おかしな人々

  • Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly

浮気

640:2012/02/20(月) 15:55:18.89 ID:
O
携帯からスンマソ。自分も修羅場だったけど、
相手の方がもっと修羅場だったろうなあと言う話。
私子 当時二十代前半 饂飩屋勤務の調理師。たまにホールも手伝う。
相手 大人しそうな奥様四人。
店の場所柄、ランチ後半の主婦の方は珍しい。しかも全員釜揚げ饂飩注文。
他のお客様は三組ほどのまったりな空気で、茹で上がった釜揚げをお持ちした。


318:2012/02/17(金) 19:17:42.67 ID:
0
半年前の出来事。最近ようやく心が落ち着いたので投下します
フェイク有りです

私  20代後半独身
A子 私の同僚 20代後半独身
B子 私の同僚 20代後半既婚

先生   30代前半
先生嫁 パート主婦 30代前半

年の近い会社の同僚三人(私 A子 B子)で、ある習い事を始めた
昼休みが二時間近くあるので、それを利用して週一で通ってた
場所は先生のご自宅(2LDKのマンション)。
その習い事は年配の方が多くて我々は最年少、歓迎してもらえた。
自宅に入るという事に緊張したけど、私達が行く時間帯は
私達と先生の4人しかいないのである意味気楽だった。
先生嫁はいたりいなかったり。いても出てこないので
どんな人か分からなかった。

一ヶ月くらい経った頃、先生お部屋が様変わりしてきた。
今までは普通のシンプルな部屋だったのが、ピンクフリフリっぽく。
更に先生と嫁の写真がどんどん増えていく。結婚写真などもう
あふれんばかりあちこちに。なんか香水の匂いもして乙女仕様。
先生は気まずそうだったけど、まあ趣味の問題だし気にしてなかった。

三ヶ月経った頃B子が辞めた。
既婚な事もあり、他の年配レッスン生と一番親しくしていたので
先生やお稽古の情報も持っていた。寂しかったし引き止めたが、
なんか口を濁しながら、ごめんね…としか言ってくれなかった。


238:2012/02/16(木) 20:55:14.94 ID:
0
連絡なしに休んだA係長の携帯に電話してみた。
「母が亡くなった。立て込んでいて連絡できなかった。慶弔休暇を欲しい」
「通夜・葬儀については後で連絡する」
そのままいくら待っても連絡が来ない。携帯にもつながらない。

会社も弔電やご香典やいろいろあるので困ってしまい、とりあえず香典を用意して
俺が自宅に様子伺い兼ねて行ってみることになった。
A係長のお母さん、死んでませんでしたw 先に香典出さずによかった。

事情を話すとA係長のお母さんも奥様もびっくりして、
心当たりに電話しまくったところ浮気相手と旅行にいってたことが判明w
居合わせた俺、般若のような修羅のような女性2人の間でいたたまれず、
といって逃げもできず
身の置き所がないというのはああいう状態をいうのだと思い知った。

いい大人がもうちょっとばれないような嘘をついて欲しかったな
という思い出話です。


310:2012/02/17(金) 18:57:55.73 ID:
0
10年位前のこと。
バレンタイン前夜に本命彼氏にフラれ、
せっかくの手作りチョコがもったいなくて
既婚上司にあげたら、ホワイトデーに奥様手作りの
超激ウマかつ豪華なケーキが返って来た。
プロ顔負けのあまりの旨さに、
ことあるごとに上司に贈り物(お中元とか)をしては
奥様のケーキをお返しにください!と言っていたところ、
上司にモーションかけてると勘違いされて
ある日突然会社にやってきた奥様に平手打ちされ
髪掴まれて蹴られ泥棒猫呼ばわりされた。


665:2012/02/04(土) 22:58:12.74 ID:
0
昔、友達の離婚騒動と自分の婚約破棄騒動が巻き起こったのが最大の修羅場。
既婚者の友達に「こいつが結婚?生意気☆ミャハ♪」ということで元婚約者を寝取られて
私、元婚約者、友人夫婦と全員の両親との話し合いが最大の修羅場。
ばれて、そこから阿鼻叫喚の嵐だった。
元婚約者父は涙を流しながら鬼の形相で息子を殴り、皆で慌てて止めた。
殺しかねなかった。
友人父も同じ形相で泣きながら娘を殴った。
元婚約者母と友人母は驚く程やつれていて、我が子の悪行に号泣と失神寸前。
友人旦那とその両親は怒りを抑えながら、話を進めていた。

私の被害が一番少なかった。慰謝料だけで済んだから。一番の犠牲者は4歳の友人娘。
被害の様子を聞いて、私達家族まで泣いた。
友人と元婚約者は勘当された。
元婚約者は慰謝料の為に必死になって働いているそうだ。悪行がばれて、クビには
ならなかったけど、左遷された。
友人は共通の友人全員から縁を切られて、慰謝料と養育費の為に身を粉にして働いているそうだ。
馬鹿二人を転落しすぎるくらい追い詰めるのもやばいらしく、寸止めになった。
二人の両親は家を売ってまで、慰謝料を支払おうとしたけど、両親は悪くないから、それはやめてもらった。

