おかしな人々

  • Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly
しばらく更新を停止します(*- -)(*_ _)ペコリ

クレクレ

278:2012/09/10(月) 11:10:01.29 ID:
豚切りすみません。
色キチに遭遇したので報告させて貰います。

こちら5歳児の息子と2歳児の娘持ち。
南の島出身で濃い顔立ちの旦那に激似のため、2人ともハッキリとした顔をしている。

ある日、子どもたちと一緒に児童館で遊んでいると
知らないママ(以下キチママ)から話しかけてきました。
最初は世間話など比較的穏やかに話していましたが、段々おかしな方向へヒートアップ。

キチママの話を簡単にまとめると
・あなたの息子ハーフだよね!?
・どことのハーフ?アメリカ?ヨーロッパ?良いな!良いな!
・勇気くん(仮名)なんて外人っぽくないわ!ダサいし地味だし!
・そうだ!姫と結婚したら私が親になるわけだから、
私がかっこいい名前に改名してあげる!感謝しなさい!
・旦那さんにも挨拶しなくちゃ!今からあなたの家に行って、
お酒でも飲みながら旦那さんの帰りを待ってましょう!
などなど('A`)ウヘァ


529:2012/07/30(月) 17:39:58.96 ID:
長く書き込めないんで細切りで、

自分19歳♀、犬11歳♂、毛艶がすごくいい。
で、その犬を庭に放してた、おトイレと日向ぼっこ。
すると、小学校高学年ぐらいの男の子を連れたお母さんが、庭の前を横切っていった。
と、思ったら戻ってきて、庭でチョウチョ追いかけてた犬を見てお母さんが一言。

「あなたの犬とうちの子、交換して欲しいんだけど」


343:2012/06/26(火) 20:45:37.42 ID:
子供の頃からの親友がキチガイママに絡まれたので書きます。

私、20代、親友Aちゃん子持ち20代です。
フェイク込み&忘れた所&文才がないので辻褄が合わなかったらごめんなさい。


2ヶ月前になりますが、親友のAちゃんからメールが来ました。
怯えた様子で
「家電が30回ぐらいずーと鳴りっぱなし、
旦那も今日は居ないし知らない番号で取るの怖い」
と・・・
時計を見ると、もう夜の11時を回っていて電話は非常識といえる時間帯だった。
「怖いなら無視がいいかも、もしかして間違い電話かもよ」とアドバイス。

「あっ、止まった。」とメールが返ってきたので安心して就寝しました。
Aちゃんは幼稚園からの親友で今も仲良くしてて、
昔から頼る性格でいつも困ったことがあると連絡してきます。
子供のころは、何も言い出せない内気な性格でした。

翌朝、Aちゃんから携帯に電話があって
昨日の電話のことでAの実家から連絡があったらしい。
「昨日の電話、中学の同級生のBからみたいで、実家の父が教えたみたい」
「卒業アルバム見てて懐かしくなったので、A実家に電話したって話だった。」
「私ちゃんはBって覚えてる??そうそう、頭がめちゃ良くて優しかった子」
「でもさ、Bって夜遅くに30回も電話かけてくるような非常識じゃなかったと思うんだ」
「それに一度、勉強見てもらった記憶はあるんだけど遊んだ記憶はないし・・・・
本当にBなのかな?」
中学校だともう20年数年前、性格が変わっててもおかしくないけど、
遊んだことがないBが連絡してくるってありえるのかな?
と二人で相談してると、
「あっ、また昨日の番号からかかって来てる。ちょっと出てみるね」とA


203:2012/06/25(月) 02:22:01.09 ID:
眠れないし流れ変えるためにも。
内容が内容だから叩くなら私を叩けー!的な気持ちで吐き出す。

私と旦那は私の病気の関係で学生結婚な上約10年位(病院への)通い婚みたいな状態で、
一年前からやっと二人で暮らせる様になった。

離れてた期間が長かったので割と一年経っても新婚。って感じの生活をしてた。

そんなある日、知らない子連れの女性が訪ねてきた。


274:2012/06/25(月) 16:06:30.52 ID:
10年くらい前、一度だけキチガイママに遭遇した事があるのを思い出した。
多少あやふやな部分もあるけど御勘弁。

とある理由でダンボール一杯の手拭いが手に入った。というか押し付けられた。
場所もとるしどうするか?と悩んでいたら図書館で
「手拭いで作る小物と子供の和装」みたいなタイトルの本を発見。
さっそく子供に甚平を作って着せていたら、Aさんに褒められた。
最初は面白い柄で素敵ね、
くらいの変哲のない賛辞というか世辞みたいな感じだったのが、
手作りと知ると態度が変わり遠回しクレクレに変身。
しかし全て「ミシンが無くてもできますよ」
「まだ手拭いは余っているんで差し上げますよ」
「○○図書館の××というタイトルの本ですよ」でスルー。


