おかしな人々

  • Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly
既婚者の墓場様にリンクを残したままコピペされていますが
同一運営等では御座いません。

更新停止中です(*- -)(*_ _)ペコリ

彼氏の浮気

592:2007/11/28(水) 02:12:38 ID:
俺男(自分)…22歳 社会人
Y美…22歳 俺男の彼女 専門学生
間男…24歳 Y美のクラスメイト
俺男とY美は同じ高校出身で、付き合って五年ほど、
お互いの両親に許可をもらって同棲して二年ほど経っていて、
このまま結婚するんだろうと、
隠れて結婚資金を貯金&婚約指輪の品定めをし始めてました。
結果的に言えばY美が浮気した…と言う話なのですが、
なるべくテンポよく書けるようにします。


437:2007/11/24(土) 17:24:44 ID:
これは私がまだ20歳になる前の話です。
当時高校を卒業してすぐに田舎からある地方都市に出て来て、
一人暮らしを始めたばかりでした。
ある日友人が近くの居酒屋で飲んでいるというので行ってみると、
そこには何人かの男女がいて、そのグループの中にいたのが彼Bです。
話しているうちに意気投合し、帰りに電話番号を交換しました。

それからすぐにちょくちょくBから電話がくるようになりましたが、
着信があるのはいつも夜中とか明け方近くで、
昼間に書け直してもいつも留守番電話が応答します。
何か変だなとは思いましたが、特に理由を聞いたりはしませんでした。

一ヶ月くらいたってから付合っているのかな?といった関係にはなったのですが、
相変わらず電話はおかしな時間にかかってくるし、
Bが住んでいる正確な住所もわからないままでした。
あえて聞くのも怖かったのと、Bが自分から友達と同居していて
聞き耳立てられるのが嫌で自宅では電話したくないとか、
仕事の都合でいつもそういう時間帯
(Bの仕事は夜の仕事でした。といっても水商売ではなかったのですが)になる、
と言っていたのでうやむやにしたままでした。


747:2007/11/18(日) 04:30:44 ID:
今日彼氏と別れてカップル板を卒業になったので記念投下。
その彼氏との話はまー彼の普通の浮気ですがww
私の過去最大の修羅場をひとつ。

私19歳(当時大学生)
彼19歳(同じ大学・学科)
浮気子15歳(高校1年生)
友男19歳(彼の地元友達)

大学で彼と知り合ったのは入学してからすぐ。
入学したてで友達作りに奔走していた時期。
仲良くなった友達と8人ぐらいで校舎の入り口から出ようとすると、
そこを男の子の集団で地べたに座りながら談笑しているDQN達。
「うざっ」と思いながら通りすがったその集団。

ガングロではなかったが普通にギャルwだった高校時代を卒業し、
お姉系大学生を目指す私こと19歳は
この人たちとは接することなく過ごそうと決めていた。

しかし、友達100人できるかな♪
をモットーに新歓に出ていた私はある飲み会で彼等を発見。
女友達たちとなるべく遠くの席を陣取り関わりを持たない様にしていたが、
周囲が酔いが廻って来た頃彼が私の隣に座り話しかけてきた。
見た目通り軽そうな男で、
その日は番号を聞かれても酔ったフリしてはぐらかしつつ姿をくらました。

しかし、恐るべし大学ネットワーク。うちの学部だけで800人以上在籍するので
擦れ違い様で挨拶するぐらいだろうと思っていたが、
彼は友達を駆使し私の番号をゲット。
これからのキャンパスライフ、何があるかわからない為邪険に出来ない私。
そのままズルズル連絡が毎日くる日々。
彼は私に入学して一目惚れしたこと、
それから必死で私と接点を持とうと頑張ったことなどを語り、
バカボンな私は段々彼を好きになりそれから2ヵ月後正式に付き合うことになった。


426:2014/01/28(火) 11:50:52.36 ID:
O
五レスほど失礼。
初めて出来た彼氏を実の“兄”に寝取られた話。
念のため断っておきますが私は女です。
 
中学二年のときの話。
私の家は田舎の小さな町で代々個人商店を営んでいます。
両親と祖母、兄と私の五人家族です。
二つ上の兄は成績優秀で、
隣の市にある県内でもトップクラスの高校に通っていましたが、
いわゆるオタクでルックスには無頓着。
暇さえあれば部屋に閉じこもりゲームばかりしているタイプでした。
当時の私は反抗期真っ盛りだったこともあり、
友人に胸を張って紹介できないような兄のことは正直嫌いで、
ロクに会話もしていませんでした。
 