友人娘が旦那さんとその両親と楽しく暮らして、無事に小学校入学の報告があったときは
安心して、家族全員で涙した。


383:2012/02/02(木) 11:48:39.83 ID:
0
昨日修羅場った。
トメの浮気現場に遭遇してしまった。
義実家に出産のための保証人だかの書類をお願いしてた。
ウトが書いといたから~って言うので、取りに行った。
いつも合いカギで出入り自由な関係だったから、
いつものように合いカギで入った。
もちろん、1日行きますと連絡した上で。
義実家のリビングで半裸のトメを発見。
てっきり襲われてると思って、鞄を間男にぶつけ、トメを救出しようとした。
トメの腕を引っ張ったことで、
トメ自分もやられると思ったのか「違うの!!」と叫んだ。
トメと間男同時に土下座して「ウトには黙ってて」と言われ、
初めて浮気現場だったと理解した。
とりあえずどうしていいかわからずに、書類だけ持って帰った。
その間のことはあんまり覚えていないが、
お腹が張ったから帰るとか言って帰ったと思う。

旦那にもウトにも言えず、トメからも連絡はない。
さてどうしたらいいのか。
今も修羅場継続中です。
旦那に言うべきか、否か。


801:2012/01/26(木) 18:35:43.32 ID:
0
30年くらい前の話。
当時私は幼稚園。

園にいたら先生に呼ばれて
「お母さんが職場で怪我したらしい。
同僚の人がお迎えに来てるから一緒に行って」と言われた。
裏口に知らない女の人が立っていて、
「おかあさんが大変なの。連れて行ってあげる」と言うので車に乗った。

初めての事態に怖くて口もきけず、
お母さん死んじゃうの?どうなるの?と無言でパニックになっていた。


760:2012/01/25(水) 14:39:29.55 ID:
0
30年位昔の話です。
3歳の頃、両親が離婚のため別居した。
理由は父の浮気だった。
母と私と弟は母方の実家にお世話になっていたんだけど、
父が母に無断&祖母に嘘ついて私と弟を連れ出した。
離婚はしてもいいけど子供は放したくなかった父は、
浮気相手と私たちを連れて県外へ逃亡した。

しばらくすると、どうやら浮気相手が妊娠したらしかった。
子供の誕生を前に浮かれる父に、
「新しいお母さんには赤ちゃんが来るけど、
ママ(母)は私も弟もいなくてかわいそうだよ。 おうちに帰して。」
と、帰りがどんなに遅くとも起きて待って、
かっとなった父に殴られてもお願いし続けた。


352:2012/01/13(金) 18:03:01.42 ID:
0
従兄弟の彼女に浮気相手と間違えられてビンタされました。
従兄弟は本当に浮気をしていて、
今日、彼女と浮気相手と直接対決の日だったそうです。


768:2012/01/16(月) 16:01:26.73 ID:
0
もう時効だと思って投下する。フェイク込々で。


ずーっと前に交際してた男。
顔がよくて気前がよくて口がうまくてととにかくもてる男だったが、
何故か私を好きになったようで
猛烈なアピールの結果、お付き合いすることになった。
だけどいざ付き合ってみると、浮気はするわ人の金を盗むわ、
挙句の果てに私が一生懸命貯金して
買った一眼レフを勝手に売り払ってくれたので別れようと言った。
反論もなくしくしく泣くだけだったので嫌気がさして、
さようならを言って彼に背中を向けた瞬間
隠し持っていたらしいハンマーで殴りつけられて意識を失った。
現場はファミレスで、当時は夕食時で子供もいた中だったので
周囲はパニックになったようだが、近くにいた人が
手早く処置して救急車を呼んでくれたため、
一時は危篤に陥ったものの一命を取り留めた。

未成年だったことや真摯な反省の態度を見せたこと、
慰謝料を親が即座に支払ったことなどが考慮されて
少年院に数年入っただけで出てきた。
そのころには私一家は遠くに引越ししており、
元彼一家も逃げるようにどこか遠くへ引っ越したらしく
その後の話を聞くことはほとんどなくなった。
しばらくの間は「僕が働いて得たお金です」
と弁護士を通じて元彼からお金を渡されていたが、
受け取りを拒否し続けていたら
そのうちそれもなくなって完全に消息が分からなくなった。


だいぶ経って、私も結婚して家庭を持った。
子供と一緒にニュースを見ていたら、見覚えのある名前が犯罪者として出ていた。
ニュースでは彼の犯罪の凶悪さを紹介し、
ついでに「学生の頃、この犯人は交際相手に殺人未遂を~」と聞こえたあたりで
あまりのことに失神してしまった。
何があってももう生きて刑務所から出てくることはないだろうけど、
あの頃のことは未だに一番の修羅場でトラウマになっている。