おかしな人々

  • Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly

人生の修羅場

14:2014/02/25(火) 23:53:53.42 ID:
0
妻が豹変した。唖然として何も考えられない。血の気が引いていくのを感じた。
その時、過去の記憶が鮮明に蘇って来た・・・

数ヶ月前・・・俺はフィアンセとデートの約束をした。
いつもの駐車場で待ち合わせる。
出入り口で女性が佇んでいた。フィアンセだ。
俺の車に気付いた途端、笑顔になって俺を迎える。
フィアンセは嬉しそうに助手席に座った途端、
俺の頬にキスをして腕を絡めて来た。愛おしい。
桜が綺麗な景勝地へドライブに行った。
桜に包まれた山道を走る。良く整備されていて走りやすい。
フィアンセの嬉しそうな顔を見ているだけで幸せな気持ちになれる。
その時、「俺さん、少しスピードを落として頂けませんか?怖いです・・・」
俺は慌ててスピードを落とす。その時、気付いた。
俺にはこれから一生守らなければいけない人が居る。
万が一のことがあれば悲しませてしまう。
深く反省をして、これからスピードを出すのは控えると心に誓った。

続きます。


34: :2014/02/08(土) 15:50:51.11 ID:
0
電車通勤で雨が降って駅で困ってたら14歳の長女が傘もって迎えに来てくれた 
優しくて親バカだが可愛い娘を誇りに思った。 
帰る途中で辺りはすっかり薄暗くなってきたが談笑しながら楽しく帰っていたら 
警察官2名に呼び止められた、
まあオッサンが子供と歩いてたら職質するのは良い事だと思う 
もしも犯罪なら未然に防げるから私は逆に感心した。 
そして警察官の「お二人はどうゆうご関係ですか?」という質問に
「親子です」と答えると 「証明するものはありますか?」と言われて
免許証と財布に入れてる家族写真を出して見せたが 
警察官2人は「ん~最近ね~ここら辺で不審者の目撃が多発してるので・・・」
と言い信じてはいない様だった。 


158:2014/02/13(木) 23:29:21.41 ID:
0
豚を食べれない宗教の彼女とデートしたら彼女の親に殺されそうになった話ならあるぞ
まあ修羅場かどうかはしらんけどなww

去年高校に外国から転校生が来たんだけど
彼女は布で顔隠してて変な感じがしたけど片言の日本語で時間かけて聞いたら
親が2ヶ月仕事で日本に来ることになって
彼女は親を数か月かけて説得して付いてきたらしい。
学校は親のコネで体験みたいな感じで入学したって言ってた、
その彼女は目が綺麗で絶対カワイイと思ってデートに誘ったけど拒否されたw
他の男子も拒否されてたなw
それで俺も諦めてたんだけど休みの日に買い物いったら彼女が居て
俺はチャンスか!?って思って話しかけたら慌てる様に店の外に出て行った。
で何故か咄嗟に彼女の手を握ったら訳の分からん事言って
掴んだ手を思いっきりチョップされた。


534:2014/02/17(月) 13:22:04.40 ID:
0
既婚男です。
高校生の娘が処女でない事が確定した。
風呂場の棚にボディケアのチューブが各種置いてあって
やれ角質取りだの脂肪取りだの塩だのむだ毛取りだの、
家族全員が使う棚なのに恥ずかし気も無くズラリ。
高校生になった頃からその中に
胸を大きくするクリームやらが混ざり始めた。
まあそこまでは良い。俺が口出しする事でもない。
しかしいつしか「陰毛を柔らかくするクリーム」が
その棚に仲間入りした。そんな物あるんだな。
そして、陰毛柔らかくする必要性って一つだよな。
俺は膝から崩れ落ちたよ。まだ17歳なのに。
しかし男親から思春期の娘にそんな事言えない。
いっとくが細かく棚をチェックしてたんじゃない。
見えちゃうんだよ、俺のひげ剃りクリームの隣にあるから。
で、妻に話した。妻はゲラゲラ笑いながら聞き流した。
あんた、絶対に娘にそんな事言っちゃ駄目よ、
見なかった事にして忘れなさいよ、って言われた。
しかし女親としてなにか娘に言うべき事は無いのか。
そんな中でも陰毛を柔らかくするクリームは
日々消費されていて、俺は胸が痛かった。
妻に、娘にそれとなく注意するよう言ったら
逆ギレされた。気持ち悪い事言うな!見るな!ってさ。


787:2014/02/20(木) 23:47:26.52 ID:
0
こっそり投下。初カキコ。
墓場に持っていく予定の修羅場。ていうか誰にも言えない出来事だが,
「王様の耳はロバの耳ー!」ってしたい。
今から3年前のこと。

