修羅場

510:2012/03/25(日) 13:39:03.38 ID:
0
つまんない話ですがごめん、吐き出させてもらう

舅が死んで初めての彼岸だった。
舅は屑だったと思うが、なぜか死ぬ2年ほど前にウォーターした。
お金は有り余るのに、人は誰もいない、とどっかで愚痴ったら、
その話を聞いてくれたどっかのばあさんに、
「あなたは可哀そうね、人にやさしくできなかったのは
誰もあなたにやさしくしてくれなかったからなのに。
可哀そうな人生だったのね」
とさめざめと泣かれて、初めて自分のやったことをじっくり振り返ったんだそうな。
泣いてくれたばあさんに、自分のしたことを語って、
ばあさんに泣かれて一緒に泣いてたら
自分のしたことがいかにひどいことだったかわかった、すまなかった、と。
今更許してくれ、と言ってもたぶん無理だろうから、
せめて自分が死んだ後に息子(夫)に遺産を受け取ってほしいと手紙がきた。
(絶縁して連絡先も教えていなかったので、親せき経由で)

『夫は10年前に死にました。今わの際の言葉は
『あいつ(舅)にだけは連絡するな。葬式にも絶対呼ぶな』でした。
あなたが殺し損ねた長女は3年前に幸せに結婚して、子供も生まれていますが、
絶対にあなたには会いたくないといっています。子供も会わせたくないと。
あなたが知らない孫があと2人いますが、性別も教えたくはありません。
二度と連絡はよこさないでください』
という手紙を送り返した。
舅から来た手紙と、あまりに遠くて顔が全くわからない娘と孫の写真を、
その中に何故入れたのか自分では判定不能。
写真は背景を入れようとしてあまりに遠くから撮った失敗作。

※ウォーター
家族や親族などに対して敵対していたのを脱する事


339:2011/09/28(水) 21:58:59.05 ID:
0
珍しく夫が早く帰ってきた@20時。そのまま風呂に入るね~と言って浴室へ。
しばらくすると電話がかかってきた。
私「もしもし」
?「(小声で)俺だけど…」
弟なのかと(いつも俺だけど~という)思ったが、
ここ数年電話などかけてこないし声も違う。
私「どちらさまですか?」
?「俺だよ、(夫の名前)だよ」

パソコンで洒落怖を読んでいた私の脳裏には「生霊?」「ドッペルさん?」
そしてやっと思い当たったのが「夫のいたずら?」
だがしかし、浴室からは水音がする。
機械大好き人間が水場に携帯を持ち込むはずもない。
警察24時キターーーー!と盛り上がりつつ、話に乗ってみた。

どうやら夫君は会社の資金を立て替えねばならず、それを同僚に取りに来させるから
何とか工面して欲しいそうだ。業種・職種的に個人立替なんてことがアリエネ~w
「うん、わかった。お風呂場に持ってくねっ!
帰ってきていたずらするなんて変なの~」と言って切った。
電話を切った後に心臓がドキドキしてきたので、とりあえず警察の相談窓口に電話。
所轄に連絡してもらって、所轄から電話がきた。

ドキドキしながら話をしたが
最後まで(取引の方法まで)聞いていないと逮捕につなげられないそうで
かかってきた電話番号を控えていたので、それだけ伝えて終わった。
お年寄りだけ狙うんじゃないんだね、オレオレ詐欺。

最初に「生霊?」「ドッペル?」と混乱したのが個人的修羅場ということでw


※未解決注意!
599
:2011/09/30(金) 15:42:17.77 ID:
0
この前、実家への深夜のいたずら電話による修羅場がありました。
報告に関してはここでよろしいでしょうか?
もし好ましくなかったら、該当スレを教えていただけると有り難いです。


333:2012/06/01(金) 02:12:24.93 ID:
0
うちには二人コトメがいて、コトメAは人間的にもコトメ的にも良コトメ
問題はコトメB、×3仕事もバイトもせず遊び歩いてる
さすがに目に余ったのかウトが知人に相談して、
知人の経営する店舗でバイトをすることになった
よりによって私がパートに入っていた店です
バイトが始まってもコトメBは、毎回2~3時間遅刻して行く、
禁止の金髪を直さないまとめない、無断欠勤する、
仕事を覚えようとせず「〇〇さーん!代わってー!できませーん」
そんな自分を棚にあげてバイト先の人が冷たいと悲劇のヒロイン
勤務態度が悪くても社長のコネでクビにもできず、
身内と言うことで私への風当たりまで強くなってきた
遅刻しないで行くよう起こしたり
仕事の流れを出来るだけ簡単にまとめて渡し説明してみたり、
なだめてもキツク叱ってもダメ全部無駄
その時に閃いたのが、コトメBのオカルト好きでした
私は怖い話が苦手ですがコトメBはオカルトに心酔してます
オカルト好きの仲間やオカルト師匠とかいう友達が部屋に集まっていました


