おかしな人々

  • Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly
既婚者の墓場様にリンクを残したままコピペされていますが
同一運営等では御座いません。

更新停止中です(*- -)(*_ _)ペコリ

人生の修羅場

106:2013/02/10(日) 09:51:20.30 ID:
0
豚切りすいません。


人生最大の修羅場、私はトイレで出産しました。
別に妊娠を親に隠して家のトイレで・・・とかじゃなく、病院のトイレで。

もちろん妊婦健診も足しげく通い、両実家にも妊娠したこともも出産予定日もつげ、
夫も妊婦の私をいたわってくれ、職場でも年配のパートさんたちに
「元気な子がうまれてくれればそれで十分よね~」と会話し、
安定期に入ったら虫歯治療した方がいいというから歯医者にも通い、
それはそれはほほえましい妊婦生活だったのに、
まさかトイレで出産するとは自分も想像だにしなかった。

その病院は地方の某総合病院。
陣痛が始まったので夫に連れられて病院に行き、
はじめはちょっとした生理痛?くらいの痛みだったのがどんどん痛くなる。
私は痛みにこらえて夫はおろおろ。
朝は子宮口3センチくらいで
看護師さん「今日の夕方ぐらいには生まれるかな」だったのが
その二時間後には子宮口は7センチまで開いて
看護師さん「あれこれ午前中で生まれそうだわ」に。
あとで知ったのだけど、私の母は安産体質で、その体質は娘にも遺伝することが
あるという、私はまさに安産体質だった。
つまり子宮口がすぐに開いて赤ちゃんが生まれるまでの時間が短い。
(安産っていっても痛いものは痛いけどね)


110:2012/11/06(火) 04:04:40.60 ID:
0
長いので分割します。
公文に関連した修羅場。
母。小学生用の受験塾講師(出来る子用)。
私。中学生用の受験塾講師(出来ない子用)。
妹。高校生用の受験塾講師(出来る子用)。
全員教師免許もって入るんだけど、
塾講師(不労所得があるので週三とか)で働いています。
母と妹の働いている隣県の隣市は偏差値の高い私立もあるし、教育熱心な感じ。
私の働いている市は基本公立中心で隣県と教育格差がある。
隣の件ではやよくある少人数クラス制塾がうちの塾ぐらいしかない。

この塾でものすごいモンペにあった&ものすごい児童虐待を見たのが修羅場。

私が見ていた子で中2で数学1点のA男がいた。
五教科の合計が70点ない。
さかのぼってどこから出来ないのか見たら、算数から出来ていない。
問題集やプリントは答えを写して生きてきたらしい。
そういう風に学校や家で指導されてた。
方針を話し合った結果、英語以前に国語もヤバいので、
公文の問題集と100マス計算をやらす必要があるとなった。あと反復計算プリント。
とりあえず、成績は1点から10点にどうにか上がった。


183:2013/02/11(月) 03:05:56.26 ID:
0
ちょっと記憶が飛んでいる部分もあるとは思うけれど、投下。

私の両親はとても仲が良く、どちらもどちらにべた惚れ状態。
両親は自営業をしていて、職場が車で1時間程度。
いつも母親が早くに帰ってきていた。
母が早くに帰ってくると言っても、仕事に切りがついてから。
そのため、夕食が出来上がる時間までは習い事に行き
安全な時間を確保させてもらっていた。
毎日、色々と習い事をさせてもらえていたことは環境のせいとは言え、
とても感謝している。
私は兄と一緒に習い事に通っては、
覚えの悪い私を兄は「おまえのペースも大切だ」と言っていた。

私の休日(土日)になると、私は自営業先に両親と一緒に行き
両親と一緒に夜に自宅に帰ってきていた。
夏休み、冬休みなど長期休暇はあってないようなもので、
一緒に旅行に行ったのは今でも鮮烈に覚えている2カ所だけ。

自宅は私家族+母方祖母の5人暮らし。
祖母はとても良いまじめな人なのだけれど、当時の私には辛かった。
やはり、親を見ると嬉しく思う年頃だったので
「私の前では違う態度、この子は二重人格!!」といつも言われていた。
みんながやっていたように、家事の手伝いをしてみたいと思い、申し出ると
「私のやり方が気に入らないの!誰に言われたの!!」と、やらせてくれない。
それでも、かって出てみると「ジト目」で見てくる。
家の手伝いは、やってはいけないことだと思った。
「みんなが夕飯のサラダを作った、とかシチュー作ったっていうの、
私もそうやってお手伝いしたみたい」
と兄に言うと「おばあちゃんは大切にしなきゃいけない、
嫌でもおばあちゃんの料理が食べられない時がくる
 それまでは、甘えさせてもらおうよ。
だから、その後は○○(私の名前)の味しか食べれないんだなー」
と言うので、祖母の料理をいただけたり、
家事を目の当たりに出来る風景が、とても誇らしく思った。


