTEL来て、自分の母親が死んだとの事です。
自分は不在だったのでまた聞きだが、刑事課からだったんで、おそらく孤独死。
今日、詳しい事は判るだろうけれど、70半ばで寂しい人生だったようです。
夫を捨て、子を捨てた女の末路です。

あと自分の近況ですが、養子を貰うのは、妻の反対もあって諦めました。
その分、地元でこども食堂活動とかのボランティアスタッフやってます。
孤食やネグレクトされてる子供の気持ちを、
判ってる大人がいないと、と思います。


407
:2016/11/15(火) 14:03:19.57 ID:
.net
>>406
おめでとう祝杯だね


409
:2016/11/15(火) 14:12:29.85 ID:
.net
>>406
>その分、地元でこども食堂活動とかのボランティアスタッフやってます。
いいね!