おかしな人々

  • Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly
しばらく更新を停止します(*- -)(*_ _)ペコリ

胸クソ

63:2012/10/28(日) 06:07:24.39 ID:
O
夢を見て涙が止まらないので気晴らしに

長いので二分割

自分が小学校高学年の登下校の際、
低学年の子が「着いてきちゃ駄目だよー」
と生後2ヶ月くらいの仔猫に話しかけている
公園の脇に来たと思ったら
仔猫を公園の脇にあったカゴ(屑入れ用に買い物籠二つ分の大きさの物があった)
を逆さにし、その中へ
慌てて「そんな所に閉じ込めちゃ駄目だよ、家に入れておかなきゃ」と言うと
「この子、お家で飼ってないの。お外で飼ってるの」
どういう事か詳しく聞くと
・母親に飼っちゃ駄目と言われた
・でも可哀想だから家の前の公園で飼ってる
・ご飯はちょこちょこあげてる

そんなんじゃその子死んじゃうよ。
もし君が旅行に行ったら、こんな人懐っこい子はご飯食べれないよ
しかも今は10月。これから寒くなるのにそんな事は仔猫に良くない
と低学年に分かりやすく説明。
じゃあどうしたら良いの?と聞かれ
「うちの家ならちゃんと家の中で飼える。責任持って大事に育てる。
だから、この子連れていって良い?」
と聞いたら「分かった…ごめんね…大事にしてあげて」
と泣きながら言うから低学年の子の分まで可愛がろう!と決めた

まず学校に行き職員室で「
帰りに連れて帰るから学校に置いてあげてください」と言うと教頭が
「ダメです、元の場所に捨ててきなさい」と言った
それに切れて他の先生に家に電話かけさせてくれとお願いし、母親に経緯を説明
母親も「捨ててこいってなんじゃあ!」とぶちギレて今すぐ引き取りに行くと
他の先生も教頭にドン引きしつつ無事母親が連れて帰った

家に帰るとまるで産まれてからずっとこの家にいましたとばかりに寛ぐ仔猫


249:2012/08/16(木) 23:15:52.76 ID:
0
今日の出来事。スレチだったらすいません。
動物虐待系が苦手な人は注意です。

私(高2)の家にはちょっとした庭があります。
一応柵で囲ってあるんですけどまたいだら簡単に入れる感じ。
飼ってるおじいちゃん猫は植えてある木の下が好きでよくそこで寝ていました。
そして今日いつものように私が予備校から帰宅したところ
なにやら庭から子供の笑い声が…。
嫌な予感がしてそのへんにチャリを止めて庭に向かうと
三人の小学生が柵を乗り越えて猫を蹴ったり木の枝でつついたりしていたんです。
一人が逃げられないように押さえつけて
もう一人が蹴って(というか踏んで?)もう一人が棒で顔をつつく、といった感じ。
私がブチギレて「何してんだふざけんなクソガキどもおおぉぁぁぁ!!!!」
と叫んだところ三人はやべーっ!行くぞ!とかいって逃げ出しました。
もう完全に頭にきていたのでなりふり構わず全速力で追いかける私。
もともと私は子供があまり好きでなかったこともあり
頭の中はあのクソガキ共をボコボコにぶちのめすことでいっぱい。
筋肉質で足も速かったので30メートル先くらいで簡単に捕まえました。が、
捕まえるさいに誤って一人の子を蹴飛ばして転ばしてしまいました
(ちょっと膝剥けたくらいでほぼ無傷)
あとの二人は手を拘束。
握力は左手48、右手46あるのでガキがいくら暴れても解けません。

分けます


907:2012/08/06(月) 20:57:01.67 ID:
0
両親を亡くして妹と二人暮らしになった時、
遠縁の親戚の人が通帳を盗みに来たことかな。
首を絞められたんだけど(妹は祖父の家に泊まっていた)
普段温厚な老犬が一人に噛みつき、もう一匹はギャン鳴きして
その騒ぎを聞きつけた近所の人に助けられて事なきを得たけど本当に死ぬかと思った。
小型犬だったんだけど咬まれたオジサンの足と腕には凄く深い傷が出来ていたらしい。
犬が噛みついたことに対して盗みに来たオジサンの家族や親戚にに治療費を払え!
と毎日電話の嵐だったけど、一銭も払わずに今まで来てしまった。
警察に連絡した時も「身内から逮捕者を出す気か!」
と親戚中から責められたしあの時は本当に大変だった…。