梅雨入りの頃だったと思います。兄がクラスメイトの友人を家に連れてきました。
兄がたまに連れてくる友人といえば
大体は兄と同じようなぱっとしない人ばかりでしたが、
その彼はすらりと背が高く、細身だけど筋肉質で彫りの深い顔をしたイケメン。
母に促され「ハイハイ、どうせまたオタク友達でしょ?」
と嫌々ながら部屋に飲み物を運んで行ったところ、
爽やかな笑顔で「こんにちは」と挨拶され、
その場で固まり一目惚れしてしまいました。
彼が帰ってから、さんざん迷いましたが
我慢しきれず兄の部屋に行き、彼について尋ねました。
彼の家は離れた市にあるのですが、近くには学力に合う学校が無かったため、
ちょうど兄の高校と私たちの家との中ほどのところに下宿しながら通っているそうです。
普段は目を合わせようともしない癖に必死に食いつく私に、
兄は戸惑いつつ苦笑していました。
それまでも何となく「カッコいいなあ」と憧れる人はいましたが、
本格的な初恋は初めて(おかしな表現ですが)だったので、
テンションが上がりまくっていたんだと思います。


341:2013/10/15(火) 23:29:51.32 ID:
0
何年か前の修羅場
当時の肩書で行くと

私子 …… A高校教諭
彼男 …… A高校教諭
私両親 …… 元・小学校管理職(父)、中学校管理職(母)
彼男の浮気相手 …… A高校教諭
ヲチャ …… A高校古株の先生方
私生徒♀(タエコちゃん・仮) …… A高校3年私組

配属先の新任が二人で、
私と彼男は初任者研修のレポートなども助け合ってこなしたり
プリントや板書の工夫だとかお互いで勉強してくなかで仲良くなった
仕事に慣れてきてお昼休みの余裕あるときに二人でランチ行ったり
部活のない土日とかに大きい図書館へ資料探しに行ったりした
2年目にちゃんと付き合うことになったけどまだ清い交際だった
私にそういう欲がわいてこなかったのと、
彼男が「お父さんお母さんに挨拶して
きちんと結婚を前提にした交際を許可してもらってからにしよう」と言ったから
そういうものかと思っていた
2人とも担任を持ったから忙しくもなったし、
初任のころのように職員室で一緒にいる時間は無くなったけど、
その分は土日にどっちかのアパートで一緒にいた。担当クラスの話とか部活のこと
授業のアプローチとか、彼男と話すと自分では気づかなかった新しい見方を発見したり
的確なアドバイスをもらえてとてもためになった。
彼男も「私子が土日に作ってくれる料理で1週間生きられてる」
「アイロンも掃除もほんとありがと」と笑ってくれてた


669:2013/09/19(木) 00:19:38.58 ID:
i
初カキコ
読みにくかったらごめん
五年前の話

スペック
私子…19才、社会人
元男…19才、社会人、そのとき付き合っていた彼氏。
浮女…20才、浮男と仕事場が一緒。
友子…19才、学生。
友彼…友子の彼氏。

私子と元男は高校のときから付き合っていて、卒業と同時に同居。
親友の友子も近くで、毎日充実していた。
半年たったころ、元男の帰りが遅くなっていった。
理由は、仕事が忙しいから。
入りたてで一番下っ端だからしかないかと思い、深く聞くことはなかった←


297:2012/12/02(日) 17:09:40.61 ID:
0
最近職場の子が彼女に浮気されたけど仲直りした、
というのを聞いて浮気が原因で結婚がだめになった話を思い出したので投下。

私子:私。別れた当時23歳 九州出身 大学卒業後地元に戻り派遣の仕事
ナル男:元婚約者。当時30際 東北出身 塾講師 ナルシストっぽかった
出会った時はお互い関東に住んでいました。

浮気子:共通の友人。ナル男と同い年。彼氏有。
    浮気子の彼氏とも仲が良くてよく4人でダブルデートのようなこともしてた。
親友子:ナル男の一つ下で大学時代からの親友の女性。隣県に住んでいる。
教え子:ナル男の元教え子。当時高校生。

