おかしな人々

  • Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly

彼氏の浮気

388:2012/06/19(火) 14:30:06.97 ID:
0
2年半付き合った彼と入籍しようと役所へ行った
そこに彼の会社の同僚の女がいた
待ち伏せしてた
彼と半年付き合ってる、と言いだした
その場で入籍せずとりあえず彼実家に戻り
浮気女と彼の両親を交えて話をした

この半年くらい確かに彼は忙しく、週末のデートはしてたけど
平日は仕事だと言ってあまり会う事はなかった
私は結婚前の最後のモラトリアムと思って友達づき合いに励んでたから
それほど気にしていなかったので裏切られた気持ちでいっぱいだった
そして2カ月ほど前から一緒に暮らし始めていて
当時景気のよかった彼の業種と同じ業種で働いていた私は
夜遅くまで帰って来られない彼に対して何も疑いを持たなかったので
裏切られた気持ちでいっぱいだった


157:2012/05/14(月) 23:10:45.10 ID:
0
もう終わったことだけれど、いまだに思い出すと腹が立つ。

10年ぐらい前、大学時代から5年つきあった彼氏にプロポーズされ、
結納かわして結婚式の招待状まで出したところで、浮気された。

浮気相手は、私と彼氏が所属していた、大学のサークルの後輩。
しかもホテルから電話かけてきて、「今彼氏さん、シャワー
浴びてるんです。今からエッチするんです~」と言ってきたツワモノ。
帰ってきた彼氏を問い詰めたら、あっさり自白して、
「お前よりも後輩の方が俺のことを愛してくれてる」とか
言いだしたので、彼親と自分の親、途中から後輩の親とか
弁護士とかも交えて話合いして、彼と彼親、後輩と後輩の親から
慰謝料もらって破談にした。

私は知らなかったけれど、後輩は大学時代から、とにかく彼に
アプローチしつづけていたらしい。在学中は「私がいるから」と
断っていた彼氏も、マリッジブルーで後輩のアプローチに
のっかっちゃったんだとか。

後輩は最後に私に近づいて、「それでも、私が最後は勝ちましたから!」
とか言われて、腹が立ってしょうがなくて、変な噂にもなったので
新卒で入った仕事も続けられず、ちょっと病んでしばらく。
アル中一歩手前みたいな
ボロボロの生活になってたのが第一の修羅場。


643:2012/04/10(火) 01:08:10.42 ID:
0
人によっちゃたいしたことじゃないかもしれないけど、
自分にとって人生最大の修羅場で、誰にも話せなかった話書くわ。

プロポーズして結納はいつにするか話してた彼氏に浮気された。
相手は私の知りあいで「よりにもよってこいつと!」と
思うような女だった。
というか女から自慢げに「あんたの彼氏とヤった」とバラされた。

当時私は若かったこともあり、浮気を知った瞬間、ぶちんときて、
彼の家に合いカギで入って、部屋をめちゃくちゃにした。

具体的には、靴はいたままあがって、ベランダに出て、
部屋の中や布団の上に硝子片が散乱するように割った。
掃き出し窓の大きな硝子を窓枠しか残らないレベルで割った。
パソコンとモデムとHDDと大事にしてた漫画を風呂に沈めた。
大事にしてたCDは、全部ジャケット踏んでベキベキにして、
CD自体も傷つけたり曲げたりした。
家電の電源コード切ったり、電子レンジでチンしたりした。
トイレのトイレットペーパー全部つっこんで詰まらせたし、
風呂も家電沈んでドロッドロの所にさらにトイレットペーパー
入れといた。洗濯機はタンスにあった洋服(スーツ含)と
洗剤一箱とコピー紙一包み入れてまわした。
最終的に、一人暮らしの数少ない食器を玄関出る前に
玄関口で思いっきり割って、散乱させて入れなくした。
壁にぶつけて割ったので、多分へこんだり傷ついたりしたと思う。
最後は彼の部屋めちゃくちゃにしてる間に見つけた、浮気女との
チューしてるプリクラを玄関のドアにべたべた貼って、マジックで
「浮気野郎死ね!」って書いた。

そして家に帰って冷静になり、訴えられたらどうしようと
思って震え出し、刑務所入ると思って部屋片付けたりしてた。


768:2012/01/16(月) 16:01:26.73 ID:
0
もう時効だと思って投下する。フェイク込々で。


ずーっと前に交際してた男。
顔がよくて気前がよくて口がうまくてととにかくもてる男だったが、
何故か私を好きになったようで
猛烈なアピールの結果、お付き合いすることになった。
だけどいざ付き合ってみると、浮気はするわ人の金を盗むわ、
挙句の果てに私が一生懸命貯金して
買った一眼レフを勝手に売り払ってくれたので別れようと言った。
反論もなくしくしく泣くだけだったので嫌気がさして、
さようならを言って彼に背中を向けた瞬間
隠し持っていたらしいハンマーで殴りつけられて意識を失った。
現場はファミレスで、当時は夕食時で子供もいた中だったので
周囲はパニックになったようだが、近くにいた人が
手早く処置して救急車を呼んでくれたため、
一時は危篤に陥ったものの一命を取り留めた。

