おかしな人々

  • Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly

  • カテゴリ:
514:2008/08/29(金) 20:37:32 ID:
もう去年の話なんだけど家庭菜園がらみで嫌な思いをしたので投下。
もの凄く長くなりそうなんで分けます。フェイク添加済みです。

我が家の隣に30坪ほどの土地がある。
近所のAさん所有で定年退職後趣味の菜園を楽しそうにやっている。
ウチの物干場兼ねた庭とその土地は隣あわせ、私も庭で少しだけ菜園をしてるので、
Aさんとは挨拶は勿論のことアドバイスを戴いたりと
いい感じでご近所づきあいさせて貰っていた。
ある日遅め出勤の日に洗濯物を干しに出たら、
この時間にはいつもいるAさんがいなくて
30代後半くらいの女性と10歳くらいの女の子が
一心不乱にトマトとかきゅうりをもいでいた。
てっきりAさんの娘さんとお孫さんだと思い、
挨拶をしたらなんか軽くギクッとした顔された。
いきなり声かけたんで驚かせちゃったかなと思い、
後は気にも留めずに仕事に行った。

で、夕方帰宅したら今度はAさん畑に50歳半ばくらいの女性がいて私の方を見てる。
一度も会ったことはないけど当然Aさん奥だと思い自転車停めつつ挨拶をしたら、
いきなりキッ!と顔つき変えて「この泥棒が!!」と叫んだ。
以下、その時の会話抜粋。

「泥棒!これやったのあんたでしょ!」 >夏野菜の方々がもがれた痕を指差し
「ちょ…なんで私だって決め付けるんですか?違います!」
「かえせ泥棒!この(ピー)!!(ピーピー)qあwせ(ズギューン)フジコフジコ」 
>差別用語オンパレード
「話聞いてくださいよ!つーか奥さんそんなヤバイ言葉は家のトイレで呟くだけにして下さい!」
「その籠の中はなによ!?ウチの野菜でしょ!警察呼ぶからね(ピー)!」 

そのとき私の通勤用自転車の籠には枝豆てんこ盛り。
帰りに寄った叔母の家で本日の収穫物をおすそ分けしてくれたから。
その旨を話しても当然聞いちゃくれない。
第一この状況明らかに「李下に冠」でもねーだろ!
私も最初は仰天してたんだけど妙に肝が据わってきて、
こりゃいっそK呼んで貰ったほうがいい なと思いA奥の好きにさせた。


  • カテゴリ:
112:2008/07/26(土) 15:23:34 ID:
古新聞回収後に、ロールペーパーをおいていくんだけど。
それが、最近なくなるって実家の親がこぼしていたら。
お隣の奥さんが専業なので、夕方預かってくれることになったそうだ。

ある日、お隣さんがロールペーパーを二つ持ち帰ろうとしていたら、
ドロママが登場して、あなただったの?
「私が楽しみにしていた。私実家さんの家のロールペーパーを盗んでいたのは・・・・」
と言われたそうだ。
お隣さんは
「私実家さんに相談されて、話がついて預かっているだけですけど。何か」
と言ったらしい。
それでも、ドロママニヤニヤして
「今なら、黙っておいてあげるから、ロールペーパー私に頂戴」
と手を出してきたそうだ。


  • カテゴリ:
168:2008/08/11(月) 10:46:26 ID:
この時期になると思い出す体験を一つ。

家族で海水浴に行ったときのこと。
海の水で壊れたら困るので、
ビデオカメラは車に置いてままにしていたんだけど、
子供があまりにも喜んでいる様子に、
ちょっとだけでも録りたいなぁと車に取りに戻った。
駐車場は階段やスロープを20メートル位上ったところにあり、
戻ってくる最中、海水浴場の人たちの様子がとてもよく見えた。

その海水浴場の名物イベントは、いわゆる「もちまき」の様に、
海産物を蒔いてお客さんに拾わせてくれるというものだったのだけれど、
それがもうすぐ始まりそうだという頃合いで、
夫と子供が手をつないで開始を待っているのも見えた。
階段の残りが結構あって、間に合わないかもと思い、
その場所から望遠モードで録ることにした。

開始と同時に阿鼻叫喚の地獄絵図になって、
海産物はすぐ無くなってしまうんだけど、
夫と子供は運良くウニを4つほど拾うことが出来たようだった。
その他にも見逃されているやつがないかなぁと、
子供にウニの入った網の袋を持たせて安全なところで待たせ、
浜から1~2メートル位のところを探す夫。
ウニのとげをこわごわしながらもつんつんしようとしている子供。
そんな様子を録っていたら、子供に近づく女性が。
あ…と思った瞬間、子供の手から網の袋をもぎ取って行った。


  • カテゴリ:
907:2008/08/07(木) 16:39:15 ID:
昨日の話。
私は結婚一年目の子泣き主婦で、旦那の実家で義両親と同居しています。
同じ町内に義姉夫婦も住んでおり、家族まるごと皆とても仲良くしています。
特に義姉は色々と、慣れない土地で困った事とかない?などと気を使ってくれて、
本当の姉妹の様に接してくれています。