333:2012/06/29(金) 09:09:16.37 ID:
0
お人よしの父が 職人仲間の保証人になった揚句、200万の借金を背負い
挙句、鬱病になり、仕事ができなくなった。
中学生の私を連れて、母の親戚であり 父の師匠の家に行ってお金を借り、借金返済
その後、母は生活のために働き、私は中卒で工場で働いて借金を返済した。
鬱病の父は、被害妄想が激しくて 
ちょっとした物音でも「誰かが殺しに来た」って騒ぐから
家で勉強なんかできなかったし、
学校から帰るのが少しでも遅いと「娘が誘拐された」って騒ぐから
塾にも行けなかった。
これが第一の修羅場。

借金も返済で来て、父も立ち直り、仕事を再開し、結構幸せな期間があった。
私は高校卒業資格が貰える 通信と通学半々くらいの学校で資格を取って
販売の仕事を始めたが 9時から翌2時までが仕事なんて事がざらだったが
お給料は良かった。当時20歳そこそこで手取り30マソ貰ってた。
閉店後 大掛かりな商品移動や什器移動、商品入れ替え、値札の付け替えなどで
朝まですることもあったけど、サビ残とかはなかったので 
お金が稼げるのは嬉しかった。
そんな矢先に第2の修羅場。
父が取引企業に騙された。
5百万の仕事を引き受ける→3千万の仕事(父に支払った)として相手企業側が申告
こう云う行為を、数年間続けられていたようで、父に脱税疑惑
契約書など何もなくて 口約束でお金受け取って職人集めて仕事するっていう
どんぶり勘定だったみたいで
脱税分の支払いと それに伴う保険料やら何やら追徴金で400万
契約書も何もない状態ではお手上げらしく
これで大騒ぎして 大手工務店に睨まれると仕事が貰えなくなるので 
父は泣き寝入りして払うことになった。


106:2013/02/10(日) 09:51:20.30 ID:
0
豚切りすいません。


人生最大の修羅場、私はトイレで出産しました。
別に妊娠を親に隠して家のトイレで・・・とかじゃなく、病院のトイレで。

もちろん妊婦健診も足しげく通い、両実家にも妊娠したこともも出産予定日もつげ、
夫も妊婦の私をいたわってくれ、職場でも年配のパートさんたちに
「元気な子がうまれてくれればそれで十分よね~」と会話し、
安定期に入ったら虫歯治療した方がいいというから歯医者にも通い、
それはそれはほほえましい妊婦生活だったのに、
まさかトイレで出産するとは自分も想像だにしなかった。

その病院は地方の某総合病院。
陣痛が始まったので夫に連れられて病院に行き、
はじめはちょっとした生理痛?くらいの痛みだったのがどんどん痛くなる。
私は痛みにこらえて夫はおろおろ。
朝は子宮口3センチくらいで
看護師さん「今日の夕方ぐらいには生まれるかな」だったのが
その二時間後には子宮口は7センチまで開いて
看護師さん「あれこれ午前中で生まれそうだわ」に。
あとで知ったのだけど、私の母は安産体質で、その体質は娘にも遺伝することが
あるという、私はまさに安産体質だった。
つまり子宮口がすぐに開いて赤ちゃんが生まれるまでの時間が短い。
(安産っていっても痛いものは痛いけどね)


110:2012/11/06(火) 04:04:40.60 ID:
0
長いので分割します。
公文に関連した修羅場。
母。小学生用の受験塾講師(出来る子用)。
私。中学生用の受験塾講師(出来ない子用)。
妹。高校生用の受験塾講師(出来る子用)。
全員教師免許もって入るんだけど、
塾講師(不労所得があるので週三とか)で働いています。
母と妹の働いている隣県の隣市は偏差値の高い私立もあるし、教育熱心な感じ。
私の働いている市は基本公立中心で隣県と教育格差がある。
隣の件ではやよくある少人数クラス制塾がうちの塾ぐらいしかない。

この塾でものすごいモンペにあった&ものすごい児童虐待を見たのが修羅場。

私が見ていた子で中2で数学1点のA男がいた。
五教科の合計が70点ない。
さかのぼってどこから出来ないのか見たら、算数から出来ていない。
問題集やプリントは答えを写して生きてきたらしい。
そういう風に学校や家で指導されてた。
方針を話し合った結果、英語以前に国語もヤバいので、
公文の問題集と100マス計算をやらす必要があるとなった。あと反復計算プリント。
とりあえず、成績は1点から10点にどうにか上がった。