未成年だったことや真摯な反省の態度を見せたこと、
慰謝料を親が即座に支払ったことなどが考慮されて
少年院に数年入っただけで出てきた。
そのころには私一家は遠くに引越ししており、
元彼一家も逃げるようにどこか遠くへ引っ越したらしく
その後の話を聞くことはほとんどなくなった。
しばらくの間は「僕が働いて得たお金です」
と弁護士を通じて元彼からお金を渡されていたが、
受け取りを拒否し続けていたら
そのうちそれもなくなって完全に消息が分からなくなった。


だいぶ経って、私も結婚して家庭を持った。
子供と一緒にニュースを見ていたら、見覚えのある名前が犯罪者として出ていた。
ニュースでは彼の犯罪の凶悪さを紹介し、
ついでに「学生の頃、この犯人は交際相手に殺人未遂を~」と聞こえたあたりで
あまりのことに失神してしまった。
何があってももう生きて刑務所から出てくることはないだろうけど、
あの頃のことは未だに一番の修羅場でトラウマになっている。


352:2012/01/06(金) 12:54:58.19 ID:
O
彼氏がいつの間にか妹とくっついていた。
二人でデートしてたのを目撃し、
どういうことだと近くの喫茶店に連れ込んで問い詰めたら

彼「お前は一人で生きられるだろうけど、
こいつは俺が守ってやらなきゃダメなんだ。
こんなことになっちゃったけど、
お前を好きになって付き合ったことは後悔してないよ。
お前のおかげで運命の人に会えたんだから……」
妹「お姉ちゃん、ごめんね。でも私、この人じゃないとダメなの。
お姉ちゃんには悪いけど、この人への気持ちを諦めたら絶対後悔する。
その代わり、お姉ちゃんの分まで二人で幸せになるから!
優しいお姉ちゃんなら、絶対いつか運命の人に会えるよ」
と、ドラマみたいな台詞をぶつけられた。
思い出したくなくてもたまにこの場面が浮かんでくるので、
今でも内容をハッキリと覚えてるのが悲しい。
今なら、ある程度は冷静に対応できるかもしれないけど、その時はキョドって
「あ……いや、好きになったものはしょうがない、のかもしれないけど、
でも、せめてあんた(彼)さあ、
私に別れるって言ってから付き合って欲しかったっていうかその、
けじめぐらいつけるべきなんじゃないのかな~?違うの?」
みたいなことしか言えなかった。彼も妹も「それはその通りだ、ごめん。」
みたいなことだけ言って終わり。
それから、確か三年後に二人は結婚した。
今、私の実家の近くに住んでいる。子供が二人いるらしい。


835:2011/08/08(月) 02:47:40.26 ID:
0
自分的には修羅場話です。

Aと付き合って結婚話をお互いの両親として、結納の日取りも決まっていたよ。
結納の打ち合わせをするために両家集まったら、Aの父親にAに妊娠させた
彼女Bがいることを、打ち明けられて謝罪された。そりゃ寝耳に水で呆然自失。
Bは、私の小学校からの友達でその頃も、よく遊んでいた幼馴染だったので余計に。。
彼Aのことも、早くからBに紹介していたんだ。Bは、Aに一目ぼれしたとかで
私に隠れて猛アタックを繰り返して、とうとう妊娠に持ち込んで親に直談判して
結婚出来ることになったと、自慢していたと後から聞いた。

Aから慰謝料を貰って破談になった。Aの両親は平謝りで、周りに破談の
原因はAだとはっきり言ってくれたが、Bの両親は、Aが私よりBの方を
選んだのだからしょうがないと近所に言いふらし、ブスは可哀相とあげつらって
くれた。たしかにBは優香似の美人だけどね。

そんな噂が、嫌になり実家を出て、会社近くにアパートを借りて住む事にして
なんとか忘れるように努力していた。会社を結婚で辞める事にしてなくて、本当に
よかったよ。実家の方の話は、聞かせてもらわないようにして、忘れよう忘れようと
頑張っていた。
それなのにAとBの結婚式の招待状が送られて来たんだよ。どうやって住所を知ったのか
わからないけど、転送じゃなくちゃんとアパートの住所だった。