ここから本題ですが、昨日の昼過ぎに近所のCD、DVD,ゲームソフト等も売っている、
大型書店から電話がありました。
電話の内容は、義姉がDVDを万引きをした、
本人が身元保証人&引受人として、私を指名した。
つきましては、今すぐに店まで来てくれませんかとの事でした。

で、受話器を置いた瞬間から頭まっ白。
パニくりながらも両親や旦那に知られたくなくて、
私を指名したんだと勝手に解釈していた。
なので義母には買い物ですと、適当にごまかして
家を飛び出した。店までは徒歩で五分位の距離なのですが、
いつもの倍位に感じました。
店に着くまで頭の中で、「義姉D・V・D!!義姉D・V・D!!」とエンドレス。

そんなかんなで店に着き、事務所に通されたんですが、
そこにいたのはダレダオマエ?

よくよく顔を見ると義姉のママ友だった。
以前、義姉と一緒にいるとこを見かけ、その時に紹介されたんですが、
私とはそれ以降も2,3度会った時に会釈した程度の間柄でしかありませんでした。

お店の人に、以上の事を説明したところ、
応接室みたいな所に通されて謝り倒されました。
で、今度は本当に義姉に連絡するのかと聞いたところ、血縁縁者でないこと、
これ以上私たちには迷惑をかけられないこと、
初犯ではあるが嘘をつくなど悪質であるので、
警察に通報しますと言われました。


  • カテゴリ:
976:2008/07/25(金) 10:11:38 ID:
病気なんだと思う。
脳のどっかに欠陥があって、ものの善悪が判断できないらしい。
と、なんかで聞いた事がある。

「返せばいいんでしょ?」って私も記憶にある言葉だ。
葬式用の黒いバッグを「持ってないからお願い」と持っていった近所のママ
(以前に共通の知人宅に不幸があったときに
一緒に葬式に行って目をつけられたらしい)
一ヶ月たっても返してくれなくて、結局、ヤフオクで売ってた。
警察に盗難届けを出したら、そこで事情を知った旦那さんが泡食って謝りにきた。
(菓子折り一つ持ってwww)
でも、あのバッグは私が結婚直前に初めてばあちゃんと(他大勢親戚がいたが)
海外旅行に行って
ばあちゃんにしても「カバンでこんな値段!」とびっくらこいたブランドバッグだ。
(でも、着物買うよりは安い、ともいってたwww)
今となってはばあちゃんの形見。
泥にもそれを説明して「大事に使って」と念押しして、他のママの前で渡したんだ。
これがなかったらバックレられたかもしれないと寒気がする。
不二家のペ○サブレひとつで帳消しできるともんじゃない。
廃盤で同じものは売ってない。
結局、返して貰った。
(半年かかったけど・・・)

泥は「返したんだからいいでしょ?」と平気な顔をしていて
また、「あれ貸して、これチョウダイ」と行ってくるのが信じられなかった。
周囲のママ友にCOされても「いつまでも些細な事をネに持つ」といってた時には
あれはもう脳の病気だとしか・・・。
でも、今でも、セコケチで有名なママと仲良く(?)2人でカモを探しています。
類友だなぁ、と思います。


  • カテゴリ:
58:2008/07/11(金) 01:31:36 ID:
やっと娘のぐずりが納まって寝たんで吐かせて下さい。
DQ返しですが鬱積貯まってたんで。

日中、風通しの良い北側の窓を開けてます。
外開きの出窓なんで網戸もついてない開放のみの明かり取り用の窓なんだけど
そこは家の裏側なんで、通りからは開け放ってても見えないので。
腰の高さの出窓なんだけど、
窓際に置いたぬいぐるみや小物がここ最近よくなくなっていました。
風で煽られて落ちたのかな?とか思って探してもないし
不思議だったんだけど、気味が悪いから出窓には物を置かないようにしてました。

先日、洗濯した服にアイロンをかけようと思って
その部屋でアイロン台の用意をしてる時に
ついうっかり出窓の部分に置いた時に、ふと見ると手が。
え!?と思って慌てて服を引っつかんで窓の下を覗いてみたら
裏の奥さんがしゃがみ込んで腕だけ伸ばしてました。
びっくりして、何してるんですか!と叫んだら、
窓から服が落ちてたから拾ってソコに置いてあげただけ、と。

でも、裏のお宅とは間に高い柵があるし、その窓の下に来るには
うちの玄関側から細い横庭を通って回ってくるしかないので明らかな不法侵入。
勝手に入らないで下さい!と言ったら、
親切に拾ってあげたのに怒鳴られるなんて!とブツブツ言って帰っていきました。





  • カテゴリ:
254:2008/07/12(土) 15:10:01 ID:
携帯からなんで改行変だったらごめん。
泥ママにベビーカー盗られかけて警察沙汰になったよorz
まとめるの苦手なんで箇条書きでごめん。

