勘違い達

660:2013/03/26(火) 12:03:02.71 ID:
今勘違い野郎と遭遇しているんだが話聞いてると本当に頭痛くなってくる

奴にとって勘違いを正そうとする人は全て
「俺と彼女の運命を裂こうとする邪魔者」らしい
被害を受けている女の子は元同じ高校で俺の後輩(同じ委員会で割りと親しかった)
そして男は女の子の元クラスメート
今現在俺が保護している形になっているが、男はそれを「寝取られた」と認識していやがる
形に残る害が無くて警察も微妙な反応で使えない
女の子の母親もいまいち把握してくれていない
もう実力行使で黙らせるしかないのかな



629:2013/03/22(金) 16:32:56.35 ID:
7~8年程前の話だけど、当時20代半ばの自分は会社勤めを辞め、
学びたい事が出来たので一時的に学校にも通っていた
その学校で同期生だったオッサンが、勘助でした

普通に会話やメールしてる時は何とも思わなかったのだが、
ある時自分が、家庭の話(当時の自分は両親とも日々うまくいっておらずいつも揉めていた)
などを相談した辺りから、急に距離を詰めようとしてきているのが分かった
大した用も無いのに食事に誘われたり、家に寄って行くように言われたりしていたので、
ああ、これは何かあると思ってこちらも
「嫁になって欲しいとかは無しですからね。一切受け付けませんからね」
と、やんわり釘を刺しておいたのに「うん、それが一番エエなぁ」などとしつこく言ってきたり
いつの間にか奴からのメールには「○○子(はぁと)」みたいな感じで、私の名前が呼び捨てで
記載されていたりもしたので、それ以後とことん無視してやった
学校を出てからは携帯も買い替え、新しい電話番号は余程親しい友人達にしか知らせなかった



794:2008/11/30(日) 16:56:31 ID:
ごめんなさい、長文です。

転職して3週間、先週会社で歓迎会がありました。
他の事務所の人達も参加で、半分くらいは初対面。
先輩と一緒にお店に向かう途中、「A男には気をつけて」と言われてた。
先輩曰く「猿顔のナルシスト」、若い女の子には積極的に食いつく人らしい。
でも私は初対面の人達の輪に入る事に緊張してて、あまり気に留めてなかった。

そしてお店到着、私は先輩に連れられて初対面の人達に挨拶をしていった。
ふと視線を感じて目をやると、猿顔がガン見してた。頭のてっぺんから足元までジロジロと。
「あ、この人がA男だ」とすぐわかったけど、一応軽ーく挨拶。
A男は何か話そうとしてたけど先輩がすぐに他の所へ連れてってくれた。
席もA男とは反対側の端と端、一番遠い&先輩が隣に座って離れないでいてくれた。
最初の30分程は先輩や上司とわいわい話してて、緊張も解れつつあった頃、
A男がグラスと箸を持ってやってきた。
A男「どーもー、一緒に飲もうよ~」←隣の人を無理やりどかせて座り込む
そこからがもう地獄だった。




617:2008/11/14(金) 23:58:36 ID:
ごめんなさい、解決したかもしれないけどまだ怖いので書き込ませて下さい;
長文ですが、読んで頂ければ幸いです…できれば再発の危険性を鑑定して頂ければ…。
当方普通の大学生です。

今年度の始め辺りから、それまで二年間ずっと避けていた男(仮にMとします)に捕まりました。
Mにずっと絡まれていた子が友達で、学外授業の帰りに喋っていたらM乱入、自分は知り合いじゃないのでその辺の鳩をぼーっと見ていたのですが…。
いきなりMが「あ、そういえばよく会いますよね。●●の授業とか取ってませんか?」と…なにが「そういえば」なのか知りませんがこちらに振ってきました。
こっちは色々Mについて嫌な話(女に付き纏う・KYである・オタク話を延々してくる等)を聞いていたので、できるだけぶっきらぼうに対応。
そのまま3人で電車に乗り、友人の降りる駅で自分は乗り換え。
別れの挨拶をしてホームへ向かうと、なぜかMが着いてくる…この人も電車乗換えかと思って放って置きましたが、電車に乗るや否や私の隣に着席。
急行で二人がけの席だったのですが、太短い体で通路側に座られてしまい、自然に逃亡することも出来なくなりました。
その後は引っ込み思案で上手く突っぱねられない性格が災いし、下車駅まで延々話を聞かされ続けました。
誰某がアニメ声で萌えるだの、誰某は胸があって男子に人気だの、誰某はいきなり自分を拒絶してきたから嫌いだの、女子高生はうるさいからウザイだの…。
ある時は宗教書の推薦等、正直私には全く関係ない話ばかりでした。

続きます、スミマセン;




492:2008/10/29(水) 10:57:03 ID:
履修科目が結構かぶっていた勘助。この間いきなり進路について聞いてきた。
私が生物系に進む気であると知ると
「生物とかバカでも出来るじゃんwww」
とか言ってきやがった。
死ね。全世界の生物学者の皆様に詫びて死ね。
と心中で怒鳴りつつ、勘助に聞くと
「俺なら物理でも生物でも超余裕だしw
何なら生物系に行って あ げ て も い い よ?
俺が教えてあ げ るし」

生物系の科目が不可なだけでなくお得意の物理も可スレスレなチミが何をぬかすかね。
鼻で笑って
「あんたみたいなバカが来たら研究室の方だって嫌に決まってるじゃんw
それよりも進級できるかを心配しろよ」
とpgrしてしまった。

勘助は私の悪口を広めようとしているようだがスルーされている。
後悔はしていない。