出会いは私子が20歳のころ、
友達と行った居酒屋で元彼のいた隣のグループと意気投合したことから。
当時彼氏いない歴=年齢だった私子は、
ナル男に押しに押されて出会って1週間で付き合うことに。
二人とも一人暮らしだったので付き合うやいなや半同棲のような形。
私子の卒業が近づくまでは喧嘩はするものの趣味があうので
それなりに円満に付き合っていたように思っていました。
喧嘩の内容はだいたい、私子の束縛がきついといったようなこと。
浮気子とナル男が二人で、
浮気子彼や私子に内緒で飲みに行くのが許せなかったのです。
なぜ内緒で行くのに気づいたかというと、ナル男の携帯をのぞいたため。
この頃から携帯をこっそり見るのが私子の癖になっていました。
ナル男の「浮気子とは友達で何ともない」という言い分で何度もはぐらかされました。
(この時実際は浮気していたわけですが・・・)


461:2012/12/15(土) 11:25:33.93 ID:
O
高校時代から付き合ってた彼氏に浮気され別れた。
浮気相手は私の友人。
二人を責め立てすぎてしまい
「泣きわめく姿がみっともない。愛情冷めた」
「責め立て方に思いやりがない。友情が失せた」
長年の友人と婚約者を失った。
婚約者と言っても、指輪も無いし友人知人両親に
「もうすぐ婚約するよ」と予告してた程度なんで慰謝料とか無し。
向こうの両親も婚約は成立してないから
自由恋愛を強行に主張してきたんでそのまんま。
揉めて経歴に傷つくことやそんな親族ができなくて
かえって良かったということで弁護士も立てず穏便に別れた。

なのに元彼と元友人は、友人知人に私のことを、
単なる恋愛の行き違いで弁護士立てようとしたバカ、
結局周りに説得されて弁護士諦めたみたいだけど超粘着pgrした。
ただまあ、周囲は婚約寸前と知ってたので元達を窘めてくれたみたい。
その後元達は結婚しようとしたけど、元達の親から反対された。
掠奪する女(男)なんてろくでもないとの理由で。
両方の両親を説得するのに私の力が必要なのとか言ってきた。
呼んでないのに飲み会に元達が現れた。
元彼「お前の気持ちはよく分かる。好きな相手と結ばれないなんて辛いよな。
だから俺達の気持ちも分かるよな」
とかなんとか言われた。
飲み会メンバーに「お前が言うな」とか言われてた。
その後、


388:2012/06/19(火) 14:30:06.97 ID:
0
2年半付き合った彼と入籍しようと役所へ行った
そこに彼の会社の同僚の女がいた
待ち伏せしてた
彼と半年付き合ってる、と言いだした
その場で入籍せずとりあえず彼実家に戻り
浮気女と彼の両親を交えて話をした

この半年くらい確かに彼は忙しく、週末のデートはしてたけど
平日は仕事だと言ってあまり会う事はなかった
私は結婚前の最後のモラトリアムと思って友達づき合いに励んでたから
それほど気にしていなかったので裏切られた気持ちでいっぱいだった
そして2カ月ほど前から一緒に暮らし始めていて
当時景気のよかった彼の業種と同じ業種で働いていた私は
夜遅くまで帰って来られない彼に対して何も疑いを持たなかったので
裏切られた気持ちでいっぱいだった


157:2012/05/14(月) 23:10:45.10 ID:
0
もう終わったことだけれど、いまだに思い出すと腹が立つ。

10年ぐらい前、大学時代から5年つきあった彼氏にプロポーズされ、
結納かわして結婚式の招待状まで出したところで、浮気された。

浮気相手は、私と彼氏が所属していた、大学のサークルの後輩。
しかもホテルから電話かけてきて、「今彼氏さん、シャワー
浴びてるんです。今からエッチするんです~」と言ってきたツワモノ。
帰ってきた彼氏を問い詰めたら、あっさり自白して、
「お前よりも後輩の方が俺のことを愛してくれてる」とか
言いだしたので、彼親と自分の親、途中から後輩の親とか
弁護士とかも交えて話合いして、彼と彼親、後輩と後輩の親から
慰謝料もらって破談にした。

私は知らなかったけれど、後輩は大学時代から、とにかく彼に
アプローチしつづけていたらしい。在学中は「私がいるから」と
断っていた彼氏も、マリッジブルーで後輩のアプローチに
のっかっちゃったんだとか。

後輩は最後に私に近づいて、「それでも、私が最後は勝ちましたから!」
とか言われて、腹が立ってしょうがなくて、変な噂にもなったので
新卒で入った仕事も続けられず、ちょっと病んでしばらく。
アル中一歩手前みたいな
ボロボロの生活になってたのが第一の修羅場。