10:2007/11/20(火) 00:03:20 ID:
長文失礼します。年齢は当時です。

私 26才 会社員
T男 34才 会社で私の所属するチームのリーダー
N男 28才 Tチームのメンバー、私の彼氏
S男 24才 Tチームの新人
M子 26才 Tチームのアシスタント

新しいプロジェクトに配属されたら、
メンバーの中に私が社内の人には内緒でつきあっているN男がいた。
N男は仕事とプライベートを混同する人ではないし、
私もそのつもりだから、同じチームで仕事をすることに問題はないと思った。
ただ、社内では慎重に行動することを二人で約束した。
リーダーのT男としては、N男と私に主な仕事をさせながら、
新人S男に仕事を覚えてもらう、という心づもりだったらしい。


11:2007/11/20(火) 00:04:00 ID:
S男の教育を担当するのはリーダーのT男だが、
実際の業務中に組んでアドバイスするのは主にN男だった。
S男はかなりN男に絞られていた。
私たちも新人の頃には同じように先輩にガミガミ言われてかなり落ち込んだから、
そういうものだと思っていた。
しばらくするとS男が会社を休みがちになった。
最初は、みんなが出てきている休日出勤の拒否。
その後は、月曜の欠勤。
午前休の連絡が午後になってもまだ来ない、など、エスカレートしていった。


12:2007/11/20(火) 00:04:41 ID:
私たちの職場はかなりスパルタな雰囲気なので、
新人がドロップアウトすることは少なくない。
それでも、チームリーダーデビュー直後のT男はS男のことをかなり気に病み、
N男に「もう少し優しく指導してやってくれ」と言ったり、
私にこっそりN男の様子を尋ねてきたりした。
N男は自分にも他人にも厳しいタイプで、
正論で相手を萎縮させてしまうところがあった。
本人が威圧しているつもりはなくても、他人に劣等感を抱かれやすい人なのだ。
S男は気が強い感じではなかったので、あまり良い組み合わせではないのだろうと思い、
私がN男とS男の間に入るようにした。


13:2007/11/20(火) 00:05:37 ID:
そんな時に活躍したのが、アシスタント(秘書みたいなもの)のM子。
M子は柔らかい雰囲気で、もう子どももいるんだけれど、
とてもそうは見えない可愛らしい人。
なにかとS男に声をかけ、さりげなく彼の仕事ぶりを褒めた。
アシスタントはお茶くみとは違うんだけれど、
「ついでですから」と言ってコーヒーをいれてあげたりもしていた。
さてはT男からM子にも何か頼んだのだな、と思って、お礼を言うと、M子は、
「その程度のことでチームの雰囲気が良くなるんだったら安いものですよ」
と笑っていた。


16:2007/11/20(火) 00:06:42 ID:
支援ありがとうございます。

少しするとS男はちゃんと出勤してくるようになり、それなりに仕事も覚え始めた。
昼間はときどき冗談も言うようになった。T男はすごくほっとしているようだった。
平和な空気もつかの間、職場で不審なことが起き始めた。
まず、遅くまでかかって作った資料のプリントアウトがなくなった。
資料自体のデータは残っていたが、
大量のプリントアウトをしなおしてもらっている間、
M子がほかの仕事ができなくなり、それを配布するはずの会議が後押しになり、
といったゴタゴタが起きた。


17:2007/11/20(火) 00:07:27 ID:
並行しておかしなメールが届き始めた。T男の不倫相手による告発文という体裁で、
内容はひどいものだった。
私とN男、S男の三人がそれを受け取っていた。
M子にもそれとなく聞いたが、不審なメールなどはないという。
三人で話し合ってT男には黙っていることにした。
仕事上はタフなT男だって、
こんなもの部下に流されたらショックを受けるに決まっている。
なにしろ新婚なのだ。
T男の上の管理職に直接報告することにした。
次は備品のノートパソコンがなくなった。
外に出してはならない情報も入っているので、会社ぐるみで対応することになった。
表だって管理責任を問われたわけではなかったが、
そのパソコンを使っていたN男はとても落ち込んでいた。