749:2013/02/18(月) 21:22:17.90 ID:
0
中学校に入って間もない頃、
イジメという程ではないけど同級生とトラブルになってしまった。

私以外の登場人物
A子:中学入学と同時に他地区から転入してきた。私と席が隣同士。
B子:A子と通学路が同じ。私とは小学生の頃、習い事で面識あり。
C子:B子の小学校からの親友。
D君:B子が小学校の頃から好きな男子。隣のクラス。

通っていた中学校は町内の全部の小学校から生徒が集まる学校で、
山あいの小さな小学校出身の私は、
知ってる人より知らない人の方が多い状態。

でもまあ、それなりにA子、B子、C子と友達もできて、
うまくやれてたんだけど、ある日突然B子から
「D君の事好きなの?!好きなんでしょ!」
とかなりの怒り口調で聞かれた。
どうやら、D君が私の事を好きらしい、という噂を聞いたらしい。
D君については、B子が事あるごとに
「D君カッコいい」を連発していたから苗字だけは知ってた。
ていうか苗字しか知らない状態。
なので
「いやいや、名前しか知らない人の事を好きかどうか聞かれても困るんだけど」
っていうしかないのに、その日から毎日放課後、
バス(私の住む地区はバス通学)の時間ギリギリまで捕まって
「D君の事好きなクセに」だの「付き合えばいいんじゃない?」だのブチブチ言われた。
この間、A子C子のフォロー一切なし。
とりあえず何日かは耐えて行動を共にしてみたけれど、
同じ事をブチブチ言われる面倒くささその他諸々に耐えかねて、
B子たちから離れる事にした。


271:2013/05/27(月) 17:13:12.32 ID:
0
長文失礼。

祖母の過干渉がひどく、私にとっては地獄だった。

おかしいなと最初に思ったのは出しておいた上履きを祖母が勝手に洗った時。
学校では皆自分でやっているので、洗わなきゃと思っていたのに、
TVに夢中の間に祖母が洗ってしまっていた。
自分で洗うからと何度宣言しても隙を見て上履きを洗われる。
こういうのって自分で洗えって言われるもんじゃないの?と思いつつ、
自分でやると言っても言っても聞いてもらえなかった。
成長するにつれ祖母はエスカレート。
母と買った衣類があるのに、祖母は更に勝手に私の衣類を買ってくる。
タンスに勝手に入っている私用の赤い靴下。うんざりしつつももったいないので履く。
さらに増える赤い靴下。趣味じゃなく履きたくないのに増えた同じ靴下10足。
さすがに何でこんなに同じ靴下買ってくるんだと聞いても
「売り切れるといけないと思ったから!」と的外れな返答。


689:2013/06/09(日) 03:33:11.52 ID:
0
深夜で誰もいないようですし
誰かの投稿途中というわけでもなさそうなので、書き込ませていただきます。
長い上にスレ違いだったらすみません。
言い訳にしかならないでしょうが、2ちゃんには初書き込みです。

私の中ではいまだに続く修羅場。
身バレ覚悟です。
といっても、両親か事情すべて話した元彼
あとは全ては知らないけど多少は知ってる友人数名くらいしかわからないでしょうし
彼らにバレてもかまわないって気持ちです。

明日にでも暇な人が読んでくれたらいいんじゃないかと思います


97:2013/12/28(土) 08:49:51.46 ID:
0
文章力が乏しいもので夫との関係が伝え切れないと思いますが
新たな気持ちで新年を迎え再スタートしようと思っていますので
流れも読まずスレ違いかも知れませんが書かせて頂きます。

夫 33歳 会社員
私 32歳 主婦
子無し 結婚5年目

職場関係の親睦会で取引先の社員で出席していて夫と知り合いました。
話していて異性とは違う意味のとても気の会う人だなと思い
メールのやりとりを始めやがて頻繁に会うようになりました。
恋愛感情は無く異性の親しい友人と言ったほうが良い関係で
本当に一緒に遊びに行っている感覚しかなく
信じ難いでしょうが旅行でお泊りしても本当に泊まるだけでした。

職場の同僚や友人からは順調に付き合いが進んでいると思われており
やがてお互いの両親の知るところとなり会ってみたいと言い出し
私も節目の歳が見えてきたし大切な人であることには違い無いと
夫も私も流されるようにその気になり結婚

