おかしな人々

  • Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly

恐怖

327:2013/04/24(水) 23:51:57.95 ID:
0
車で九州から東京に向かう途中
日が暮れて寒くなったので、上着を着ようと
SAで車をとめた、後部座席においたつもりだったが
トランクの荷物の方に入れていたので、トランクを開けて上着を探した
どのバッグに入れたか分からなかったので、5分ほどゴソゴソしていたと思う
無事上着を着込み、再び走り出した
しばらく走っていると、泣き声が聞こえる気がした
ラジオの音かと思い、ボリュームを下げてみると、
後ろからすすり泣きが聞こえてくる
ギョッとしてミラーを見るが、車内はほとんど映らないし
高速なので振り向くのも危険
とりあえずSAに入り、恐る恐る後部座席を見ると、
全く知らない女の子が乗っていた
驚きすぎて声が出なかった
とにかく子供を下ろして、警察に電話した

前のSAに止めたとき、俺がトランクをゴソゴソしている間に乗り込んだらしい
「自分の車だと思った、違うのに気がついたけど知らない男の人が乗ってきたので
 勝手に乗ったのを怒られると思って、しゃがんで隠れてたら車が走り出した
 どうしていいか分からなくて泣いてた」
女の子(7)は家族と一緒にお出掛けの帰りで、
トイレのあと先に一人で車に戻ったのだそうだ
その時、同じ車種で同じ色の俺の車に間違えて乗ってしまったらしい
ちなみに、女の子が乗ったのは山口県のSA、
俺が気がついたのは岡山県のSAだった

カメラの映像で、女の子が自分で乗り込んだことは立証出来たが
誘拐犯の冤罪を着せられるんじゃないか、
ロリコンの容疑をかけられるんじゃないかと
生きた心地がしなかった


279:2012/11/12(月) 22:23:54.40 ID:
0
数時間前に実際に自分の身に修羅場が起きたよ…。

仕事から帰ってきてマンションのエレベーターに乗り込もうとしたら、
「○○さん」と名前を呼ばれ、ふりむいたら、数年前に会社を辞めた後輩(女)がいた。
その後輩は、二日酔いで酒臭いまま仕事に来たり、
徹夜で遊んで化粧を会社で洗って落としてノーメイクで仕事したり、
会社でグーグー寝たりと、信じられない状況だったのを、
指導係だったので注意していたら、
「私にだけ厳しい」と訴えると騒いで騒いで辞めた子。
何でここに? というか、化粧濃くなってるし、
何かアバズレ化?明らかに清潔感なくなってる?
みたいな感じで、思わず言葉をなくしていたら、
後ろから明らかにヤバそうなノーメイクの怖い中年女性も出てきて、
「これが○○さん? ××(後輩)がお世話になりましたー」
とニタニタ笑いながら挨拶してきた。
私は多分「はぁ」とか「へぇ」とか言ってたんだと思う。
頭真っ白でヤバいとは思ってた。
後輩は「とりあえず家に入れてくださーい」と言い始めて、
即答で断ったけど、食い下がってくるし、
「かわいい後輩のお願いでしょ」と後輩と中年女性に腕をつかまれる。
あまりの怖さに、腕ふりほどいてダッシュで逃げて、通りはさんだ向かいの
コンビニに逃げ込んだ。「ふざけんなよ!」「逃がさないからね!」とか叫ばれた。

あまりの怖さに、同僚呼んで迎えに来てもらって、会社に近いホテル入って、今。
スーツはふりほどいた時だと思うけど、肩がやぶれてるのにも気づいてなかった。
後輩は、会社辞めた後、どうしたのか知らないけど、
私、家にあげたら何されてたんだろう。
同僚と一緒に上司に連絡したら、会社で借りあげしてもらってる部屋だから、
すぐに他の部屋を用意してくれると言ってもらえた。
でも住所割れてるなんていうのもおかしいよね、書いてて思った。本気で怖い。
まさか自分が修羅場スレの住人になるなんて思いもしなかった。
明日の分の仕事しておこうとPC開いたのに、
整理つかないからここに書き込もうと思ったけど、
書いてて打つ手が本気で震えるんだなとか思って笑ったわ。
今現在が多分一番修羅場。


