おかしな人々

  • Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly

人生の修羅場

560:2006/10/26(木) 00:34:27 ID:
誰も居ないのでのんびり投下。
私(大学一年♀)
A次郎(フリーター23♂)
K太郎(フリーター22♂)

私はある地方大学に入学し一人暮らしをしてました。
バイト先で知り合ったA次郎と私は付き合い始めました。
A次郎はその時、K太郎とルームシェアしてました。
しばらくして、A次郎の行動に不信なとこが多くなりました。
ある日、A次郎のとこに遊びに行くとA次郎はまだ居なくてK太郎だけがいました。
K太郎は家にいれてくれてお茶を出してくれました。
何度か遊びに行ってたのでK太郎とは割と仲良くなって居たので
二人でゲームをしてました。


523:2006/10/22(日) 22:31:55 ID:
じゃあ修羅場というかモメごとの話を一つ

今朝友人から電話があって
「彼女が浮気したらしい。彼女の女友達から知らされた。
今から詳しい話を聞きに行くが、一人では精神的にキツイのでついてきて欲しい。」
そんなことを言われ、(興味半分で)ついて行くことにしました。
ちなみに自分は23の社会人、友人は22の大学生、彼女は19の大学生です。

彼女の家に着くと彼女の方も覚悟したような顔をしてましたね。
彼女が淹れたコーヒーなどを飲みつつ浮気に至った経緯などを聞きました。
浮気が始まったのは今年の夏らしく、大学のサークルで知り合った人とのことでした。
浮気相手の方から告白され、彼氏が居ることを隠して付き合ったみたいです。
つまり浮気というよりフタマタですね。


498:2006/10/19(木) 21:17:50 ID:
盛り上がりにも欠けますし、厳密には修羅場ではないですが…

私(22)
友人A(22)
友人の彼氏B(20~21?)

ある日友人と遊んでいると、彼氏が出来たとの報告を受けました。
「良かったね~」なんて祝福しつつ、Aの現在の状態を聞いたりしました。
Aも彼氏にベタ惚れらしく
「Bと付き合ったばっかりだけど、多分近いうちに同棲すると思う」とのことでした。
Aは「親が厳しいので反対されるかもしれないけど、
Bも妊娠したら結婚しようって言ってくれているから
頑張って説得してみる」ということなので私も応援しました。
もうマンションもBが決めているらしく、
後はAが決断するだけということになっていました。


266:2006/10/12(木) 13:50:45 ID:
暇つぶしに、友人(ヤマダ)から聞いた修羅場。
自分の体験談じゃなくてスマソ。

ヤマダの大学の同級生(スズキ)に最近ガールフレンド(not彼女)が出来た。
スズキは、顔は悪くないが内気な性格の性で彼女イナイ歴=年齢のチェリーボーイ。
最近、初めてご近所出会い系で、メル友から仲良くなり、ワクテカになってた。
内気だし初めての異性交遊、
相手の女が年上だったらしく上手くリードしてもらえると喜んでた。
いつか2人で遊びに言って、そんとき告白とか出来たらなぁ…とスズキは夢を語る。

ヤマダは、やっとスズキにも春が来るのかなぁ…とほのぼの喜んでいた。
で、興味はやっぱり湧いちゃうモンで、
スズキに、彼女の写メとか無いの?と聞いてみた。
あるある!結構キレイ系だよ!とか言いながら自慢気に見せてくれたその写メは…



ヤ マ ダ の 姉 (鬼女)


275:2006/10/12(木) 17:37:56 ID:
修羅場だったか微妙なんだけど、こないだ友人と再会して思いだしたので投下。
5年前くらいの話、年齢は当時のもの。

S美=20女
N助=20男、S美彼氏
C太=21男、共通の友人
私=なんか巻き込まれた

四人とも高校の時からの遊び仲間で、
S美とN助は中学の時から付き合ってるという周り中公認の
ラブラブバカップル。
人目を憚らないいちゃつきっぷりが多少鬱陶しい以外は良い友人でした。
遊び仲間の中でもたまたま年が同じだったからよくつるんでいて、
私と三人で遊んだりしてた。
C太はN助がなついてて仲が良く、
S美も私もちょっとだめなお兄ちゃん的に仲良くしてた、
そういう関係の中で起こった話。

S美とN助、ラブラブなのはいいんだけどお互いが嫉妬深く、
喧嘩もなかなか多かった。
で、二人とも私に相談とか愚痴吐きとかをしてくるわけです。
仲裁するわけではないけど、双方の言い分を
聞いて「まあそりゃ向こうが悪いわなー」とか
「そのへんはアンタが悪いから謝っとけよー」のように
アドバイスしてみたり。大概は犬も食わないような内容なので、
すぐ仲直りするような話でしたが。
二人高校は別だったけど、頑張って勉強して同じ大学に入ってもう二年、
ああこのままこいつらは結婚するんだろうなー
なんて周りは微笑ましく見ていました。


