おかしな人々

  • Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly

彼氏の浮気

206:2006/10/11(水) 11:03:45 ID:
携帯から投下します。
主な登場人物
A子(私)
B太(当時の彼氏)
C助(B太とは顔見知り)

10年前の高校の時の話です。全員タメ。
とあるスポーツの部活を通して知り合いました。
B太は優勝をするような強い選手で、憧れの存在。
私は生まれて初めての彼氏で、右も左もわからなかったのですが、
B太がリードしてくれて、4ヵ月くらいまでは仲良しラブラブカップルでした。
友人がB太を誘惑したことがあったのですが、まったく動じず、
「A子が大事だから。」
と言っていたような人でした。


619:2006/10/29(日) 08:47:45 ID:
過去の修羅場話。
純だった私は友達の紹介でたまたま知り合った彼にひと目惚れ(は最初で最後でしたが)
し、皆で遊んでいるうちに付き合う事になりました。
最初の頃こそ照れくさくていつも何人かで遊んでたけど二人で会う様になり、
彼の事が好き過ぎた私は周りが何も見えてませんでした。
愛を感じ幸せを感じ、彼は仕事で私は学生だった為会える時間や日数は少なかったけど
会えるのを楽しみにしながら後は毎日電話して・・・
周りから見たら普通のカップルですよね。

それから2年位経った頃、たまたま学校で「ナンパの話」をしてたんです。
私の周りには遊んでる子も居たんで色んな情報聞いてたんですよね。自分は
興味なかったんで遊ばなかったんだけど。
そしたらポロッとある有名なスポットが出てきたんです。
それは彼がいつか男と遊びに行ってきたって言ってた所で聞いた事があって。
で、友達に「そこって男同士でも行ったりするー?」って聞いたら
「ありえなくない?」みたいな話になり・・・
幸せだった時間の崩れ出す音が鳴り出した(始まり・・・


560:2006/10/26(木) 00:34:27 ID:
誰も居ないのでのんびり投下。
私(大学一年♀)
A次郎(フリーター23♂)
K太郎(フリーター22♂)

私はある地方大学に入学し一人暮らしをしてました。
バイト先で知り合ったA次郎と私は付き合い始めました。
A次郎はその時、K太郎とルームシェアしてました。
しばらくして、A次郎の行動に不信なとこが多くなりました。
ある日、A次郎のとこに遊びに行くとA次郎はまだ居なくてK太郎だけがいました。
K太郎は家にいれてくれてお茶を出してくれました。
何度か遊びに行ってたのでK太郎とは割と仲良くなって居たので
二人でゲームをしてました。


68:2008/02/06(水) 17:07:49 ID:
修羅場というには甘いかもしれませんが。
二年前に経験した事を書かてください。

私子 20歳 学生
彼男 22歳 社会人
A子 22歳 学生(共通の知り合い)
B男 22歳 社会人(A男の親友)

彼男とB男と3人で呑んでいた時に、1人で呑みに来ていたA子に出会いました。
初対面なのにやたらと彼男にベタベタするA子。
彼男は顔もスタイルも良く、話しも面白いのですごくモテていました。
それに慣れていたので、特に気にせず店を出るまでB男と話していました。

そして店を出る時になって初めてA子が私に話しかけてきました。
「ごめんね、彼とばっかり話しちゃって。友達にならない?」
みたいな事を言われたので、携帯の番号を交換しました。
その後ついでにと言い、彼男とも番号を交換してたので、
そっちがメインだったんでしょうね。


8:2008/02/06(水) 05:37:14 ID:
眠れないので投下します。
当時
私21
彼23
A子23
付き合って3ヶ月、普通にデートしたり家に行ったりラブラブでした。
いつも通り彼の家でDVD実ながらまったりしてた時、
夜10時くらいかな?ピンポンなりました。
私「こんな遅くに誰だろうね?」
彼「さぁ?友達だったら追い出すよw待ってて」
玄関に向かい扉を開ける音がしました。
聞耳を立ててると女性の声。
女性「誰か来てんでしょ?」
彼「いや!違う!」
女性「いいから入らせてよ」
何やら不穏な雰囲気に固まりました。


935:2008/02/03(日) 16:39:03 ID:
人生最大のショックを吐き出します。

当時(4年前)私20歳、彼19歳。どっちも大学生でした。
彼は一人暮らしで、合鍵を渡されてました。
その日は講義が突然休講になったので、
夕方からの予定を繰り上げてお昼過ぎに彼宅へ行ったんです。
メールしたんだけど返信はなくて、
いつもサイレントにしてるので気付かないのかな、と思っていました。
彼は講義があるって言っていたので、普通に開けて入りました。
ワンルームです。玄関は言ってすぐの台所の向こうは普通に部屋が見えます。
明らかに真っ最中でした。
ちょww浮気かよーしんどいなーと思いつつ呆然としてると、
あることに気付きました。
腰を振ってるのは彼じゃないんです。
なんだか逞しい喘ぎ声が聞こえます。

