おかしな人々

  • Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly

まったり

952:2012/03/13(火) 19:03:31.36 ID:
0
祖父母は、孫の私から見ても仲の良い夫婦だった。
特に祖父が、天然風味の祖母にベタ惚れ。
明治生まれのかくしゃくたる厳しさを持ちながらも、
祖母をいつもエスコートしていた。
そんな祖父が寝たきりになった時、祖母はいつも、隣に寄り添って話しかけていた。
祖父はもう言葉もわからくなっており、
自宅で寝たまま、死を待つばかりだったんだけどね。

ある朝、いつものように
「おじいさん、おはよう。今日は良い天気だよ~」と話しかける祖母。
その瞬間、目を開いた祖父。いつもの眠たいような目ではなく、ぱっちりと。
「あら、おじいさん!今日は気分が良いんだね?良かったね~!プリン食べるよね?」
と、ハイカラな祖父が大好きなプリンを、口を開かせせっせと食べさせる祖母。
…が、なにかおかしい。飲み込まない?と不安になった祖母、
息子(私の父)を呼んでみた。
「おじいさんがプリン食べないんだけど…」と、言われ、
「どれ?」と父親の様子を見た息子、仰天。

「おばあちゃん!おじいちゃんは気分が良いんじゃない! 
瞳 孔 開 い て る !!」

それから一気に修羅場。必死に胸を押す父と息を吹き込む祖母。
主治医に電話する母。 身内がやる人工呼吸って、辛いらしいね。
諦めるタイミングとを図るのがね。
どんなにもうダメだと思っても、永遠に続けたくなるらしいね。
両親と祖母が言ってた。
主治医が来るまで粘った3人は「あれほど辛いことはなかった」
と、話していたよ。

お通夜の時、その悲しい話を黙って聞いていた我が姉がひとこと。
「う~ん、でもさ。誰が一番修羅場だったって、実は、祖父なんじゃない?」
………確かに!!瞳孔が開いていたから意識も苦痛もなかったと思うけど、
いまわの際に、愛妻から口にプリン突っ込まれたおじいちゃんが一番の修羅場だ!!
もうね、そう思うと、94歳での文句が付けようのない大往生だったこともあり、
家族全員で泣きながら大笑いをしてしまったよ。「おじいちゃん、お疲れ様!」って。
祖母も笑ってた。顔を涙でクシャクシャにして「私ったらねぇ…」と。
でも、そんな祖母が好きだったんだ、祖父は。いつも笑っていたんだ、愛おしそうに。

…祖父が亡くなって早10年。実家では、祖父の仏壇にプリンだけは供えませんw


611:2011/08/04(木) 10:16:38.60 ID:
0
じゃあ、ストーカーつながりのプチ修羅場を。
当時私は高校生。一応女。
でも、体育会系バリバリで日焼けはしてるし紙は短いし足は太いし
出るとこ出てないんで暗がりで見れば男に見えなくもない。
ここまでが前提。

私の日常のスケジュールは部活が終わると整骨院に行って膝の治療
その後家に帰って5キロばかりジョギングというパターンだった。
ジョギングといっても全力疾走だったんだが。タイム測ってたし。

で、ある日整骨院に行ったところ、警察さんと小学生くらいの女の子
とお母さんがいた。院長にどうしたのか聞いたところ女の子、塾帰りに
ストーカー(当時は痴漢といわれた)に追いかけられてるらしい、ここの
患者かもしれん、場所はどこどこで背格好はこのくらいの男らしい、
ってこと。心当たりない?って聞かれたんだけどさ。(面通し?もかねて
たのか?今はそんなことしないと思うが)
まるっきり私だよ、それw

ま、大体同じ時間に走ってるし全力ではあはあ言いながら走ってるしw
思い返せば確かに何回か、前に自転車がいたなあ・・・・って話して
奥でジャージに着替えて私をみてもらった。

その後その女のこの家の家族と仲良くなって彼女は私の義理の妹に
なりましたとさ。
披露宴でその話をされた時は軽く死ねたけどね……


969:2007/01/31(水) 09:37:22 ID:
去年の年末の話なんだけど
うちの嫁は携帯持ってるけど持ち歩かない人なんだけどね
いきなり携帯もって出社したのよ
コレは怪しいと思ってさ、家戻って珍しく充電してる携帯を
隙を見てチェックしてみた
携帯ロックなんて嫁分からないから普通に見れたんだけど
そこに知らない名前が登録されてて


257:2006/01/22(日) 01:22:29 ID:
嫁さんの行動が怪しかったので後をつけると・・・
なんと俺の実家に行っていた、後日一人で実家に
帰り俺の母親に聞くと料理を習いに来ていたみたいだ
自分が料理下手だから習ってたんだって