276:2012/06/28(木) 22:55:36.22 ID:
0
今から30数年間の修羅場。
当時、私は12歳の中学受験ど真ん中。
塾から帰ると両親が鬼の形相。

「お前、塾をサボって万引きしまくっているんだって?」

と父が私をグーパンチした。
勿論冤罪。
私の鼻血に興奮したらしい母は、父の竹刀を持ち出して私を乱打。
「違う」と言う余裕もなく、私は頭をかかえて丸くなり身を守る。
両親益々ヒートアップ。
私は両手足を縛り上げられ、殴る蹴る、竹刀乱打のサンドバック状態。
ついには、髪をバリカンで丸坊主にされた。
翌日、全身痣だらけの坊主頭の私は、
縛られたまま隣町の文房具屋に連れていかれた。
勿論初めて行く店。
両親は私を店主の前に転がし、2人で土下座。

「この子・・・誰ですか?あの万引き犯はこの子じゃないですよ。
 名前が一文字違いの子ですよ。」

両親、なんだ~人違いか~で満面の笑み。
私は何故か縛られたまま再び車の後部座席に放り込まれ、帰宅。
ちなみにこの時の記憶は、両親の頭からまるっと消えている。

10年前の私の結婚式で、父が
「娘に手を挙げることなく、育て上げました」
とドヤ顔で語ったときは、流石に殺意が沸いた。


40:2007/02/25(日) 08:57:27 ID:
発表会を控えた娘の髪(おだんごにするため伸ばしていた)を無理やり
ぐちゃぐちゃに切ったトメ。
理由は、自分の好み(ワカメちゃんショートボブ)でないから。
娘は顔じゅうに内出血ができるほど号泣。トメはニヤニヤそ知らぬふり。
私に激似の孫がそんなに気に入らないですか。旦那が単身赴任中なのを
いいことに最近エスカレートしています。
トメが泥酔して寝ている間、バリカンでまだら丸刈りにしてやりました。
起きてからキチガイのように大騒ぎしてたけど、ざまあみろ知るかって感じw


6:2012/04/19(木) 00:33:18.07 ID:
結構前の話だけど、思い出して眠れなかったので…
用事があったので、友人Aが娘二人(当時3歳と6歳)を
その間預かってくれるとの事だったので、お言葉に甘える事にした

用事を済ませ娘たちを迎えに行くと、二人の髪型は見事なまでのベリーショートに…
「髪の毛が鬱陶しかったから、美容院につれてってあげた」と…
お代もきっちり請求してきたわけだけど
まず、他人の子の髪の毛を親に許可なく、無断で切るとか有り得ないし
なにより、下の娘は七五三控えてたのになんて事をしてくれるんだと…

もちろんお代は払わないし、上記の事を伝えてCOした
当時6歳長女は、家に帰って号泣
可愛い髪型にしたいという意向をくみ取って、髪の毛をのばしてたのに
何も知らずに、男の子並に短く切られ、ショックが大きかった様子

Aは学生時代からの親友で信用しきってたから、子供たちを預けたわけだけど
娘たちには本当申し訳ない事をしたと思ってる


911:2012/05/03(木) 10:54:17.29 ID:
自分の両親の修羅場
かなり後味悪いし半世紀以上前の話だ

父側の祖父がものすごい毒だった
親父の家族は、祖父、祖母、長男(親父)、長女、次女、三女
祖父は地元で小さい会社だったが経営者だった
祖父は酒を呑んでは暴れ、愛人を作っては祖母を悲しませていた
信じられないと思うが、愛人を家の中に囲って祖母に世話をさせてた
親父は祖父が嫌いで家を出て東京の大学へ
姉妹は家にいたが、祖父に文句を言っても全く意味がなく、
諦めていつも軽蔑してたらしい