以下当時のスペック(私以外みんな地方在住)
私 22歳 JD(春から院生)
高校卒業後,実家から出て一人暮らし。長女。兄と弟がいる。
母 パートタイマー。
父 公務員。
義伯父 母方の伯母旦那,公務員。夫婦仲良好
子梨のせいか,私を凄く可愛がってくれてた。


私は大学入って研究にはまってからずっと院に行くと宣言していた。
親には「まあ好きにしなさい。お金は心配しなくていい」
みたいな感じで了承をもらってた。
ちなみに大学にいる間は
奨学金が学費,仕送りが生活費,お小遣いはバイトといった具合。
で,無事志望院にも受かり,バイトと研究に明け暮れていた頃。
母からある通告を受けた。

母「ごめん,お金の工面はしてあげられないかも」
私「うん,そっか(ヤッパリナ)」

正直これはちょっと予想していた私(時々仕送りがなかったりしたから)。
貯金(200万ちょい)や奨学金やバイトで,親から仕送りを貰わずに進学する気満々。
その旨を伝えて,大団円と行くはずが……母が変な親心を発揮した。
「娘(私)に無理をさせちゃだめだ,まだあの子は親の庇護下だ」 とでも思ったのかも。
私に断わりなく伯母夫婦に資金援助を申し込んだ。
ここまで前提。


889:2014/02/23(日) 13:07:20.92 ID:
0
他スレから移動しました。
10年前に結婚、子供が早く欲しかったけどできなかった。原因は不明。

2年前に「浮気相手に子供が出来たので離婚して欲しい」と言われて、
そんなに子供が欲しいなら仕方ない、
自分が浮気に追いやったようなもんだと当時は思い込んで、離婚。
家の取り分より多い額を出してくれたので、それを誠意と受け取った。


最近元夫から
「子供が自分の子でないことが分かったので離婚した、
ついては戻ってきて欲しい」と連絡。
相手の元交際相手の子供で、その交際相手とお嫁さんがヨリを戻したことがきっかけで
問いただしたら相手の子であることを認めたと。



しらねーよバーかという気持ちと未練とが拮抗するけど、もう信用出来ないから
よりは戻さない方がいいと思うが未練はある。


271:2014/02/16(日) 00:19:53.28 ID:
0
22で結婚してすぐに娘ができた
27になった時に義母の調子が悪くなり、同居することになった
仕事も順調に娘も優しい子に育ってくれた
だんだん義父が夫婦や娘の事に口を出すようになったので
その頃から義父と言い争う様になって険悪になった時に
ある日娘の誕生日について大喧嘩になった
娘の誕生日は平日だったので、俺が早めに帰って一緒にやることにしていたのに
義父は、昼下がりから俺以外で外食してお祝いして、大きなケーキを食べていた
何も知らない俺は、誕生日ケーキを買って帰ったが
娘から「おじいちゃんからもっとおいしいケーキ貰ったよ、
    みんな祝ってくれたのになぜパパは私より仕事が大事なんだよね
    こんなケーキ要らない、こんなパパはいらない」
朝起きたら、包装されたままのケーキとプレゼントがごみ箱に捨てられていた
出勤途中も涙が止まらなかった
義父に何度も夫婦のやり方に干渉してほしくない、
それができないなら別居すると話していた
次の日、義父から妻が署名した離婚届を押し付けられて、
「やっと娘の目が覚めた、お前は早く出ていけ」
妻に話をすると父は言いだすと言う事を聞かないから無視しとけばいいと
俺の気持ちに無頓着過ぎて醒めて行ったし、
娘は俺の事を役に立たない、いなくてもいいと言い出すし
悲しすぎて仕事に自分の存在意義を求めるようになった
新子会社の役員に抜擢する話があって、受けると出世するが転勤が必至で
今のままでは転勤するわけもいかずと悩んでいた
俺の誕生日の朝、妻が料理作って待っているから、
早く帰ってきてと言われて帰ってみると、家は真っ暗で
わざとその日に2ヶ月後の義父の退職祝いを俺抜きでやっていたらしい
妻に文句言うと、父もあと20年くらいしか生きないのだから、それまで我慢しろってさ
娘の成長も祝えない、自分の事も祝ってくれないのに悲しくなった
毎朝、俺の食事だけが俺の書斎に用意されて、晩飯も書斎に置かれていた


23:2013/12/12(木) 21:15:20.14 ID:
0
長文すまん。
母親がパチンコで借金作り窃盗で捕まるほどの糞
私は小さい頃からこの母親に殴られ否定されて生きてきた

