おかしな人々

  • Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly

人生の修羅場

481:2012/03/08(木) 21:42:52.71 ID:
0
流れを読まずに書き込みます。


もう15年近く前の話。
当時、妹が留学のためにアメリカに行ってて、
知らん間に金髪緑眼の旦那まで出来てた(留学なのに…)
「遊びに行っていい?」「いいよ」とのことで、のこのこNYへ。
JFKに着いて、入国審査を終えてゲートを出たら、
ちょうど妹が待っているのが見えたから
スーツケースごろごろ引いて行こうとしたら、発砲音。
ふっと視線を動かしたら、女の人が撃たれて倒れた。
女の人のこめかみ辺りからは血が噴き出て、シン…と一瞬静まった後に、怒号と悲鳴。
犯人が銃をバンバンやりだして、近くにいた人で撃たれる人も出てきて阿鼻叫喚。
人々は逃げ惑い、私も慌てて椅子が並んでいるところの裏に隠れた。
ライフルとかじゃなくて普通の銃だったせいか、それとも単に下手くそなのか、
心臓とか頭に当たる人はいなかったようだけど、
肩とか腹とかに弾が命中してしまった人もいた。
空港の警備(空港警察?)の人たちがやってきて、
犯人とやり合っている間、gkbrしつつもう死ぬかと。
実際にはちょっと離れたところにいたんだけど、本当に怖くて固まっていた。
結果としては、犯人が撃たれて倒れたんだけど
(弾切れもしていたみたいで、ホールドアップしたのに撃ったとか当時言われていた)、
犯人がブッ倒れた一番近くのカウンターみたいなところの裏に妹がいて、
なんでか知らないけど、犯人を妹はチョンチョンと突いたり、
脈を取ったりしていたから仲間とでも思われたか
(後で聞いたところ、死んだのかなーと思って確認したとのこと。
実際には死んでいなかったんだけど、虫の息だったらしい。
ただしその後、結局死ななくて 終身刑となった。原因はよくある痴情のもつれ)
その後、足止め喰らった挙句に警察に連行されてしまった。


449:2012/03/08(木) 16:59:32.67 ID:
0
私が中学生の時、年の離れた兄が結婚。
兄嫁妊娠、産まれた甥っ子はどう見ても金髪ハーフ。
でも色素異常かも、と一応検査。当然婚外子、実子で無い証明を届け離婚。

その後、私は結婚、夫の兄が出来婚しかける。
相手が子持ち×1と聞いていたが、お相手と義実家で顔合わせしてお互いビックリ。
「あっ!!!!!」「@pkjhgfdさ」
子供は第一子の金髪ハーフ君(仮甥・14歳)だけではなく、
黒人ハーフ君、日本人(?)ちゃんの3人。
どう見ても3人とも父親はバラバラ。×1って事は、下の二人は婚外子。
離婚歴があって、子供がいても本人の人間性さえ良ければ問題ない、
と言っていたが流石にドン引く義両親。

義家族を別室に呼んで事情説明。
ただし、今お腹にいる子が義兄の子では無いと言っている訳では無い、と添える。
驚きながらも、お腹の子は自分の子供だと信じたい、と言う義兄。
基本性善説の義家族は、悩みながらも強行に反対する事は無かった。
そこに元兄嫁乱入。
私を突き飛ばし、私実家族を無いこと無いこと罵倒。
私を突き飛ばされ怒った夫が、元兄嫁を取り押さえようとするが妊婦の為、
手荒な事が出来ず手間取る。
その隙に元兄嫁が、夫を置き時計で殴打。夫昏倒。
更に私に時計を投げつけるが、義母が私に覆い被さって義母流血。
義父や義兄が暴れる元兄嫁と乱闘。

気が付くと警察と救急車登場。通報したのは元兄嫁の子供達だった。
元兄嫁は警官や救急隊員にも怪我をさせて、その場で逮捕。
夫は脳が腫れて数日入院して、無事退院。
義母はこめかみを4針縫うが脳に異常無しで、日帰り出来た。
義父や義兄も、割れた置き時計のガラスで数針縫う怪我。
私は4カ月の妊婦だったが、1日入院しただけで無事。


