おかしな人々

  • Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly

キチ

164:2013/12/23(月) 17:45:04.94 ID:
0
叔母の一人がマジキチすぎてやばかった
少し長くなるが吐き出させてほしい タヒ注意

  :俺 一人暮らし 正社員
  :自分(俺)の母親(以降自分母)は4姉妹の三女 父方の実家住まい パート
  :長女次女(以降叔母A叔母B)は常識人 
           飛行機の距離離れていて自宅持ち 自営&正社員 
  :四女の叔母(以降キチ)がマジキチ50になるのに
          キャバメイク&ゴスロリ&某猫のキャラ愛用して自分の事を姫と言う 
          祖母実家で祖母と同居 寄生虫

修羅場の発端は祖母、つまり母姉妹たちの母親が入院し亡くなったことに始まりました
90も近かったことから身体も弱り病院に入院したのですが
自分母がメインで看病し叔母A叔母Bがなんとか時間を作り月1位で看病に来ていました
しかしキチは入院→亡くなるまで2度しか来ず
来た際も祖母のお菓子や緊急用のお金を盗んで帰る始末
叔母A叔母B自分母が問い詰めると叫んだり暴れたりで手がつけられず
完全に放置するようになりました

そして祖母が亡くなり葬儀が行われたのですが
その際もフリフリのドレスで参列しようとしたり咎められると周りの物を壊して逃げて
挙句は実家の部屋に籠り携帯ゲームをずっとやる始末でした

なんとか葬儀も終え祖母の遺産関係の話をすることになりました
祖母はしっかりと遺言書を残しており
自分の貯金は6割自分母、残り4割を叔母A、叔母Bに、
持っている土地は自分母息子(俺)に、
キチには何一つ残さない自分で働き生きろと書いてありました

それでキチ発狂 なぜ自分に何もない!この遺言書は無効だ!貯金は全部よこせ!
俺の土地に家を建てろ!金は俺持ちだ!と騒ぐ騒ぐ
しかし遺言書は正式な物だったので騒ごうが喚こうが無意味でした

俺が受け継いだ土地の中に祖母実家もあったので
叔母ABと自分母と俺で話し合い
キチを祖母実家から追い出し自立させようということになりました
このままキチを祖母実家に住まわせていると
いずれ俺に迷惑がかかるからという判断でした


317:2013/11/30(土) 10:16:59.38 ID:
0
実家は築30年近いマンションに新築当初から住んでいた
好立地なので住民の出入りは少なく、昔からの顔なじみが近所にも多い

今から数年前、旦那と結婚が決まって家を出るので近所に挨拶に行った
少し離れた階に中学からずっとヒキニートしている同級生の家があって
そこの母親とも顔を合わせば挨拶をする仲なので家に行って挨拶をした
するとそこの母親が発狂してキチと化した
「あなたはうちのムチュコタンと結婚するんじゃなかったの!?」
「幼稚園の時、公園で遊んでてあなた言ったわよね?
『あたし○○くんのおよめさんになるー!』って!」

小さい頃一緒に遊ぶ仲だったのは事実なので
記憶にないだけで本当に言ったかもしれない
けれど何も知らない子供が言ったことを二十年以上経っても真に受けてるって…
頭が真っ白になっていると、キチはムチュコタンを部屋から召喚
中学の卒業式以来十数年ぶりに見た彼は、
不自然に色白でブクブクに太っていて異様に体臭がきつく
髪の毛は薄い上に伸ばしっぱなしでゴムでくくっていて無精ひげ
ネットで見たどのキモヲタの画像よりもずっとレベルの高い外見になっていた

キチが「私ちゃんが他の男と結婚するのよ!引き止めなさい!」
とヒステリックに叫ぶと
めちゃくちゃどもりながらも私の好きにしたらいい、
結婚おめでとうと言いキチ母の行動を全否定した
発狂するキチを放置して家へ戻り、一部始終を親へ報告していると家に凸
「この裏切り者!慰謝料払え!死ぬまでムチュコタンに送金して養え!」と叫びつつ
ドアをゴルフクラブで破壊しようとしたので警察を呼んでお持ち帰りしていただいた
その後スピーカーおばさんを含む隣近所には母がしっかり根回ししてくれた