うっはwwwwwwwwwwwwwwテラホモwwwwwwwwwwwwww

ここで知らん男が私に気付いたようで振り向きました。
凍る男。
とりあえず頭を下げる私。
顔を上げる彼。


908:2008/02/01(金) 20:32:11 ID:
浮気されたのではなくて私が浮気した話。

当時私大学入学直前、彼22歳社会人。

浪人中に、予備校の仲間と打ち上げに行き、
そこで働いていた彼からのアプローチで付き合って数週間の彼Aと私。
そのAと郊外のファミレスで食事してた時、
向かいに座ってる彼の顔が変わった。
ふと後ろ振り向くと腕組みして、こちらを睨み付ける女が…
「ねえこの子ってだぁれー?」と嫌みったらしく言われ、
彼は「んだよ、ただの友達、今相談に乗ってあげてたんだぁ!!」
と非常に元気よく返事。更に聞かれても居ないのに
「疑うわけ?ちょまてやありえんし!」
「今マジでこの子の相談受けてただけなのに、お前すぐ人疑うの止めろよ!」とか逆ギレ。
女の人はこっちを見て
「ねえ、ぽかーんとしてるけど?こいつの言ってる事本当なの?」
私は何て言っていいのか分からず、一瞬口ごもったら
彼が「当たり前だろ、俺が嘘ついてどうするんだっつー話しだろ」と口を挟んできて
「あんたに聞いてない」と一蹴される。
で、そこから完全にカップルの痴話げんかに発展、
(あの時ああだったとか、あの時浮気したとか、友達にこう言ったとか)
「お前の浮気する相手ってほんと同じタイプばっかだね!」との言葉に
私は遊ばれていただけなんだと確信し、涙が止まらなかった。
それを見て彼女が激怒。
「お前いい年してこんな若い子泣かせて恥ずかしくないの!?
最低、死ねクズ。私もうあんたと別れるわ、人生の汚点だわ」
「ちょ待て、別れるってどういう事?はぁー?ちょっと待てや!」


857:2008/01/31(木) 22:34:09 ID:
私も過去の汚点をうpします。
6年くらい前の話。
2歳年下の彼、Kと付き合ってもうすぐ2年になる所でした。
人生二人目の彼氏でしたが、こんなに好きになれる人がいるなんて!!
って思う位彼にのめりこんでいました。
2日と離れたことはなく、彼の仕事の都合で3日間離れた日には
2人共電話で「寂しい早く会いたい」を連発してたくらい。
今思えばほんとにバカップルだったw

そして、私の誕生日の1週間前。
彼とイチャイチャしながら同棲している部屋でビデオを見て
「誕生日プレゼント何がほしい?」
「何を食べにいこうか?」なんて話しをしていました。
夜中の2時過ぎにビデオが終わって、イチャイチャがイチャエロ、になった頃
彼の携帯に着信がありました。
彼の会社の同僚がよく夜中に電話してくるので、その人かな、なんていいながら
明るく電話を取った彼。
「おーおつかれ!」の彼の声に私も「ああ、○○さんかな」って思った。
「・・・?どうした!?」「ちょ、おまえ・・・」
突然、口調が変わって電話をしながら私から離れる彼。
なんかマズイ話しなのかなと思って私も離れて台所のほうにいってたんです。
そしたら、彼が真っ青な顔でコートを羽織って外にでようとしてて。


875:2008/02/01(金) 02:35:24 ID:
投下します。
布団の中なのでケータイでスマソ。




A男
A子。


私と彼、A男は大学の時から友達で、
卒業してからも、ボードに行ったり遊んだりしてた。
そんなA男に彼女(A子)ができ、4人で遊ぶことも多くなった。
A子は、まさに“女の子ーー!!“って感じで、可愛くて良い子だった(この時は)
だけど年下ってこともあり、私とA子は、たまにメールするくらいで、
4人で会うとき以外、あまり連絡とったりはしなかった。

ある日、私が彼と一緒にいる時、
A子から、「A男と喧嘩した」とメールがきたので電話してみることに。
A子は泣いていたので、私たちのところに来てもらって、話を聞くことに。
原因は、A子が勝手に不安になってて、A男がそれに対してうざいと言ったなど、
とかそんな痴話喧嘩。
とりあえずなだめて、A子を帰した。


しかし(今思えば)、その日以来、彼の様子がおかしくなった。


476:2008/01/21(月) 00:18:58 ID:
修羅場っていうほどのものでもないけど投下。

私、25歳
彼氏、28歳

会社で知り合い、回りにはもちろん内緒で1年半ほど付き合ってました。
幸い部署は離れていたこともあって、隠せていたと思います。
結婚話も出てきたころ。ある日女の勘でピーンときました。
それで携帯を見てみたところ、黒でした。

浮気相手は普通に付き合ってると思ってたみたいです。
全く知らない子だったので可哀相と思いつつ、一応アドレスを控えておきました。

それからすぐ別れようかとも思ったのですが、
ギャフンと言わせたくなったので別れませんでした。
彼には転職するからあまり会えないといい、たまに外でだけデート。
2ヶ月後、彼の誕生日にあわせて、
今まであまり会えなくてごめん。
転職決まったし、久しぶりにご飯いこう、お誕生日だしね!と誘って、
そこそこいいレストランへ。