236:2012/03/06(火) 23:05:53.99 ID:
0
三年前に二股かけられて手ひどく捨てられた。
地元で高校の同級生で付き合っていて相手は遠方の大学→就職
就職先で知り合った人と付き合うようになったのになぜか私を切らずに
三年間二股進行だったみたい。

同級生が結婚し出したので同級生仲間で公認だったので
「おまえらはいつ結婚するんだよ。」
とか言われだしそれからは、ほとんど地元に帰って来なくなって
連絡が途絶えある日同級生達に
結婚招待状が彼と知らない女性の名前で届いたそうだ。
同級生仲間から見せられて茫然。携帯に何度電話しても出ないし返信も無い。
一人が彼の両親に聞きに行ってくれたけど、
お相手は就職先に取引先にお勤めのいいお家の
お嬢さんで、私とはもう何年も前に別れたと言ってあったそうだ。
なけなしのプライドをかき集め皆に騒いでくれるなと頼んだが、
同級生は誰一人結婚式に 出席しなかったようだ。
恩師として当時の担任も呼ばれていたが同級生が話に行き
熱血教師だった担任もやり方が汚いと欠席をしたと後から聞いた。

その彼が会社の倒産で地元に戻ってきたそうだ。
ご両親が周りに再就職をお願いしに回って いるそうだが、
結婚の際の話が周り回ってしまって誰も力を貸してくれないらしい。
私は捨てられた際に力になってくれた同級生と去年結婚している。
同級生がたまる同級生親が経営する居酒屋に彼が来て
就職できない愚痴をこぼすそうだ。
今は同級生がきりもりする店なので、
同級生がどうしてあの時にあんな汚いやり方で不意打ちに私を捨てたか聞いたそうだ。
彼は酔っぱらっていたのか、
はかりにかけらば都会のきれいな女性が上に決まっている
と言ったそうだ。そのきれいな奥さんは地元にはついて来てないらしいけど。


83:2012/03/06(火) 01:11:49.82 ID:
0
誰もいないようだし、自分の恨みをこめて書く。
猫好きな人は読まない方がいいかも。
もう10年近く前だし、時効だと思うから書くけど、
うちを挟む両隣の人が、無責任に野良猫に えさをやる人たちで、
うちの庭が猫の通り道兼たまり場になった。多分20匹はいたと思う。
草花は押しつぶされるわ、バイクや車は足跡だらけだわ、
洗濯物の上に乗って毛だらけにするわ、 そうこうするうちにノミ持ち込んだり、
糞残していったり、飼い犬に怪我させたり、威嚇したり、
こちらの生活がまともに送れないぐらいになったので、
家族がノイローゼのようになった。
(猫避けのペットボトル、薬、植物全てやったけれど、数が多くて追いつかなかった)
最終的には家族4人のうち3人が猫アレルギー化。
猫の毛がダメなのに、洗濯物についたり、
家の中に網戸あけて勝手に入りこまれたりして、一年中花粉症のような状態になり、
私は化粧もできないぐらい肌荒れもひどくなった。
深夜に発情か喧嘩かで長時間そこかしこで騒ぐ猫の声に、精神的にも追いこまれた。
もちろん両隣にはうちの惨状を説明して、
「やめてくれ」と訴えたんだけれど、「猫がかわいそう」と 却下。
それどころか、人間じゃない!ひどい!みたいな、被害者っぽくふるまわれ、
町内会長さんとかにもお願いしたんだけれど、そこも猫好きで、
「猫ぐらい…」という言い方。誰も助けてくれない。
せめてノミとりして、家の中で飼ってといっても、
「そんな必要はない」と本当に誰も何もしなかった。