73:2013/10/12(土) 09:58:47.83 ID:
i
そんなつもりはなかったけど巻き込まれてしまった修羅場。

隣人家族とは仲が良くて、夫婦も、二人居る息子さんも皆良い人。
ある日、隣家でお茶する事になってお呼ばれしたんだけど、
奥さんがパートでトラブったので上がって待っててくれと連絡が。
息子さんに通されて、リビングで待たせてもらってた。

そのうち待って居たら、インターホンが鳴ったんだけど、
息子さん達はすぐには出られなくて、
私が出るわけにもいかないから待ってたんだ。
一人はトイレだったからじき来るだろうと思ったし。

そしたら突然ガンガンと玄関をこじ開けようとする音がする。
尋常じゃない勢いだったから何事かと玄関が見える窓から見て見たら、
なんと高校生の女の子。
足まで使ってドアを開けようとしてる。

とりあえず警察、と思ったら鞄を漁ってる間に入られた。
開いてた窓から。
一目散に二階に上がろうとしてたんだけど、
危ない子だったら通すわけにはいかないと思ったもんで、階段の前を塞いだ。

男ならともかく女の子、しかもまだ高校生。
なんとかなるだろうと思ってたら
カッターで向かって来られた。
額、腕、足、合計14箇所の切り傷。
振り返ると一つ一つの傷は大した事なかったんだけど
その時は死ぬかと思った。


902:2013/09/20(金) 21:47:01.56 ID:
0
バイト先での修羅場。

自分は、妊婦~就学前くらいの人を対象にした
服や雑貨を取り扱ったお店でバイトしている。
その日はレジを担当していたんだけど
お客さんも少な目だったんでお店をぼんやり見渡していた。
そこで目についたのがキチママ(四十代前半くらい)
+買い物カートを押して走るキチ子(五歳くらい)。

妊婦さんも小さい子もいる店内で
暴走カートは危険だから注意しようとレジを離れたとき
キチ子のカートが加速してそのまま臨月近いだろう妊婦さんのお腹に突撃した。
しかも、蹲る妊婦さんのお腹や背中にガンガンぶつかっていく。

慌てて駆け寄ると妊婦さんは真っ青。お腹抑えてぶるぶる震えている。
隣の棚にいた旦那さんも走ってきて妊婦さんを抱きかかえて
必死に○○!って名前呼ぶけど妊婦さんは返事する余裕もないようだった。
慌てて店長(休憩で店内にいなかった)と救急車に連絡。
キチ子とキチママを事務所に連れていこうかと思ったら
キチ子「ママ~、赤ちゃん出てこない~」
キチママ「あら~、残念ね~」
これには店中の空気が凍った。


290:2013/04/07(日) 00:47:17.51 ID:
0
流れ切ってしまって申し訳ない。先日キチに託児未遂されたときの修羅場。

私祖母の実家はド田舎にあり、曾祖父が元気な時代には中小企業を経営してた。
曾祖父亡きあとは会社も廃業したんだけど
ド田舎故に会社で雇われてたのは近所の方々だったので、
今でも寺の檀家総代やったりなんかしてる。
先日その祖母実家の近所で不幸があったんだけど、
春休み中の祖母実家には里帰りしてる親戚も多くて
総勢4人のチビッコ(全員はとこ)がいた。
つまり誰か子守が必要だけど交流の深すぎるド田舎で、
○○さんは来なかったなんてことは避けたいから
世話役としてこれないかと私に召集がかかった。
私はヒマな学生で私祖母も葬儀に出席するし、
やんちゃなチビどもはなぜか私の言うことは聞くので好都合だったらしい。
当の私は日給諭吉さんにホイホイ参上した。
ここまでが前提。

葬儀当日、朝早くに会場設営や食事の準備に寺へいった親戚たちを見送り、
5歳児4人の世話をすることになった私は1時間で疲労困憊。
庭で外遊びをする子供達をボーっと眺めてた。
すると道路の向こう側(向かいは寺)から赤ちゃんを連れた女の人がやってきて、
なぜかふぁびょり出して罵詈雑言。
中身を要約すると「このデブ女!(私のこと)」
「このガキ(彼女が抱えている赤さん)預かれ!夫には言うなよ!」とのこと。
夫に言うも何も彼女とは初対面で私はどこのどなた様状態。
すいませんけどどなた様でしょうかと聞いたら「うっせえ!預かれ!」と。