※未完
406
:2006/10/16(月) 16:48:10 ID:
>>405 >>404

失礼しました。
改めてトリつけて投下します。
今までの話からまとめます。
僕…大学4年
彼女…大学休学中
後輩女…大学2年
後輩男…大学2年

3年前
同じサークルで知り合い、僕と彼女が付き合い出す。

2年前春
彼女が家庭の事情から鬱になり、一人暮らしの我が家へ転がり込む。同棲開始。

同夏
彼女が精神障害として国から障害者認定される。
双方の親が会合し、とりあえず同棲状態を続けることに。彼女は大学を休学。

昨年夏
多少よくなってきた彼女が、ネットオフ会のため東京へ行くと言い出す。
もちろん大反対するも、共通の友人(女)が一緒に行くとのことで強引に説得される。
行って二日で友人から「喧嘩別れした」とメールが入り、肝心の彼女は不通に。
心配して捜索願いを出すと、次の日ひょっこり帰宅。
「オフで仲良くなった人(女)と一緒にいた」と。
電話してお礼を言い、少し彼女を叱って収める。

続く


61:2006/10/07(土) 00:51:14 ID:
こんばんは、過疎っているようなので若かった頃は修羅場だ!と思った話を。

登場人物
私(A子)
彼(B男)
変な男(C男)
彼のモトカノ(D子)

まず、お恥ずかしいのですが出会いはネトゲでした。
家の近い3人で(A-C)オフ会をしたのがはじまりで
私がB男に一目ぼれ。B男も私に一目ぼれ。C男も私に一目ぼれ。
という、今思えば異性に飢えてた3人組でした。

C男から直接的な告白をされ、あまり男性経験のなかった私は
B男に相談に乗ってもらい、そのノリで私とB男は付き合うことに。

といっても、私は学生。B男は社会人。
時間が合わないので、月に2回ほどあえれば良いほうでした。
そして今思うと精神的にちょっとおかしかったのでしょうが
B男は付き合う直前に
「もし付き合うとしたら、絶対に別れない」とか
「もし別れることになったら死ぬかもしれない」とか
そういう危険な台詞を何回も私に言っていました。

一人で盛り上がってた私は、絶対大丈夫!などと言ってしまいました。
それを聞いたB男は、私と付き合う決心をしてくれたのですが。

B男がなぜそんなに別れることを怖がっていたのかは未だに理解できません。
どうして?と聞いてはっきりとした答えをもらう前に別れてしまったので。


705:2008/01/31(木) 00:22:03 ID:
文才のないおれがケータイで投下。

おれと元カノAの話。

Aが俺の知ってる女友達と温泉旅行に行ってたんだが、
友達の結婚式の打ち合わせで聞きたい事があり夕方にAに電話してみた。

楽しみにしてた旅行にも関わらず、元気のない声でよそよそしい感じ。

この時は「体調崩したのか?」ぐらいにしか思わなかった‥


182:2008/02/09(土) 10:12:27 ID:
男女五人でスキーに行った時の話

俺、男A女A(カップル)男B女Bと言う構成で、
二泊三日の予定でスキー場併設のホテルに宿泊。
部屋割りは男女別。

初日
何事もなくナイター行って、夜に女部屋で飲んで終了。

二日目の昼ごろ
ゲレンデに向かう。
全員でゴンドラに乗り、てっぺんに向かっている最中にカップルが喧嘩を始める。
来るまでぶつぶつ言い争っていたのが本格化したよう。
どうやら男Aは飲んだ後潰れた女Aを放置して、女Bに手を出した上
女Aと入る予定だった家族風呂に女Bと一緒に入っていたらしい
俺と男Bは男二人で飲んでたのに・・・・。

なだめてるうちに頂上に着いちゃったので、
邪魔にならないよう端っこに移動して続行させる。
男Aがグダグダ言い訳をし、女Aがそれを冷たく返すやり取りを繰り返し、
そのうち二人とも黙り始める。
と、女Aがいきなり男Aの背中に回り、勢いを付けてゲレンデの反対方向
林しかない方に向けて押し出した。
結構な勢いが付いていたせいで止まらずぐんぐん降りていく男A。
その先には何も無いのに止まる様子も無い。
彼の姿が小さくなった頃、満足げな様子で女Aはゲレンデを降りていった。
女Bも言い訳しようとしてかそれを追いかける。
ほっとけずに男二人で彼氏の救出に向かい、
ゲレンデに帰ってきたのは夜5時すぎだった。


68:2008/02/06(水) 17:07:49 ID:
修羅場というには甘いかもしれませんが。
二年前に経験した事を書かてください。

私子 20歳 学生
彼男 22歳 社会人
A子 22歳 学生(共通の知り合い)
B男 22歳 社会人(A男の親友)

彼男とB男と3人で呑んでいた時に、1人で呑みに来ていたA子に出会いました。
初対面なのにやたらと彼男にベタベタするA子。
彼男は顔もスタイルも良く、話しも面白いのですごくモテていました。
それに慣れていたので、特に気にせず店を出るまでB男と話していました。

そして店を出る時になって初めてA子が私に話しかけてきました。
「ごめんね、彼とばっかり話しちゃって。友達にならない?」
みたいな事を言われたので、携帯の番号を交換しました。
その後ついでにと言い、彼男とも番号を交換してたので、
そっちがメインだったんでしょうね。