そしてとうとう、うちの倉庫の下で赤ちゃんを生まれた。
こちらとしては発狂。触りたくもないし触れないので、
両隣を呼ぶが、無視された。
「うちの猫じゃないから」という一言で、もうしょうがないと思い、
保健所に 連絡して、ひきとってもらった。
その時のうちの様子が尋常じゃないと分かったのか、近くの野良猫を
(首輪していない)、捕まえられる範囲で捕まえて帰ってくれた。
5年近く、増え続ける猫の前になすすべもなかったうちの家としては、
本当に神様のように見えた。
猫関係の薬や病院代で、毎月何万円も飛んでたから、
猫の鳴き声がしない夜だけでも嬉しかったしありがたかった。


8:2012/03/04(日) 23:48:02.12 ID:
0
新スレだけど書いていいのかな。
最初に書いておくけど、スッキリはしない話だし、真相は分からない。

3年前の話だけど、俺はバイト代のいい、大きめの引越屋で働いていた。
ある老夫婦(よぼよぼしてた)が、ある日依頼してきた。一軒まるごと引越すると、
見積もり出して、オッケーもらって、引越し当日荷物を梱包してトラックに積んだ。
そして引越先にいったら、鬼のような顔をした女性に、「帰れ!」って叫ばれた。
先に到着していた老夫婦は、品が良く愛想が良かったのも嘘のように、
女性につかみかかり、 罵倒しまくってた。
さらにお爺さんの方が、女性の髪の毛をひっつかんで、ふりまわして
地面に投げ倒して、「お前の家じゃねえ! 私達の家だ!」とか何とか言ってた。

俺ともう一人はトラックから荷物降ろすのもどうかと思いオロオロ。近所中が集まって、
「お前らの家じゃないだろ」「ここは○○さんの家だろ」と騒いで、お巡りさんがきて、
結局老夫婦は警察が連れて行き、俺達ポッカーン。女性は顔にかなりえぐい傷が
できていて、血をたらしながら、ボサボサの髪や服もそのままで、
無表情で「申し訳ないです。ご迷惑かけました。
でももう二度とここには来ないでください。お願いです。お願いです」と
何度も棒読みでお願いされたのが、ものすごい怖かった。


959:2012/03/03(土) 15:32:16.51 ID:
0
5年前、深夜に、つきあった当初はまともだったのに、
だんだんと暴力ふるうわ仕事辞めるわ
働かないわ、パチンコばっかりしてるわ、という当時の彼氏に別れ話をした。
けっこう長い間話し、やりなおそう結婚しようと説得されたけど、
拒否しまくってたら、 最後は諦めたようで、
「最後に一緒にドライブして、思い出の海に指輪投げたら諦める」と
言われ、バカだった私はOKしてしまった。
そして車乗ってドライブ中、山に捨てられた。
なぜ海に行くのにこの道なのか、と思っていたら、いきなり車を止め、
窓開けて、持っていた携帯電話をむしりとられ、車外に投げられた。
「何すんのよ!」と降りたところで、急発進・急バックして、帰って行った。
車は、私の車。バッグや財布、家の鍵は車の中。手もとの携帯電話は、圏外。
泣きながら、街灯もなく、通る車もほとんどないようなところを、歩いた。
明らかに野性動物の鳴き声はするわ、暴走族の音が遠くからするわ、
真冬なのに、車内にいたのでコート脱いでて着てないわで、死ぬと思った。
1時間ぐらい歩いたあたりで、通りがかった大型トラックの運転手さんがいい人で、
家まで送ってくれた。家についた時、家に車も止まっていて、
彼の姿はなかったけれど、車の中に置いていたコートは車外に出され、
踏まれたのか、めちゃくちゃ。
部屋の窓は家の中から割られ、ドアもボコボコ。
パソコンもディスプレイが割られてた。
さらに電子レンジやアクセサリーなども無くなってていて、財布の中身も盗られてた。
当時は、腹たってしょうがなかったけれど、これ以上何かされるのも嫌だし、
手切れ金と 勉強料だと思って警察にも言わず、すぐ引っ越した。
ただ引越す日まで、いつ襲撃してくるかと
眠れない日が続いたのも修羅場だった。