19:2007/11/20(火) 00:08:38 ID:
それから間もなく、私たちが夜まで仕事に追われていると、守衛さんから電話が入った。
「T男さんの奥様が緊急のご用件だとのことでお連れしました」
その時同じ課に居残っていたのは私たちのチームのみ。
アシスタントは基本的に九時五時の勤務だから、部屋にはT男、N男、S男、私の四人。
なぜ携帯にかけなかったのかといぶかりながら、
たしかに奥さんであることを確認し、T男が対応しようと扉を開けた。
奥さんはT男をかわしてするりと中に入り、
私のほうにまっすぐ歩いてきて、にっこり笑った。
「私子さんですね。この男の本性を教えてくださって助かりました。
 私はこの人とは離婚しますから、どうぞあとはお好きにしてください」
「はい?」
一同ぽかーんとして、妙な間が空いた。Tが唖然とした声で言った。
「何を言っているんだ。勘違いしているみたいだから、外で話そう」


22:2007/11/20(火) 00:11:27 ID:
私たちは全員で近くのファミレスに行き、話を整理することにした。
奥さんもどうやら途中で何かがおかしいことに気づいたようで、冷静になってくれた。
奥さんの言い分は以下の通り。
私子を名乗る人からワープロ打ちの手紙が三度にわたって届いた。
内容は職場で夫と浮気しているというもの。
T男についての記述や、デートしたと書いてある日に
実際ことごとく帰宅が遅かったことからその信憑性を判断し、
相手の顔をひと目みてから離婚しようと思った。
T男がちかごろ急に「仕事が忙しくなった」と言ってしょっちゅう午前様であること、
「職種の違う奥さんよりも苦労をわかちあえる私子がT男にはふさわしい。
おなかに彼の子どもがいる」という内容に傷つき、キレてしまった。


26:2007/11/20(火) 00:13:40 ID:
T男の言い分は以下の通り。
私子とはもちろん、誰とも浮気の事実はない。
遅くなると言った日は本当に仕事をしていた
(N男、S男、私がそれぞれスケジュール帳などを見せて証言)。
自分に関する記述はおそらく過去につきあった女性が情報源だろう。
そんなことは調べようと思えば調べられるものだ。手の込んだ嫌がらせに違いない。
N男の言い分は以下の通り。
実は、T男中傷メールと同時に、自分のところには私子の中傷メールも届いていた。
私子を傷つけたくなくて黙っていた。どうせ誰かのいたずらだろうと思った。
でもほんの少し疑ったことも事実。今日の奥さん突撃でそれが裏付けられたと思った。


27:2007/11/20(火) 00:14:54 ID:
私ももちろん「T男とは何もない」と弁解をし、
内緒でN男とつきあっていたことをT男に詫びた。
T男は「うん、なんとなくわかってたよ。でも仕事はちゃんとしてくれてたから。
   ふたりのことはほんとに頼りにしてるんだ」
と言って、ちょっと席を外した。
奥さんがぽつんと「あの人きっと泣いてるんですよ」と言った。
T男が泣くところなんて想像もつかなかったけれど。
S男は血の気の失せた顔で呆然としていた。
こういう修羅場に耐えられる人じゃなくて、
ショック状態なんだろうと思っていた。その時には。


32:2007/11/20(火) 00:16:34 ID:
その後のT男の行動は素早かった。
「自分に関するきわめてプライベートな事実と、細かい勤務時間を知っている」
という条件から犯人を割り出し、尋問。自白させた。
犯人はM子だった。
M子はS男とつきあっていたのだそうだ。
しかも独身の頃に、やはり結婚前だったT男ともつきあっていたという。
そりゃ、T男も速攻で思い当たっただろう。
S男が修羅場の夜のファミレスで呆然としていたのは、
M子犯人説に思い当たったからだったのだ。


34:2007/11/20(火) 00:17:29 ID:
以下、T男から聞いた、M子の言い分。
S男は新卒で、非常に優秀だったため今まで挫折を知らず、
「職場でプライドをずたずたにされて」とても傷ついていた。
繊細で頭の良いS男の価値をわかろうともせず、
彼を苛めるような指導の指揮をとるT男、直接彼を貶めるN男、
女のくせにS男に指示を出す偉そうな私子、全員が許せなかった。
会社がこのチームを解散させれば、S男は解放される。
できればS男以外は失脚すればもっと良い。
自分はすぐに離婚できないので、彼を支えることができるのは職場でだけだと思った。
幸い、T男がばらされたくないであろうことを、自分は知っている。
しかしそれだけでは全員をS男から排除することができない。