186:2012/05/27(日) 00:03:14.84 ID:
文才ないので箇条書き

【セコケチ案件】
・子供の誕生花と名前をデザインして貰って焼印を作って貰った
・端革に押してタグを作り、子供の園グッズや着替え等に付けた
・作ってクレクレ→キチママ子と名前が違うじゃんpgrと無視

数年後

【キチママにグレードアップ案件】
・キチママ第二子(男)誕生
・私子(女)の名前を付けた
・作ってクレクレ→誕生花が違うじゃんpgrと無視
・役所に誕生日間違えたと凸(相手にされず)
・家の子の園グッズのお古をクレクレ→とっくに処分済
・怒りに燃えたキチ、家から焼印を持って行こうとしたが、
 我が家のペットにビビり未遂

ちなみに焼印は15000円で作れる事を教えてた
書いてみるとプチキチですね


571:2012/04/02(月) 22:27:04.21 ID:
息子が先月幼稚園卒園したんだけどさ、
制服のお下がりくださいって言ってきた年少ママA。
もう他のお宅にお下がり行き先決まってるからごめんなさいね。って断ったの。
その時はすんなり分かってもらえた感じだったのに
数日後から
「Aさんがお下がりもらえないか聞いてみてだってー」って複数人から言われる。
これが制服クレクレか。
直接断っただろうが。人を使うなばかたれ。
公園とかで顔合わせると私に直接言ってこないで、
偶然居合わせたママに耳打ち?して言わせてくる。


129:2012/05/25(金) 10:34:40.42 ID:
先日修羅場スレに途中まで書き込んだのですが、あらためてこちらに。
メモにまとめてありますが、エラーが出るので少しずつ貼ります。長いです。

夫をクレクレされたこと。

実際に夫と何か絡みがあったわけではなく、私が言われただけの話です。
実力行使とか危険なこともなかったので、端から見ればそれほどでもないかも。
ただ、当時の私の気持ちとしては修羅場でした。
記憶もかなり薄れてますし、フェイクとわざと書かない部分もありますので、
おかしいところはご容赦ください。
キチの主張が意味不明すぎなので、
記憶を辿ってみましたが、違っている部分もあると思います。

十年ほど前、娘が幼稚園児だった頃、同学年にキチママが居た。
そこの幼稚園は面倒見がいいぶん月謝が高めだったので、
親の職業欄に医者とか会社社長とか一流企業名が普通に書かれている園だった。
家から近いという理由だけで決めた私のような親も居たけど、
ママさんたちも身なりがいいというか上品で、
きちんとしたスーツ系が多い感じ。
そんななかでキチママ母娘はものすごく浮いていた。
キチママもキチ子もうるさい上に体がやたらと大きくて、
そこにいるだけで「いるー!」って感じの存在だった。
キチ子は乱暴で口も悪くて生意気だし、
キチママもキチ子の自慢が凄くて余所の子をけなすので、
だんだんと周囲に距離を置かれていた。


930:2012/05/23(水) 12:03:57.97 ID:
まとめ見てたら思い出した。
一応これ旦那クレクレになると思う。相手は母方の伯母。

昔から香ばしい人で母の6人姉妹の中でもぶっちぎり。
下から二番目で一番下の私の母は奴隷認定だった。
なので、もれなくその娘である私も奴隷だと思っていた様子だけど
昔から私は気が強くて一切伯母のいう事は聞かなかった。これ前提。

私は普通に結婚して実家から少し離れた場所で夫婦で生活してた。
ちなみに実家のあたりは田舎で身内が固まり伯母も隣町にいる。
初めての出産が難産&色々と事情ありで実家に里帰りした時の話。
ほぼ寝たきりとドクターストップかかってた私に母は色々としてくれた。
栄養のつく食事を作ってくれたり、
家中に真夏だからとクーラー温度管理してくれたり。
そこに呼びもしていない伯母が登場。
まず「贅沢」と我が物顔でクーラー止めて回り、私用の食事を平らげる。
母は奴隷乙で固まって、ともかく孫ちゃんをと孫連れてトイレに避難(おいw)
寝たきりの私は布団に横になったまま伯母の生贄に


468:2011/09/14(水) 21:12:50.46 ID:
今日、クレクレママってモノに遭遇した
私が懸賞で当てた車が納車されたのでちょっと走ってみようかと車に乗ろうとしたら
セコ「○さん、その車、買ったの? お金持ちはいいわねぇ~~」
私「買うなんてとんでもない、破産しますよ。懸賞で当たったんですよ」
セコ(顔色を変えて)「懸賞で当たったってことはタダで手に入れたってこと!?
ねえ、その車チョーダイ!! ウチは生活が苦しいの。○さんは子供いないし、
共働きだし余裕あるでしょ? だから、ね? チョーダイ?」と言って車に乗ろうとする
私(ウチに生活の余裕なんかないですよ)「……は? で、なに勝手に乗ろうとしてるの?」
セコ「だーかーらー この車チョーダイって言ってるの!! 私たち友達でしょ?」
私「私がいつアンタと友達になったって!?」
続く