705:2012/12/30(日) 01:41:26.72 ID:
火事と聞いて初めてキチに遭遇したときのことを思い出したのでカキコ
短い期間で様々なキチに遭遇しましたが、特に印象に強かった初キチ体験を一つ

老朽化の修復工事の為、大きな団地に入った時のことです(工事関係者として)
キチママ系の警察沙汰は工事期間中だけでも何度かあり、
工事が終わる頃には顔見知りになった警官もいました

住人とすれ違う際には会釈程度はするようにがそこの現場のルールで、
ある日挨拶を交わした男性がキチの夫
(以下、キチママをA、キチ夫をA夫とします)
その際にA夫の落とした携帯をその場で拾って渡したのがことの発端でした
後日それをどこから聞いてきたのか見ていたのかAの耳に入り、
「女の作業員が夫に携帯番号を教えて誘惑している!」と現場事務所で喚いていました

事実確認に私も呼ばれましたが、A夫が携帯を落とす所を見ていた同僚が、
手の空いていた私に渡してこいと頼んだだけと証言してくれたので、
Aの勘違いということで事務所のお偉いさん達の中ではまとまっていたようです

それにしても「そんなの嘘だ、仲間内を庇っている」
「人の夫と知っていたのなら出るとこ出る」と騒ぎ続け対応に困っていました
「子供もまだ小さくて大変」と何に怒っているのかわからなくなってきた所で、
団地の管理会社の人が登場
(Aの子供は作業員に石を投げてきます)
それでも騒ぎ続けるA
「女のくせに家庭にも入らず、こんな底辺の仕事をしてまで男にチヤホヤされたいのか!」
の一言で空気が凍りました

そこで管理会社の人が口を開きます
聞けば前々から問題行動があり、次に問題を起こしたら退去という話だったそうです
するとAは途端に大人しくなり「若いしか取り柄のないブスが調子に乗るなよ」と、
捨て台詞を吐き去っていきました

その時は警察沙汰にはならず、A夫が帰宅後に2人で謝りにきてくれました
それ以降A夫とはお互い挨拶しないとAに約束し、
A夫は通勤時などに作業エリアを通らないようにすると言い、
Aはしぶしぶ納得したようでした

一度切ります


707:2012/12/30(日) 01:53:23.31 ID:
続きです

それから数日後にぼや騒ぎがありました
燃やされたのはうちの会社の機材置き場のゴミ
幸いぼや程度で収まったけど、
大きな団地なだけにすごい数の消防車やパトカーが出動して結構な騒ぎだったそう
現場検証もしたが作業員の帰った夜の犯行で、目撃者もおらず犯人はわからずじまい
しかしそれからさらに数日後、犯人が逮捕されることになります

団地の一階で作業をしていたら何かが割れる音がして、
振り向くと近くでガラスが割れていました
なんだろうと不思議に思っていると、急に同僚に引っ張られ、
その瞬間に私の作業していたところに植木鉢が落ちてきました
粉々になった植木鉢を見て震えることしかできなかったのですが、
同僚が落とした人物と入った部屋を見ていました
それがAでした

駆けつけた警官に起きたことを説明し、Aは署で事情聴取
その最中に放火したことを自爆し逮捕となりました
ちなみに通報したのは付近で子供を遊ばせていたママ達
「子供に植木鉢を投げられて~…」と説明していたから、
Aがやったとわかるまでは私も子供が狙われたのかと思っていました

旦那を取られるくらいならいっそ…というのが犯行動機だそうです
A夫妻は離婚
子供はA夫が引き取り引っ越していきました
引っ越し当日のA夫は、やせ細って目が怖かったのを覚えています
A夫がまともだった(?)だけに、とても可哀想でした

長々とすいません以上です




引用元:https://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1355323627/