※未完 結果不明
908
:2012/12/24(月) 19:55:11.95 ID:
0
ゆうべの不可解な修羅場

深夜の2時すぎに目が覚めて、騒がしいというか人の話し声のようなものがする
モニターから、おもてを見ると人がいて何か言ってる
時間が時間だし、寝ていた旦那を起こして二階の窓から外をみると
家を囲むように人がいて何か言っていた
暗くてよく顔がわからないけど、けっこうな人数で近所で何かあったのかと、
パジャマにコートを羽織ってライトをつけ
おもてに出てみると、家から3mほど離れ、人が輪になって家を囲むようにしていた
顔は知らない人ばかりで、ご近所でもなく知人でもなく若い人達だった
薄気味悪くて、玄関先で立ちつくしていると、警察に連絡した旦那が出てきた
旦那はクリスマスで酒に酔った若い連中だと思っていたらしい
旦那と近くに立っていた見知らぬ人に近づいて
「何をしてるんですか」と少し強めに問い詰めた
近づいてわかったのは
酒の匂いはしなかったのです、シラフでした
顔をみると大学生くらいの人達でした
近づいて話しかける旦那や私を無視して、彼らはブツブツと何か言い続いていて、
こちらを見ようともしません
旦那に腕を引かれ、家に入って外をみていたのですが、
彼らは微動だにせず家に向かって何か言い続けていました
はっきりしないのですが、
お経のような外国語のような不明なことをブツブツ言っていました
近所の交番から警官が来てくれ、人数と異様なようすに気味悪るそうにして
旦那に誰なのか?何をしているのか?と訪ねてきましたが、私達も知りません
ふたりの警官が、彼らの何人かに話しかけましたが、
私達の時のように無視されていました
まったくこちらを見ないんですよね

警官が応援をよび、少し物々しい雰囲気に気づいて、
夜中ですが近所のお宅も起きて、おもてにでて来ました
はす向かいの某さんが「あっ!」と声をあげた時に、
彼らのお経のような外国語のようなブツブツはやみ
警官に全員連れていかれました
夜中の不可解な修羅場です
警察からまだ何も言ってこなくて、何だったのか分かりません


520:2012/11/26(月) 18:12:05.99 ID:
0
高校の頃の修羅場

15才の時の話しです
うちのポストに何度か直接投函した手紙が入っていました
内容がキモかったので、親がくるたび処分していました

ある日
うちの犬がいなくなり、今度は学校宛でハガキに犬が迷い込んだ
〇〇さん(私)の家の住所の首輪をつけてる
引き取りにこい
という内容でした
担任の先生に今までの手紙の話をして、
犬の鎖がワイヤーカッターのようなもので切られていたことも話
同じ人だと思うけど、犬を迎えに行きたい
と話しました
担任や他の先生が一緒に行くことになり、ハガキの住所に向かいました

その家について、声をかけても返事がありませんでした
玄関前に
「裏で作業中ですご用の方は、裏へまわってください」
と貼紙がしてあり、うらの小屋?納屋のようなところにまわり中に入りました
母屋の影になって真っ暗な中に入ると、頭になにかあたり
見上げると男性がぶらさがっていました
男の担任の悲鳴でパニックになりました
他の先生に小屋の外に出され、やがて警察がきました
手紙の主は一人暮らしの五十代の男性で、首吊り自◯をしていて、
そばに私に弄ばれたと恨みを書いたノートが10冊くらいあったそうです
会ったこともない、名前も知らない人でした
担任と学校カウンセラーが同行して警察に行きました
この男性は、以前ちかくの小学生男児につきまいをしていたと言われました
私には何も責任はないから早く忘れるように言われました
いまだに暗い部屋や屋内に入ることができなくなってしまった修羅場です