36:2007/11/20(火) 00:19:27 ID:
M子の言い分、続き。
それで他のチームメンバーの弱点を探ったところ、N男と私子はできているようだ。
職場でそんな後ろ暗い関係を持っているのだから、
ますますひどい目にあって当然だと思った。
N男のパソコンを盗み、T男の妻に文書を送りつけ、
チームのメンバーにそれぞれメールを流した。
心の優しいS男がそれに気づかないように、S男にも送った。
N男の不祥事としてパソコン盗難による顧客情報流出、
N男・私子の不祥事として社内でのいかがわしい行為の繰り返し、
T男・私子の不祥事として社内不倫を演出するつもりだった。
上層部への(偽)告発文書も準備していた。


37:2007/11/20(火) 00:20:12 ID:
>S男は新卒で、非常に優秀だったため今まで挫折を知らず、
「職場でプライドをずたずたにされて」とても傷ついていた。
>繊細で頭の良いS男の価値をわかろうともせず、
彼を苛めるような指導の指揮をとるT男、直接彼を貶めるN男、
女のくせにS男に指示を出す偉そうな私子、全員が許せなかった。

これはM子の言い分であって、
S男がこれをそっくりそのままM子に言ったとかそういうわけではないんだよね?


40:2007/11/20(火) 00:22:39 ID:
>37
そうです。
S男がM子に何と言ったかは、私は知りません。


続きというか、その後のことも投下させてください。メモ帳に書いてしまったので。


M子は小さくて華奢で可愛くて、笑顔は柔らかいのに仕事はてきぱきしていて、
私は彼女が好きだった。子どもと夫を溺愛している良き家庭人だと思っていた。
すぐ意地になってしまう私と違って、
職場をスムーズにしてくれて、すごいなあと思っていた。
そんなM子が不倫の恋で暴走し、
その男以外の職場のみんなを陥れようとしていたとは。

M子は会社を辞めた。
S男も一時また会社を休みがちになり、プロジェクトを外された。
そのまま辞めるかと思ったが、
別のチームで研修を済ませ、よく勉強する熱心な社員になった。
この間久しぶりに会ったら、とても話しやすい人になっていてびっくりした。
T男は離婚しなかった。最近、奥さんに赤ちゃんができたそうだ。
私とN男はまだつきあっている。


42:2007/11/20(火) 00:24:42 ID:
みんな平和な生活を送ってるようで安心した

N男氏とはその後、溝みたいなものは出来なかった?


52:2007/11/20(火) 00:28:26 ID:
吐き出させてもらえて気が楽になりました。
ありがとうございました。

>42
溝は一時期できました。
信じてもらえなかったのは辛かったですし。
でも彼の弱い部分を見たのは初めてだったので、
結果的に、深い話をするいいきっかけにもなったと思います。


43:2007/11/20(火) 00:24:51 ID:
>>40
乙。リーダー嫁が特攻してこなかったらまじでやばかったな。


44:2007/11/20(火) 00:24:57 ID:
>>40
乙でした。誤解が解けて、真相がわかってよかったね。
N男さんと幸せになってね。


48:2007/11/20(火) 00:27:30 ID:
>>40乙
やっぱり恋はグロいな。
でもまあ、修羅場を乗り越えた(?)同志、
頑張ってN男と仲良くなってれ。


49:2007/11/20(火) 00:27:40 ID:
>>40
S男も不倫してたってことだけど、会社からの処分はなかったの?


54:2007/11/20(火) 00:31:21 ID:
M子のその後が気になるけど、
この事件は、ご主人には、ばれなかったのだろうか?


57:2007/11/20(火) 00:39:04 ID:
>>49
しばらく休んだ後に再研修になったので、
何か処分があったのだと思います。
今も働き続けているので、それほど重い処分ではなかったのでは。

>>54
彼女はそのまま会社をやめてしまったので、何も耳に入ってこないのです。
ごめんなさい。

それでは、名無しに戻ります。


56:2007/11/20(火) 00:36:47 ID:
M子には名誉毀損で訴えても良かったのにな。

N男はありもしない事を信じて罵倒してんだから、
全く信用してなかったんだよあなたの事。


64:2007/11/20(火) 01:27:00 ID:
S男は内々の処分で済ませられたせいで救われたな。
不倫が表沙汰になってM子夫が弁護士と凸してきたら、
リーダーのT男と当事者のS男はもっと厳しい処分だったはず。




引用元:https://love6.2ch.net/test/read.cgi/ex/1195479517/