おかしな人々

  • Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly

彼女の浮気

※未完
406
:2006/10/16(月) 16:48:10 ID:
>>405 >>404

失礼しました。
改めてトリつけて投下します。
今までの話からまとめます。
僕…大学4年
彼女…大学休学中
後輩女…大学2年
後輩男…大学2年

3年前
同じサークルで知り合い、僕と彼女が付き合い出す。

2年前春
彼女が家庭の事情から鬱になり、一人暮らしの我が家へ転がり込む。同棲開始。

同夏
彼女が精神障害として国から障害者認定される。
双方の親が会合し、とりあえず同棲状態を続けることに。彼女は大学を休学。

昨年夏
多少よくなってきた彼女が、ネットオフ会のため東京へ行くと言い出す。
もちろん大反対するも、共通の友人(女)が一緒に行くとのことで強引に説得される。
行って二日で友人から「喧嘩別れした」とメールが入り、肝心の彼女は不通に。
心配して捜索願いを出すと、次の日ひょっこり帰宅。
「オフで仲良くなった人(女)と一緒にいた」と。
電話してお礼を言い、少し彼女を叱って収める。

続く


705:2008/01/31(木) 00:22:03 ID:
文才のないおれがケータイで投下。

おれと元カノAの話。

Aが俺の知ってる女友達と温泉旅行に行ってたんだが、
友達の結婚式の打ち合わせで聞きたい事があり夕方にAに電話してみた。

楽しみにしてた旅行にも関わらず、元気のない声でよそよそしい感じ。

この時は「体調崩したのか?」ぐらいにしか思わなかった‥


611:2007/12/19(水) 04:28:24 ID:
自分の思いをちょっとぶちまけようと思う。
昔付き合ってた彼女。
すごく人あたりが良くいつも笑顔で友達もたくさんいて。
明るくて俺にだけ少し我儘で、でも大好きだった。
順調に1年付き合い結婚の二文字もちらついてたある日友人から報告。
彼女がラブホにいたと。自分らの方を見てあって顔したんで間違いないと。
半信半擬だがこの友人は嘘でこんなこと言うやつではない。
悩んだが直接聞こうとメールした。
「話がある。時間ある?」
彼女からしばらくたってかえってきた。
「わかった。明日お休みだからいつでも大丈夫だよ。」


68:2007/12/10(月) 00:13:08 ID:
空気読まず投下

俺  20歳 美大生
彼女 20歳 大学生
俺の親父 年齢忘れた サラリーマン

俺と彼女は中学時代からの付き合いで互いの親との親交も厚く
特に彼女とうちの父の仲が睦まじく、
俺がいない時でも父に会いに家に来るほどだった
ちなみにうちは母が亡くなって父子家庭。
彼女が家に来ると母が生きていた時のように父が明るくなるので
彼女と父の仲が良いことに感謝した

美大に進学し、実家からの通学であったが
課題などで作品制作になると大学のアトリエに篭りっきりになるので、
家に帰るのがめんどくさくて
大学や近くに住んでる友達のアパートに泊まる事が多かった
その期間中は彼女ともほとんど会わなくなるが、
連絡はちゃんと取り合ってたし彼女も理解してくれていたので
特別ごねたりすることはなかった


729:2007/11/18(日) 00:51:07 ID:
修羅場じゃないけど俺の別れ話も聞いてくれる?
てるゆき  :俺、22歳、学生
エリ    :俺の彼女、20歳、学生

俺とエリは付き合って二年、俺のアパートで半同棲状態。
エリの発案で、隠し事のないようお互い携帯は自由に見ていいことにしていた。
ある日、俺はちょっとデコメを試してみたくなって、エリの携帯を使って
試そうとしていた。
俺の携帯から送信してエリの携帯を見たら、着信が二件。
もう一件は誰からだろう?と思いきや両方とも俺。
名前の欄に「てるゆきlove」と表示されている。
前に送信したやつを見てなかったってことかと納得し、デコメだけ確認して
そっちは放置した。
その翌日、またデコメを試してみたら、今度はエリの携帯に
俺から三件も着信があった。(このときエリは携帯を置いてバイトに行ってた)
俺は昨日デコメを送ってからはメールを送っていない。
どういうこっちゃ?と思い読んでみたら、
「京都(ここは大阪)は寒いよ~、でもお前のために練習頑張る」
「俺がメジャーデビューしたらお前を迎えに行くから」
と俺が書くわけない内容のメール。しかもこれって浮気のにおいが…。
わけがわからず、もう一度名前欄を見る。「てるゆきlove」俺だよな。
ん…なんか違う。
よく見たら怪しいメールは「てるゆきl0ve(oがゼロになってる)」ではないか!
ちょwwwwなんちゅう誤魔化し方wwwww


299:2007/11/15(木) 16:46:52 ID:
じゃぁお言葉に甘えて
登場人物

A男(俺 29)
X子(俺の彼女 27)
B男(X子の元彼 妻子あり 32、33?)
Y子(X子の親友 27)
Z子(B男の妻 30前後?)

