• Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly

人生の修羅場

29:2015/07/20(月) 09:51:24.72 ID:
0.net
浮気バレってわけじゃないけど。

当方女。旦那に某サイトでパンツとかブラジャー売ってるのバレた。
正直フリマと同じ感覚だったから罪悪感ってなかったし、バレても許されると思ってた。

欲しいものがあるわけじゃないけど、お金が欲しかった。そのお金は貯金するだけ。
旦那も自分も年収は200万程度だし、なにかの時のために貯めたかった。

体の浮気も心の浮気もしてない。
ただビジネスとして古着を売っただけ。
でもやっぱり嫌なのか。







159:2016/01/17(日) 05:11:38.96 ID:
0.net
修羅場すぎてどうしていいかわからないまま離婚届け今日出します
超簡単に私専業夫会社員、娘中学
出会い系に手を出して家で真昼間からしてたその時の私の状況が
手足ベッド縛られてさるぐつわ、男はその日初めて会ってプレイ中娘帰宅
しばらく気付けず、気が付いたら娘いた。娘動かず私動けずしゃべれず男気付かずでしばらく見つめあう
しばらくして私の様子に気が付いたらしい男が娘発見スマホ持ってるの見て録画してると思ったらしく、
止めさせようと飛びかかった際に娘突き飛ばされ昏倒。動かなくなったの見て男あせったのか私放置で服着だす
娘突然起き上がり、顔面流血で真っ赤。男と私を交互に見てその後絶叫とともに家飛び出す
間もなく付近住民が騒ぎに気付いて家に入ってくる、縛られた私と逃げようとする男発見取り押さえる
しばらくしてサイレン聞こえてきて男タイーホ、娘救急車、私にけがが無いのを確認すると事情聴取開始
なに聞かれたかよく覚えてないけど旦那に電話して帰ってきてもらった気がする
この辺からの記憶が曖昧で気が付くと、家には私しかおらず、旦那と娘がどこ行ったか分からない
携帯も電源が切れてるのか繋がらないメールも返信なし
離婚されるのかな嫌だなとか娘の流血したのも忘れて自分のことばっかり考えてた。
何日か任意で取り調べを受けて、家にいるとある時夫の会社の代理人?という人が訪ねてきた








247:2016/10/14(金) 16:07:08.46 ID:
現在進行形の修羅場
愚痴りたいし聞いてほしい
(少しフェイクいれます)

私→25歳、来年結婚予定で婚約中
彼氏の仕事の時間の関係や結婚後のことも話し合って婚約後仕事を退職
期間限定の派遣の事務で再就職した

再就職先が農家関係や昔から続くお店がお得意様
同じ職場の元からいる事務員さん、Aさん(25歳) Bさん(32歳)と主に一緒に仕事することになった
歳も近いことからAさんとはすぐに仲良くなり聞くところによると2カ月後に結婚式を挙げる、相手はお得意様とのこと
Bさんや会社関係者も式に参列するからよかったらと招待された
予定があいてたし参列することにした
それが1カ月前

式の後日からが修羅場
参列していた得意先の跡取り(A男)が私に一目惚れしたらしい
披露宴の雑談中に話しかけられてそれっぽいこと言われたんだけど婚約中です、って断った
それなのに式の後から会社に口説きにくる
それだけならまだしもA男の親から事情を聞いた課長がよかれと思ってと私の携帯番号をA男に教えた
電話、メールがじゃんじゃか
課長に抗議したら「A男の会社は有名企業(※その地域では)その跡取りに見初められたのは有難いこと。だから文句を言われる筋合いがない」だと
しかもA男一族が会社に来てなぜか結納はどうこうと結婚についての話をされた
















238:2016/10/13(木) 19:28:26.16 ID:
ごめん手がすべった。

子供のころに、家の窓を破って赤い人形が飛び込んできたと思っていたら
実は車にはねられた血まみれの人間だったのが修羅場。


241:2016/10/13(木) 22:20:43.11 ID:
>>238
人形って表現が、光景を想像するとリアルに感じてこわい


242
:2016/10/13(木) 22:24:53.57 ID: >>238
生きてたの?
後始末はどうした?






809:2009/02/06(金) 14:11:18 ID:
よく考えれば誘いうけは良くないな…すまない。

マズメシ嫁と離婚した。
いや、マズメシ自体は我慢できない範囲じゃなかったんだ。
生煮えの野菜も、魚も、肉もレンジでチンすればまぁまぁ食えた。
焦げていれば、その部分を避ければ良かった。
味が濃ければ、飯+水で流し込めた。
味が薄ければ、そのまま飲み込めば耐えられた。
注意すれば逆ギレするから、何もいえなかった。
でも、元嫁のなにもかもに嫌気が差してしまった。

※若干フェイク入れてます。

ある日、隣の若奥さんが里芋の煮転がしをおすそ分けしてくれた。
これが美味かった。涙が出るほど美味かった。今でも覚えてる。
でも元嫁は
「なにこれwwおばあちゃんの味!?見た目今風でも料理は昭和www」
とひたすらpgr

次の日、井戸端会議で若奥さんの煮物が大絶賛されていたらしい。
というか、おすそ分けするにあたり煮物がいいかそのままでいいかあらかじめ聞いてあったそうだ。
(お前、自分で煮物がいいって言ったのにあの態度か…)

コレをきっかけに元嫁の何かのスイッチがON。

毎日嫌がらせの手紙、俺のいない&隣の旦那もいない時間を狙って壁を叩く、根も葉もない噂を撒く(信じている人はいなかったのが救い)
ついで、なんか元嫁のメシが美味くなったなと喜んでいたが


隣 家 に 集 っ て や が っ た