とにかく寺の方から来たから手伝いに来た近所の奥様だろうとは思ったんだけど、
とりあえず誰かに来てもらおうと思って携帯出そうとしたら奪われて踏まれた。
ピンヒールだったため携帯粉砕。そして私は殴られた。
さらに何してんだこのデブとか言われてもう涙目な私の前に、
家の中に逃げてったはずの4人のチビが「ヒーロー参上!」とか言って出てきた。
某ライダーのベルト+指輪装備済みで、
しかも「(私)は病気なんだぞ!許さん!」
「(私)!大丈夫ですか!」と超ノリノリ。私もキチも唖然。
お前らわざわざ準備しに戻ったな!
バカやってないで早く逃げろとチビどもを追い返しているうちにキチが覚醒。
家に入ろうとしている子を捕まえてひっぱたきやがった。
私もブチ切れたし子供はギャン泣きするしで
庭は地獄絵図と化したのが第一の修羅場。


424:2013/04/08(月) 18:48:17.88 ID:
0
中学の時近所にカフェとパンの個人営業の小さいお店ができた。
家が近い友達と一旦帰ってから買いに来ようと約束し、パンを買いにいった。
ひとつ30~70円くらいのミニパンがメインで売っていてその中でも、
私と友達はパンプキンパンが一番気に入った。
メニューはその日によって作られたり作られなかったりするらしいが、
何度か行って何回かパンプキンパンを買えた。

母がある日話題に出したので
「パンプキンパン、かぼちゃのパンがあっておいしかった!一番好き!」
と言ったところ、
「じゃあ用事のついでに寄る」と言っていたので
「パンプキンパンあったら買って来て」と頼んでおいた。
そしたら帰ってきた母がパンを持ってたので「パンプキンパンあった?」と聞くと
「売ってなかった。店員さんにも聞いたけどなかった。
『作ったことはない』と言われた。」 と言われた。
個人営業なのでお姉さん+その母+バイトっぽい人の3人くらいのローテーションで
いつもいるので知らないことはないだろうと
「そんなことはない」「前何回も買った」というと
「ないって言われた!!お前のせいで恥をかいた!!」
と包丁を振り回しながら寄ってきた
「やめて!!」と叫んでも「お前のせいで!!叫ぶな!!」
とかいって殴られたり蹴られたり
玄関まで逃げたら後ろ向きに押されて傘たてに後頭部をぶつけ
数日間口が半分しか開けなかったりごはんをよくかめなくなった。
もともと虐待家庭なのでなんだかんだでどうにかなって終わるけど
一番意味が分からなくて痛かった修羅場かな・・・
そのパン屋にはこの一件以来行ってない。


831:2013/03/30(土) 00:29:22.09 ID:
0
以前、義兄嫁がお盆帰省のときに嫁いびりで壊れて暴れた。
私はいびられたこともないし、夫の実家との付き合いは
お盆と正月に五時間くらい滞在して帰るだけなので
三年間何も知らなくて、夫の実家はいびりとは無縁だと思ってた。
私に何もなかったのが義兄嫁にとどめになったらしくて、
義兄嫁が暴れたとき、私と夫にお盆で殴り掛かってきたり、
座布団や湯呑を投げつけてきた。
家に帰ってからは「同じ嫁なんだから同じ気持ちを味わわせないと気が済まない」
と何度も電話をかけてきて自分が言われたということを言ってきて、
電話を取らなくなったら、留守番電話に吹き込んだり、手紙を送ってきたり、
車で一時間半かかるのにこっちへ来て家の前で待ち伏せしてたりした。
義兄嫁には小学生の子供がいるのに、週に一、二度来てた。
暴力したり、物を壊したりはなかったけど、あとをついてきてずっと
「あんたはうまずめなのにいつまで生きてるの?
貧相だし、センスはないし、親だってたいしたことないし、悪いところしかないね」
とか言われつづけた。