年齢は全て当時

とりあえず前置き。
俺とX子はひょんなことから知り合って、たまに2人で飲んだり、
X子の不倫の相談
(彼(B男)が奥さんと別れるって言ってるのになかなか別れてくれないとか)
とか受けていた。
んでそれから半年ぐらい経ったら、
奥さんとなかなか別れてくれないB男に業を煮やした
X子がB男と別れた。
B男とX子は小さな会社で同じ会社に勤めていて、俺は全然別業種、別の会社。

さらにまた半年ぐらい経って、X子から告白され俺(A男)とX子が付き合うことに。
当時の心境としては、不倫するような女と付き合うことには多少抵抗があったけど、
一緒に居るとまぁまぁ楽しいし、
それなりに話も合うしと思ってとりあえず付き合ってみた。
ついでに俺は転勤で某地方都市に飛ばされて、友達も少なかったし、東京居た頃に
付き合っていた女とも別れてフリーだったことも手伝ったのかもしれん。

まぁこれが後々、失敗だったということになるんだけどOrz


592:2014/07/27(日) 02:08:15.17 ID:
0
深酒して昔思い出したんで書き逃げ

10数年前大学卒業後結婚するはずの幼馴染の彼女に好きな人ができ二股されて別れた
当時就活もうまくいかない自分では彼女バイト先正社員の新彼には勝てなかった
両家揃いの話し合いで彼女有責で別れた

結局就職に失敗、元彼女が新彼と結婚したと噂を聞き
いたたまれなくなり貯めていた結婚資金を使い海外に逃げた
語学学校でできた友人の会社で海外就職、
女友人に「セッ○スはスポーツだ!レッツエンジョイ」
だの誘われ散々満喫し就労ビザ切れで日本に帰る時には3年たっていた

実家に帰ると両親から元彼女の話をされた
あの会議の後に妊娠に気づきすぐに新彼とできちゃった婚した事
生まれた子供の血液型が新彼と会わなく出産後すぐに離婚した事
男性経験2人なので父親は自分だと思う事
後々私家族に迷惑がかからなくしたいので連絡下さいとの事だった

避妊に自信があったので検査しました…結果は自分は父ではありませんでした(笑)
もうあちらさんパニックでした
「んじゃがんばれ」とハグして両ホッペに「ん~まっ」てやって解散した

あれから10数年
先日久々に帰省したときに私母に言われたのですが、
高校生になった元彼女娘さんは私母の若い頃にそっくりだそうです
昔のDNA検査の精度の低さのニュースを聞いて
心がザワザワし昔のその時使ったゴムのは
某紙で作ったゴム(不備があって回収騒動あり)だったかもと今になって…です
特にこちらから何かする事は絶対にありませんが
二股とか浮気とかはこうも長い間ダメージを受けるものかと考える今日この頃ですわ


552:2014/02/17(月) 19:33:22.08 ID:
0
んじゃ俺もカスネタ書いてみっか。

婚約者が俺の親友? ではないな。友達と腕を組んで歩くところを目撃。

大学の先輩が証拠を集めてくれるが、
一応、婚約者と友達が最後までやってないことを確認。

それでも許せず、婚約者を引きずり、
相手両親の家に行って証拠つきつけたら泣いて詫びるし、
俺も次の相手を見つける自信なかったから許す。

昨日、婚約者の寝室で裸の先輩と婚約者に遭遇。

な? カスネタだろ?


394:2014/01/27(月) 23:01:01.08 ID:
0
会社に勤めて2年目に彼女ができ順調な日々を送ってましたが
ある日突然地獄になった話

上記でも書いた様に彼女ができ毎日が楽しかった、
休日にはデートして幸せの絶頂でしたが彼女と付き合って2ヶ月目に地獄に落ちました。
会議があったので先輩に書類の整理を頼まれてソレを会議室に持って行くと
扉の真ん中がガラスなので中が見えました、
彼女が中にいてお茶を机に置いたりと雑用してた様です、
彼女と課長(30代女性)がいて話していましたが少し変な感じがしました
課長が彼女の腰に手を回してるのです、
私は「セクハラ?・・・へ?」と思いましたが
彼女の顔を見ると笑っていて課長の腰に回した手を握っていました。


482:2014/01/10(金) 18:13:51.15 ID:
0
ブサイクで30まで童貞だった俺に美人な彼女が
出来た
共通の趣味が元で会うようになり何度か会って遠出を
するうちに俺から告白してOKをもらえた

それから一年近くしたあるとき彼女の浮気が発覚
相手は俺の兄貴
俺とは違い母親似のイケメンだが性格はゲロ以下
兄貴に問いただすと
偶然買い物をしているときに会ったのがきっかけで
その後彼女の話を聞いているうちに流れで・・・とぬかした
流れでセクロスできるなんてさすがイケメンというか
クズだなと思いっていると彼女が突然叫んだ