最悪

83:2015/06/09(火) 20:48:49.05 ID:
書いてる人いないならちょっと吐きだしても良い?


84
:2015/06/09(火) 21:39:32.60 ID:
返事ないけど勝手に書く。フェイク有り。

数年前、大学を卒業して初めて入った会社は個人経営の小さな会社だった。
元々片手で数えられるくらいしか社員がいなかったが、普通に辞めたり、失踪したりで、立て続けに人がいなくなり。
1年後には自分と社長だけになっていた。
これはやばいとなった結果、大急ぎで5人ほど新しく雇うことに。
初めて出来た後輩に戸惑いながらもなんとかやっていたが、経理担当のBとはそりが合わずよく叱られていた。
そして、大声で怒鳴るBが自分は正直苦手だった。

この時期から人の目が見れなくなったり無口になったり、軽い鬱状態だったが、気付かずに毎日怒鳴り声が響く中で仕事をした。
迫る納期、終わらない仕事の山、考え方の違いやその態度が気に食わないと怒鳴られる日々。
今思い返せば、なんであんなに我慢していたんだろうかと思う。





35:2015/03/13(金) 01:06:05.75 ID:
フェイク入ってるので話おかしいかも。

スペック
俺 29 IT職
A子 27 俺の部下
B美 27 元彼女

今は亡き爺が某国の人で、俺はクォーター。
兄貴は不慮の事故で若くして故人、弟もまたイケメンだが残念な事にピザヒキニート。

叩かれるかもしれんが、俺は自分がクォーターでモテるって事を子供の時から自覚し、昔から女をコロコロ変えていた。
フラれた事一度もなし。欲しい物は全て女に貢がせる。デートの時は財布持たない。浮気当たり前。お陰でストーカーも凄く警察沙汰になったりで住まいも転々。それでも懲りずに女遊びが激しかった。結婚願望もある訳なく、生涯独身と決めていた。
見ての通りの屑男だが、そんな屑男が初めて一目惚れした。

相手は他支店に配属されていたA子。地元に戻ってくる形で転勤してきた。
長身でスリム。男顔だが美人。顔がドンピシャでタイプでした。

女に見境ない屑男は、フロアーリーダーと言う立場を利用して近付くが…全く相手にされず。一度も断られた事のない屑男のプライドが許さず、何とか振り向かせようと頑張るが、
「キモいんで止めてもらえます?」
キモいと初めて言われ撃沈するが、逆に火がつき懲りもせずデートに誘う。

続く