437:2013/03/09(土) 21:50:45.40 ID:
0
終わったと思いたい修羅場
まとめると、
キチガイおばさんに絡まれてもしかしたらこれからも訴えられるかも知れない

近所のショッピングセンターの外にある喫煙所で一服していた
ちなみに俺は27歳だから喫煙は法には違反していない
が、顔が幼く、
普段からコンビニで酒や煙草を買うときは年齢確認をされる。
また家から近かったこともあり
全身ジャージという若々DQNしい格好でいた。

一服中にいきなり誰かに肩をつかまれたと思い振り向くと
白髪まじりのおばさんに「未成年が喫煙は犯罪!!!」と捲し立てられた。
一般人に注意を受けるのは流石に初めてだったが
27歳と本当の年齢を言っても、この見た目では信憑性がないだろうと面倒に思い
「20歳だから大丈夫です」とこたえた。
これが後に仇となる

それでもおばさんはひたすら
「犯罪者だ」「誰か通報して」と喚いている
誰が呼んだわけでもないだろうが、
そのうち話を聞き付けた警備員がこちらにやって来た

警備員がおばさんから事情を聴き
(興奮して何言ってるかわからなかったので俺が通訳した)
おばさんはずっと警察!警察!って言ってる
警備員も「うーん?」状態。
困った警備員が俺に一言「身分証はありますか?」
俺は迷わず免許証を財布から出す。
もちろん成年だから問題なしと思って堂々と出した


90:2013/02/21(木) 13:20:05.97 ID:
0
池沼家族を侮っちゃいけない
会社帰りに池沼にタックルされて、後日その母親が会社に
「息子をお願いします」って言って来てメデマドコー?になったことがあったよ
その母親もおとなしくて上品な感じだった


73:2013/02/21(木) 12:06:15.00 ID:
0
本人が仕事を辞めて数年経ったので投下。
特殊なお仕事注意。本人(了承済)が特定されないようフェイク入りで。

「女教師デリバリー(仮名)」なるアレなお店に勤めていた友人A。
「先生が校長に脅されて以下略」「お気に入りの生徒に特別補修で以下略」
「不良な生徒に押し切られて先生以下略」等、数々の台本があったんだそう。
ある日年配の女性の声で「家庭訪問をお願いします」
との電話を受けて出勤、住宅地の一戸建てへ。
玄関で名乗ると上品な服装と物腰、穏やかな笑顔の初老女性が登場。
「××ちゃん、先生がいらしたわよ」この時点で多少ひいたものの、
実は母親が息子のために呼ぶケースは実はそう珍しくないので気にならなかった。
問題は、女性の前にキャンキャン言いながらダッシュしてきた犬。
何かボロボロで、ピンクのものにまみれてる。そして家の惨状。
玄関から廊下まで、ピンクのものが撒き散らされてる。消化器らしい。
他にも色々なもので靴下が真っ黒になりそうな汚れ。
「××ちゃん、××ちゃーん、先生に来てもらったのよー」
と、呼び続ける女性、やがてすごい怒声を発しながら男性登場。
「ババア!俺の携帯番号、山田(仮)のババアに勝手に言うたやろおおおおおお!!
(内容はだいたいこんな感じで支離滅裂)」
怒り狂うだけでなく男性の見た目も異常、
というか、顔も体も謎の引っかき傷?だらけ。
酷い皮膚病で掻き癖の治らない子供なのか、派手な喧嘩でもしたのかといった感じ。
そして「あら~あら~ごめんねえ~」と、あくまで穏やかな女性。
激怒する男性と微笑む初老女性、吠える犬、グチャグチャの家といった修羅場。
パニックの中、逃げないとダメだ。と判断、機会を伺うA。

男性が「あああ!ビール買いに行くからお前も来い!」
と先に外に出たのをチャンスと、機会を伺って逃げてきたそう。
ダッシュで住宅地を抜けて、携帯でお店に電話、救出してもらった。
「何もかも怖かったけど、一番怖かったのはあの女の人だった…」そうです。
今でも何もかもが不明で不可解だそうです。