そして祖母は悲しみのあまり自殺した

しかも葬式後すぐに祖父は愛人を後妻として家に入れた
その半年後、三女は母を無くした悲しみと、祖父の非道な行いを悔やみ自殺した
あまりの祖父の非道な行いに、次女が包丁を持って祖父を刺そうとし、
殺人未遂で警察沙汰になった
これは地元で一番大きい駅で追い掛け回した為、
かなり昔の事ながら今でもその私鉄では話が残ってるらしい


872:2012/02/06(月) 20:00:38.43 ID:
0
長くて申し訳ないが暇つぶしにでも。当方小梨の既婚男、柔道で食べてる人間。

長年親しくしていた知人の子供が病気で亡くなった。
生まれてすぐに発病して6年間闘病、
ランドセルを祖父母に買ってもらった直後に意識をなくして
そのまま帰らぬ人となった。
5歳まで生きられたら奇跡と言われていた子供だったから、
知人夫婦も知人両親も覚悟はできていたからと
気丈にふるまっていたものの、
実際には精神的にぼろぼろになっていて葬式もまともにできないので
手伝いに来てほしいと頼まれたので俺夫婦で行ってきた。

通夜・葬式は知人宅で行うことにした。
まだ新品同様のランドセルを棺の近くに置いてほしいと知人夫婦に頼まれたので
玩具やノート、文房具類と 一緒に置いておいた。


849:2012/02/06(月) 17:50:14.57 ID:
0
ただただ愚痴+文下手長いのでなので先にごめんなさい。

私:当時小学校6年、父似で大柄
父:仕事人間、真面目
母:美人+ヒステリー
弟:小学2年、母似
Aさん:母の遠縁という男性、会社役員

父が仕事で海外単身赴任。
母が「行かないほしい」と泣くも仕事なのでしょうがなく、
私に「母さんと弟を頼むぞ」と引っ越し。
母のヒステリーが悪化し、私への罵詈雑言も悪化。
家事をしていて忙しいので無視していたら、母実家に泣きつく。
母の遠縁というAさんが「話を聞こう」と家に来る。
母、泣きながら父のこと等を話す。

ようやく落ち着いたと思ったら、学校から帰るとよくAさんがいるようになる。
土日も深夜までいて、子供心にも「おかしい?」と思ったところで
母に「父に言うな。ただの親戚なのに勘違いされる」と繰り返し釘をさされる。


932:2011/12/21(水) 22:59:33.60 ID:
0
全てが片付いたので吐き出し的書き込み・・。

私は生まれてすぐ敗血症になり、新生児期は何度も生死の境を彷徨ったそう。
本当にもうダメかも・・と身近な親戚が呼ばれること数度、でもなんとか生き延びた。
「このヤマさえ越えれば・・」と言われていた時期を乗り越え、容態が安定し、
医者から「もう大丈夫です!」と言われた時。両親や親類の喝采の中、父の母は

「命根性の汚い子ねえ。本当にもう大丈夫なの?私もうすぐ同窓会があるのよ。
行けない理由が孫の葬式だなんて、なんだか年寄りくさくて人に言えないわ」

と言い放ち、両親と絶縁になった。
余談ですが、私はこの話を高校時代になるまで知らず、父の母は
「ひどい事故を偶然目撃してしまい精神を病んでしまった。だから会えない。
事情が事情なので、父方に祖母がいるとか、人に話したりもしないように」
と聞いていました。

高校の頃、父の母が大病し、連絡が入る。ここで初めて真実を知り私はパニックに・・。
父の姉が連絡をしてきたが(ちなみに、父に姉がいたことも知らなかった・・)、
要は過去を水に流して地元に戻り介護をして欲しいという話だった。
両親は当然突っぱねたが、父の姉はしつこかった。
果ては、親がやらないなら孫(私)がやるべき、父実家に住んで大学もそこから通え、
とまで言い出したらしい。自分は足が悪くて無理!の一点張りだった。

ついに電話で父の母と直接対決することにした両親。
私は自室にいたんだけど、父のすごい怒鳴り声が聞こえてきてびびっていた。
私の名前が何度も聞こえてきたのでついリビングに向かってしまったんだけど、
母が泣きながら
「命根性の汚いババアね!もう死んで!死になさいよ!今すぐ死んで!!」
などと叫んでいて心臓止まるかと思った。