305:2012/06/10(日) 18:50:48.30 ID:
0
じゃあプチ修羅場
隣の賃貸の一戸建ては中も外もリフォーム済みの屋上つき
庭も広々と綺麗な家だ、スーパーやドラッグストアや駅近でもあり、
住宅街だから静か
そこが破格の家賃なんですよ
けど隣に引っ越してくると半年以内に、家族で一番若い人が亡くなる
例外は3年前の昏睡状態の子供で1年もった

そこにまた新しい隣人が越してきたと思ったら従姉妹だった
引っ越すなんて聞いてなかったし、
私をビックリさせようとしたみたいだけど、確かに驚いた
隣のいわくを従姉妹に話して、すぐ引っ越すよう言ってみたけど
従姉妹には二月に産まれたばかりの子供がいる
従姉妹は偶然だと言って、まったく取り合わない今が修羅場

胡散臭いだろうけど、毎回、
一番年の若い人葬式出して半年で引っ越すって気持ち悪いよ


494:2012/06/13(水) 17:46:54.56 ID:
0
震災で液状化が起き、住んでいたアパートが傾き引っ越しを余儀なくされた。
借り上げ社宅だったので、引っ越し費用等は会社が負担してくれ
丁度移動の時期だったのも有り、千葉→神奈川に転勤になった。

子供は大学生で、住むのは夫婦二人だけだったのだが、
4LDKの部屋が用意されていた。
引っ越しして2カ月ほどした日曜日に、階下の住人が訊ねて来た。
「言い難いんだけど、子供さんの足音何とかならない?」
「?????。うちは夫婦二人ですが?」
「息子さんいるでしょ?大学生くらいの」
「いますが」
「その息子さんの足音とガタガタいう音で、子供が昼寝出来ないので・・・・」
「え?息子は海外に留学中ですが?私も平日は仕事で留守ですし」
「いえ息子さん、いつも昼前に帰ってきて、夕方に出掛けてますよ?」
ここで、双方黙り込んだ。
実は、ここに越してきてから電気代や水道代が5000円以上上がった事
トイレットペーパーやシャンプーの減りが異様に早いことが気になっていた。

薄気味悪くなり、念のために階下の人に息子の写真を見せると
「年格好は同じだけど、顔が全然違う!あれは誰?」とパニック。
夫も出てきて、詳しく話を聞くと
・平日の午前10時前後に若い男性がこの部屋に入って行き、足音や物音がする。
・夕方5時前には出ていくようだ。
・挨拶をすると、挨拶を返してくれる。身なりは清潔で普通の大学生風。
・そう言えば土日は見かけない。

私は平日の朝8時過ぎに車で家を出て、
夕方5時半(買い物をして帰る日は6時)に帰宅。
夫は朝は私が駅まで送り、帰りは6時前後かもっと遅い。
私達夫婦と階下の人と一緒に、他の部屋の住人に聞いて廻った所
同一人物と思われる若い男性の目撃証言が、複数あった。
皆さんうちの息子だと思っていたらしい
(息子の写真を見せると、別人なので驚いていた)。
しかし引っ越し時には息子は既に海外にいた為、
新住所は伝えたが合い鍵は送っていないし
そもそも息子のはずがない。


480:2012/04/24(火) 01:29:59.38 ID:
0
叩かれ覚悟で投下。
大学の時に悪質なストーカー被害にあってた。
携帯電話のメールや無言電話が特にひどかったんだけれど、
電話やメールを変えても、ちょっとしたらすぐにかかってくるし、
メールアドレス変えて、友人5人と彼氏と親に送った直後に
「変えてもムダだよー☆」って気持ち悪いグロ写真と一緒に
送られてきたこともある。

ポストの郵便物は全部封切られてるし、ドアポストに食べ残しの
弁当箱や、下の毛が入ったビニールの小袋が入ってたこともあるし、
大学行ってる間に、ドアに白い液体がついてたこともあった。
あとゴミあさられて、紙ゴミの雑誌の束が、私のだけ全部道路に
バラまかれてたりとか。とにかくひどかった。
そんななかで、一番ささえてくれたのが彼氏。
「大丈夫?」「泊まりにいくよ」と言ってくれてた。
警察は、行っても相手にしてくれないし、と思いこんでいて、彼氏に頼りきってた。
ストーカーが週1~2ぐらいで何かするんだけれど、そのたびに彼氏を
家に呼んだり、彼氏の部屋に泊まったりしてた。