※未完
422
:2012/02/18(土) 09:07:10.63 ID:
O
少し前に起こった修羅場

俺の浮気のせいで嫁が自殺したらしい。
家に金は入れない、女だけでなく男にも手を出す。
挙げ句の果てには嫁の妹を無理やり妊娠させたので、
電車に飛び込んだらしい。

朝、嫁と嫁父(チャリで5分以内に住む)に叩き起こされ、
上記の内容を告げられた。
10秒位の間に『あれ?じゃあ俺の目の前にいる嫁はだれだろう?
こいつ妹なんかいたっけ?いたとしても会ったことねーよ。
結婚式位はでてこいよ、妹このやろー。
てか俺お小遣い制だよね?
今は何が起こるかわからないから貯蓄したいって去年金額減らされたよね?
てかお義父さんすみません、こんな格好で。如何せん寝起きなもんで。
ってか、流石に男はねーや。愛してるのは君だけだよマイハニー』
とか、寝起きの頭ですっごい考えたけど、
結局出てきた言葉は「すみません」だった。
徐々に頭が覚醒しだして「えっ?お前生きてるよね?幽霊?」
って聞いて、その頃には嫁も
「ああ、うんそうだよねえ。夢だねえ。なんだろうねぇ。すみません」
みたいに、冷静になってた。

すみません。続きます。


20:2012/02/23(木) 15:22:40.65 ID:
0
中学にあがる前の春休みに、「お前は私の子どもじゃない」と
父に言われた。家族全員(父方祖母、両親、私、弟)そろった食卓で。
それまで、特にそんなの思わなかったし、両親が不仲だとも
感じなかったので、びっくりした。
最初冗談だと思ったぐらい。
しかし父は血液型を持ち出して、絶対私の血液型は生まれないんだ、
と説明までした。(父・AB型、母・O型、私、O型)

父は生まれて血液型を知った瞬間に、母の裏切りを知ったけど、
そんな母と結婚したのは自分だから、自分の家族として育てようと思った。
お前の父親は俺だと思ってもらっていい…みたいな話だった。
何かメンデルの法則習ってショック受ける前に、伝えたかったみたい。
母は「そんな覚えない」「絶対おかしい」と否定したけれど、
祖母も、子どもの私も弟もどうしていいか分からず、呆然とした。

次の日、母が身の潔白を証明するため、父と私を産婦人科へ
連れていった。DNA検査ではなく、血液検査だったと思う。
時間はかかったみたいだけど、私は父の子だった。
AB型とO型でO型が生まれる血だった。

その話から、検査結果が出るまでの数週間近く、夕食で父と母が
一言も話さなかったり、いきなり祖母が泣きだしたり、私は
中学入学準備どころじゃないし、弟も情緒不安定だしで、修羅場だった。
母は20年近く経つのにいまだその話をし、父はその話を
出されると、いまだに母に頭があがらない。


780:2012/02/21(火) 12:53:25.48 ID:
0
小学生低学年のころ叔母に鼠園に連れて行ってあげると
騙されて東京の宗教施設に連れて行かれ修行されられた。

母には「自分の親戚の家に泊まるから子供だけなら連れて行ってあげる」
と嘘。ちなみに旅費もしっかり取ったそうな。

滞在初日からの早朝極寒修行に病弱な私は即発熱&嘔吐が
とまらなくなる。
が、「祈ったら治る!」と病院もつれてってくれずに
毎日、無理矢理修行→倒れる→修行を繰り返す日々。
そして風邪に悪い!と風呂にも入れて貰えなかった。

実際は10日ほどだったらしいが、私には永遠に思えて
「帰れないんじゃないか?」と泣いて過ごした。


640:2012/02/20(月) 15:55:18.89 ID:
O
携帯からスンマソ。自分も修羅場だったけど、
相手の方がもっと修羅場だったろうなあと言う話。
私子 当時二十代前半 饂飩屋勤務の調理師。たまにホールも手伝う。
相手 大人しそうな奥様四人。
店の場所柄、ランチ後半の主婦の方は珍しい。しかも全員釜揚げ饂飩注文。
他のお客様は三組ほどのまったりな空気で、茹で上がった釜揚げをお持ちした。