順調に夫婦生活と言うより共同生活を送っていたのですが
ある日新居に引越し以来部屋の片隅に積みっ放しで
何度言っても片付けなかった面倒くさがりな夫の荷物を
平日の昼間に愚痴りながら片付けていましたところ
雑貨に混ざって電池の切れた古い携帯電話が出て来ました。
好奇心に負けて悪いなと思いつつ充電して見てしまいました。


125:2013/05/26(日) 00:40:54.74 ID:
0
2ちゃんは基本的にROMってたから長文書くのは初めてです。

登場人物
父、(元)母、じいちゃん(父方)、ばあちゃん(父方)
兄弟:①(1番目/自分)、②(2番目)、③(3番目)、④(末っ子)

我が家はじいちゃんの建てた家に8人で住んでいた。
父は根っからの仕事人間、母は専業主婦。
兄弟は自分含めて4人で、自分はてっぺん。
それなりに平和に暮らしていたと当時の自分は思ってた。
家族仲はいいと思ってたし、
嫁姑の激しいバトルなんてものはなかった、と感じていた。

あれは自分が中学生だったとき。
ある夏休みの日の朝、
末っ子の④が「おきて、おかあさんがいない」と言いながら自分を起こしてきた。
言っている意味が分からなかった。
でも、起きてみると母以外の大人が憔悴しきっていた。
家中どこを探しても母がいない。自分もようやく状況を悟った。
家の周りをみんなで探した。母は見つからなかった。
母親の荷物は、必要最低限のものがなくなっていた。

玄関に一番近い部屋に寝ていた祖母が、物音を聞いていた。
未明に玄関を開けて出て行く音がしたそうだ。
夜逃げ、というか蒸発だ。自分で進んで出て行ったのだ、ということが分かった。
いなくなる前日、色々とあったらしい。
自分は兄弟のてっぺんだからということで、父から詳しいことを聞いた。


425:2013/05/30(木) 10:11:24.35 ID:
0
すごく長い上、読みにくかったら申し訳ない。一応メモでまとめてある。

一年前に父が亡くなった。
死因は心臓発作。

父は金にすごく緩く、母に大変苦労させていた。
事業を起こし、大きな失敗をして借金をこさえていたが
技術的にはかなり上位に食い込む実力があったため、
色々なコネでなんとか仕事をして
一般的なサラリーマンよりも稼げていた。
まぁとは言っても借金の返済の方が上回っていたけど。

俺は長男(26)で、次弟(24)と末弟(18)がいる3人兄弟。
一番下の末弟は現在高校生でもうすぐ受験。

持ち家は土地が母と祖母名義、建屋が父名義で両方共に抵当に入れられていたため
母の土地をなんとか残す?ため、父と母は離婚。
父はその後、自己破産か何かをする予定だったらしい。
これは母からの伝聞で詳しいことは知らない。

父の生前は、母は母の土地と父の建物に末弟とともに住んでいて、
父は仕事の出向先に近い場所でアパートを借りて住んでいた。
母も特殊な技術職で、それなりの額を稼いでいた。
それでも父のこさえた借金の一部を肩代わりしていたし、
弟も高校生だしでなかなか厳しい生活だったけど。

俺と真ん中の弟は仕事場が近いこともあり実家とは共に別の所で同居してる。
ここまでが前提。

続きます。


2:2013/09/22(日) 02:31:12.51 ID:
i
携帯からなので改行変かも、すいません。
そして長文です。苦手な人はスルーしてほしいです。

母姉妹は(私母が姉)仲がよく近所同士で一軒家を購入。
二つ上の兄と四つ上の従兄弟と毎日のように遊んでいました。
母姉妹はどちらも仕事をしていたので、
祖母の家で一緒に預かられるのもよくあったし、
一泊も頻繁にしていました。

私、既に小学校低学年だったはずなのにこの頃の記憶が曖昧なんです。

祖母、兄、私、従兄弟の順で川の字で寝ていたのですが、
祖母のいびきが聞こえたら、すぐに従兄弟からの性的ないたずらがありました。
しかしその時、私は性的な行為だとはわからなかったので、
ただ単に睡眠妨害としか思えなく「やめて」とか言ったと思います。

やめてくれなかった、むしろ日を増すごとに行為はエスカレートしていって、
パジャマも、パンツも脱がされた時にようやく従兄弟おかしい。
と子供ながらに理解しました。

その後、母や祖母に助けを求めたか、どうしたかは不明です。記憶が無いので。