父親は当然離婚、私と兄弟は父親についた。
ここまでが中学生くらいまでの話。

で、私が母親には言わず結婚することになった


189:2014/01/07(火) 02:30:46.44 ID:
0 ?2BP(0)
今年の元旦の義実家訪問が最悪だったのを吐き出させて欲しい。
長文失礼と先に断っておく。

義父(技術職人)、義母(私、義兄、義兄嫁と同業の大先輩)2人共現役仕事中。
義兄(私の3歳上、勤人)、義兄嫁(私の2歳上、私夫と同歳。自営中)
義兄娘(4歳、じいじ大好き)、義兄息子(8ケ月。全然泣かない良い子)
夫(私の1歳上)、私(結婚2年目、計画小梨。共働き)
義妹(仕事ナニソレオイシイノ?な私の2歳下、独身、義実家寄生中。)

付合ってる時から義実家の人々が私と同業種だと解り意気投合し
盆正月GWの義実家帰省が楽しみで仕方なく、
嫁義実家抗争という言葉すら無縁だった。
今年は義兄家族が2県跨いで年末から帰省、
私達夫婦は電車で1時間かけて元旦昼過ぎに帰省。
晩ご飯の鍋を義母、義兄嫁、私、夫で準備しながら
「義妹ちゃん友達と初詣かしら?」
なんて暢気に話をしてた2時間後に修羅場はやってきた。

義妹を除く全員で鍋をつつき盛り上がってた時、玄関を開ける音がして
リビングの扉を見ると、そこには義妹と義妹に手をひかれ照れっと立つ男があった。
金髪短髪、金ネックレス、金ピアス
白を基調とした柄物のワイシャツ(なんか襟が特徴的だった)
本物かどうか疑わしい下品な感じのモノグラムにLVと金細工?のついたバックル。
例えるならエグ○イルのコスプレを一生懸命した売れない田舎のホスト。
義妹「ただいまー★彼氏つれてきたー★」
真っ先に帰宅に気付いた夫が「おかえりー」と言った直後、硬直。
義妹とその彼氏以外、その場に居た大人達は振り返ると皆硬直。
義兄息子珍しくギャン泣き。
「そうか、とりあえず、まあ、座ったらいいよ」
と夫が私の隣に2人の為に席を作り、気まずい空気の中、鍋再開。


256:2014/01/21(火) 23:43:24.08 ID:
0
父方の伯父二人が糞だった話。
卒業も決まって地元の病院にも内定したので、国家試験前に厄落としカキコ。

親父:アラ還の勤務医
母親:50代専業主婦
俺:27歳研修医予定
妹:22歳国立大生
弟:17歳公立高校生
伯父A:60後半の借金持ち競馬カスチンピラ。
高校出てから首都圏の競馬場近くに住んでて滅多に地元に帰ってこない。
伯父B:60代半ば。高校出てから首都圏に住んでて滅多に地元に帰ってこない。

もう没落したが、うちの一族は明治時代は衆議院議員を輩出し、
県庁所在地の一角に
本家の土地が丸ごと○○町という地名として残っているような家だったらしい。
うちの親父と伯父二人も、塾通いして慶応入るほど金があったらしい。
親父は元々東大医学部志望だったが、浪人しても成績が上がらず慶応入学。
その後某医科大学に編入した。
俺が生まれた頃親父は地元の大学病院で働いていたが、
出身の村から医者が足りないから開業してほしいと言われて開業。
物心ついたとき、ちょうどバブルの余韻もあって結構いい暮らしをしていたと思う。
両親ともに当時のレートからして7桁後半の外車乗ってたし、
伯父Bがクリスマスの度にラジコンやらなんやらって買ってくれてた。

でも俺が中学の時に何かがおかしいと気づいた。
その頃、何故か伯父Bがうちの病院の事務長として就任。
「まあ、親父経営センス無さそうだし、兄貴登場したんかなー。」
とか呑気に思ってた。
さらに俺が医学部落ちて、1浪目の時に今迄数回しか帰ってこなかった伯父Aが帰郷。
うちの一家に生命保険加入を薦める。
しかし俺の契約書の名前をパソコンに入れミスったとかで、
「後で修正しておくからパソコンに入れちゃった方の名前で書いて。」
とか抜かしおった。
しかも明らかに嘘くさい。○太(仮)って名前の太を大とミスったらしい。
契約書に嘘の名前書ける訳ねーだろ!と母と二人で抗議して話は流れた。

一旦切ります