・公園に長女(5歳)と次女(1歳7ヶ月)を連れて行った。

・砂場で遊んでいた娘に「帰るから手を洗っておいで」
って言って水道の所に行かせたら、「(蛇口が)固くて水が出ない」って戻って来た。

・日陰になるベンチの前に次女が乗ったベビーカーを停め、
長女と一緒に水場(ベンチから15mくらいの距離)に向かった。

・長女に手を洗わせていたら次女の泣き声が聞こえ、
振り向いたら知らない人がうちのベビーカーを押して出口に向かっていた。

・誘拐かと慌てて追い掛け、捕まえたらベビーカーには余所の赤。

・次女はベンチの下に寝かされていて、ママ友と長女が気付いて見ていてくれた。

・泥ママが「これはうちのベビーカーだ」とふじこるも、
ベビーカーには記名済み+乗せていた私のバッグから免許証。

・あまりにも「ふじこふじこ」で話にならないので警察沙汰に。
泥ママとママ友は警察へ、私は長女と次女を連れて病院へ。

・病院で検査して貰ったところ、幸いにも次女に怪我等は無かった。

ベビーカーと子供から目を離しちゃいけないと痛感したよ。
今から警察署にいってきます。


  • カテゴリ:
455:2008/07/14(月) 04:08:58 ID:
高校の頃、違うクラスだが同級生で違う部活だったけど、
部室が近いこともあり仲良くなった女の子Aがいた。
とても明るくて良い子だったけど手癖が悪かった。もちろんその時は知らず。
色んな部室内での財布紛失が相次ぎ、
万引きの常習犯だったらしいそのAが犯人との噂が。
私はそんなことをする子ではないと思っていたので信じていた。
しかしその後、Aのクラスのパソコンの授業中に先生の財布が紛失。
あれよあれよという間にカードから120万おろされたらしく
(暗証番号をナゼ知っていたかは不明)
警察沙汰になった。捕まったのはA。
その先生とはかなり仲が良かったらしく先生はショックで退職。
その子も退学になった。
それを気にどこかに引っ越したらしく二度と会うこともなかった。

いったん切ります。



  • カテゴリ:
982:2008/07/10(木) 23:53:35 ID:
buta切ります。本日撃退した話。

家の近くのコンビニで働く母子家庭ママは、数年来のお友達。
同じ年に出産して今年から同じ保育園に通うようになった。
今週、保育園では水遊び開きがあって、先週末一緒に子供の水着を買いに行った。

今日お迎えの時間、何かクラスが騒がしい。
見れば、コンビニママともう一人の泥田(仮名)さんが何かもめている。
何の気なしに声をかけたら、コンビニママが私の顔を見るなり泣き出した。
二人の言い分を聞いたところによると、
・コンビニママと泥田さんの子は同じ荷物入れ棚を使っている。
(一つの棚を二人で左右分けて使うようになっている)
・コンビニママがお迎えに来たらプールバッグの中に巻きタオルがない。
 泥田さんの鞄を何気なく見ると同じのが入ってたんで、
 先生が間違ったかなと思い、確認のために取り出した。
・そこへ泥田さん到着。人の鞄を云々、これだから母子は云々、
 この巻きタオルは泥子ちゃんのもの、勝手に泥棒するな!と主張。

で、ここまで聞いてなるほどな、と思った私。
その巻きタオルにコンビニ子の名前が書いてあるが、
それはなぜか、と問いつめたら、「出したときにコンビニママが書いた。
うちはうっかり自分の名前を書き忘れてただけ。」
ほお、そうですかそうですか。
もうこの時点で私笑い出してたと思う。


  • カテゴリ:
201:2008/07/12(土) 03:26:00 ID:
昨日の出来事です。

うちは賃貸マンション住まいで、
玄関の下駄箱の上に旦那が福引で当てた招き猫の貯金箱
(高さ30cmくらい)が置いてあります。
私は買い物の度に財布に残った小銭や、
集金の時のおつりをその中に入れるようにしていて、
ある程度溜まったら子供の口座に貯金しています。

で、昨日は郵便局に行く用事があったのでついでに入金してこようと思い、
そのまま玄関先で中身を開けて小銭を数えていたのですが、
そこに階下のAさんが回覧板を持ってきました。
(うちの長女とAさんの長女が同級生)

A「あらたくさんあるのねー」
私「小銭貯金してるんですよー」
A「いいわねーちょっと分けてね」
私「は???」

次の瞬間Aさん「ありがとー」と言いながら小銭を鷲づかみ&ダッシュ!
「ちょっ、待ってー!!」と追いかけたけどAさんは既に見当たらない。
階段を駆け下りる音と、バシーンとドアが閉まる音がしたから自分ちに戻った様子。
(うちは角部屋で、Aさんはうちの真下)
そのまま追いかけようと思ったけど、家の中に2歳の次女を置いていくわけにもいかず、
一旦家に入り、子供を連れてAさん宅に行きました。
Aさんはチャイムを鳴らしても、電話しても反応無し。
私もだんだんイライラしてきて、つい「Aさんいるんでしょー、返してください!」
と声を上げながらドアをノックしてしまいました。