ある日友達が泊まりにきた時、石でガラスが割れたので、友達が
警察に電話した。そして被害届け出した。
でも彼にそれを報告したら、あわてだした。「そんなのだめだよ。
今から何でもありません、って言った方がいいよ。ストーカー逆上させたら
心配だよ」って何度も言われた。


194:2005/07/05(火) 02:54:40 ID:
隣の家の3歳の男の子です。ウチのアパートはベランダに塀がなく窓を開けて
いると覗きに来て、その頃妊娠中だったんですが、やたらと家に入りたがるし・・
お菓子が食べたいとせがむし、大きいお腹なのに水鉄砲に水を入れて~ときて
何回往復したことか・・洗濯物には水をかける始末!雨戸を閉めても叩いて
なんとお母さん開けて~と騒ぎ、知らない人が聞いたら、まるで締め出してる
みたいですよね。親は全然おかまいなし!ダンゴ虫を家に放す!セミのお墓を
ベランダに作る!夏は近所でお祭りをやるのですがアパートの通路に
レジャーシート敷いてテーブルまで出して宴会をしています!
はっきり言って迷惑なんです。ウチはソコを通らないと家に入れないし、
大きいお腹抱えてテーブルをまたいで通りました・・。
長くなってスミマセン・・かなり爆発寸前で。


127:2012/03/15(木) 03:21:15.79 ID:
0
仕事先での事

某小さな工場なんだけど、機械の修理作業は夜間が多い
夕方まで止められないという理由と蒸気ボイラーと配管が熱を持っている為、
待たなきゃいけない
ようやく作業開始がだいたい夜の8時以降
終わるのは内容によるから毎回ケースバイケース
誰かいればいいんだけど、一人でやる作業が辛い
食べ物に関係する工場なので食品の食べかすやグリスなどが結構あって
夜間にGが大量発生
虫嫌いの俺としてはそれだけで嫌
で、心細い気持ちで作業してるとなーんか変な感じ
理由は分からんのだけど、なんか気味が悪い
キョロキョロしてみると窓からこっち見てる人がいた
目が合ってドキッ!としたが、
音が煩いとか何かしら理由があるんだろうと話しを聞かないわけにはいかない

あの、何か御用ですか?
と聞いたらジーっとこっちを見てるだけ


671:2012/01/09(月) 10:06:56.57 ID:
0
流れを切りますがごめんなさい。
別に私自身に何か被害があったわけではないけど、
個人的には人生最大の修羅場

ある日の昼の3時頃、A氏という男性が我が家を尋ねて来ました。
A氏は主人の友人(B氏)の上司を名乗り、B氏が失踪したので
同郷の友人である主人に何か知らないか訪ねてきた来たとのでした。

すぐ主人に電話して聞いてみたところ
失踪の話自体初耳だし、居場所も知らないとのことだったので
その旨をA氏に伝えたら、
何か分かったらすぐに連絡をしてほしいと連絡先を置いていきました。

別にどこがおかしいというわけでもないから上手く説明できないけど、
でも私は、このA氏に物凄く嫌な感じを覚えました。

その日の夜、主人がB氏宅に電話してAさんが訪ねて来たことを告げたところ
B氏の奥様は大変驚いていました。

A氏はB氏宅を訪ね、B氏奥様から入手した年賀状の住所録で
我が家の住所を知ったようですが
B奥様が住所録をA氏に渡したのは、
A氏が我が家を訪ねて来た日の昼前頃で、
その日の3時頃には、そこから100キロ以上離れた
我が家を訪れていることになります。

「まさか、住所録を貰ったその日にそちらに行くと思ってませんでした」
とB氏奥様は言っていたそうです。