183:2013/02/11(月) 03:05:56.26 ID:
0
ちょっと記憶が飛んでいる部分もあるとは思うけれど、投下。

私の両親はとても仲が良く、どちらもどちらにべた惚れ状態。
両親は自営業をしていて、職場が車で1時間程度。
いつも母親が早くに帰ってきていた。
母が早くに帰ってくると言っても、仕事に切りがついてから。
そのため、夕食が出来上がる時間までは習い事に行き
安全な時間を確保させてもらっていた。
毎日、色々と習い事をさせてもらえていたことは環境のせいとは言え、
とても感謝している。
私は兄と一緒に習い事に通っては、
覚えの悪い私を兄は「おまえのペースも大切だ」と言っていた。

私の休日(土日)になると、私は自営業先に両親と一緒に行き
両親と一緒に夜に自宅に帰ってきていた。
夏休み、冬休みなど長期休暇はあってないようなもので、
一緒に旅行に行ったのは今でも鮮烈に覚えている2カ所だけ。

自宅は私家族+母方祖母の5人暮らし。
祖母はとても良いまじめな人なのだけれど、当時の私には辛かった。
やはり、親を見ると嬉しく思う年頃だったので
「私の前では違う態度、この子は二重人格!!」といつも言われていた。
みんながやっていたように、家事の手伝いをしてみたいと思い、申し出ると
「私のやり方が気に入らないの!誰に言われたの!!」と、やらせてくれない。
それでも、かって出てみると「ジト目」で見てくる。
家の手伝いは、やってはいけないことだと思った。
「みんなが夕飯のサラダを作った、とかシチュー作ったっていうの、
私もそうやってお手伝いしたみたい」
と兄に言うと「おばあちゃんは大切にしなきゃいけない、
嫌でもおばあちゃんの料理が食べられない時がくる
 それまでは、甘えさせてもらおうよ。
だから、その後は○○(私の名前)の味しか食べれないんだなー」
と言うので、祖母の料理をいただけたり、
家事を目の当たりに出来る風景が、とても誇らしく思った。


749:2013/02/18(月) 21:22:17.90 ID:
0
中学校に入って間もない頃、
イジメという程ではないけど同級生とトラブルになってしまった。

私以外の登場人物
A子:中学入学と同時に他地区から転入してきた。私と席が隣同士。
B子:A子と通学路が同じ。私とは小学生の頃、習い事で面識あり。
C子:B子の小学校からの親友。
D君:B子が小学校の頃から好きな男子。隣のクラス。

通っていた中学校は町内の全部の小学校から生徒が集まる学校で、
山あいの小さな小学校出身の私は、
知ってる人より知らない人の方が多い状態。

でもまあ、それなりにA子、B子、C子と友達もできて、
うまくやれてたんだけど、ある日突然B子から
「D君の事好きなの?!好きなんでしょ!」
とかなりの怒り口調で聞かれた。
どうやら、D君が私の事を好きらしい、という噂を聞いたらしい。
D君については、B子が事あるごとに
「D君カッコいい」を連発していたから苗字だけは知ってた。
ていうか苗字しか知らない状態。
なので
「いやいや、名前しか知らない人の事を好きかどうか聞かれても困るんだけど」
っていうしかないのに、その日から毎日放課後、
バス(私の住む地区はバス通学)の時間ギリギリまで捕まって
「D君の事好きなクセに」だの「付き合えばいいんじゃない?」だのブチブチ言われた。
この間、A子C子のフォロー一切なし。
とりあえず何日かは耐えて行動を共にしてみたけれど、
同じ事をブチブチ言われる面倒くささその他諸々に耐えかねて、
B子たちから離れる事にした。


271:2013/05/27(月) 17:13:12.32 ID:
0
長文失礼。

祖母の過干渉がひどく、私にとっては地獄だった。

おかしいなと最初に思ったのは出しておいた上履きを祖母が勝手に洗った時。
学校では皆自分でやっているので、洗わなきゃと思っていたのに、
TVに夢中の間に祖母が洗ってしまっていた。
自分で洗うからと何度宣言しても隙を見て上履きを洗われる。
こういうのって自分で洗えって言われるもんじゃないの?と思いつつ、
自分でやると言っても言っても聞いてもらえなかった。
成長するにつれ祖母はエスカレート。
母と買った衣類があるのに、祖母は更に勝手に私の衣類を買ってくる。
タンスに勝手に入っている私用の赤い靴下。うんざりしつつももったいないので履く。
さらに増える赤い靴下。趣味じゃなく履きたくないのに増えた同じ靴下10足。
さすがに何でこんなに同じ靴下買ってくるんだと聞いても
「売り切れるといけないと思ったから!」と的外れな返答。