医者

750:2010/09/22(水) 14:00:44 ID:
相談なんですけど嫁が最近になって携帯をロックするようになったんですよね
服とかも微妙におしゃれになってきたって言うか
嫁は専業主婦です
私は医療系の夜勤ありの仕事であまり家に帰りません


162:2005/11/16(水) 10:59:36 ID:
学年は違いますが同じ学校の子が交通事故に遭いました。
同じマンションの子だったのですごく心配でしたが、
その日の午前中の役員会後の先生の話では命に別状はなく、
車対子供の事故では軽い方だとみんな安心していたのです。

マンションに戻って来た数人の保護者達と外で立ち話をしていた時、
少しして親御さんだけが戻って来たので 
「大丈夫ですか?」とみんなで聞いてみたのですが・・・
返事が
「だ~いじょうぶよぉ~ でも、相手が医者だったから、 
ガッポリ請求してやろうと思って
一応入院さえたのよぉ 相手が良かったわぁ~」って。

一瞬にして場が固まりました。
後日、学校にも慰謝料請求しようか、とか仲の良いお母さんに話していたと聞き、
なんだか切ない気持ちになりました。

車の側面に子供が突っ込んで行き、ぶつかった場所が車の側面後輪側だったそうです。
交差点でのスタート地点でスピードは全く出ていなかった上に、目撃者多数
ガッポリ請求すると言った時の顔が忘れられません。


434:2007/12/16(日) 23:18:39 ID:
身元バレが怖いんで簡単に書くね。

家系的な事と子供のころの病気その他諸々で若い頃、
自分の精子を調べた事がありました。
んで結果は・・・・・ほとんど無精子状態で子供を作る事は無理なのが判明。
一時ちょっとばかり鬱になったけどその後は割り切って生きてました。
それから何年も経ち就職して中年に入りかけたある時。


256:2014/01/21(火) 23:43:24.08 ID:
0
父方の伯父二人が糞だった話。
卒業も決まって地元の病院にも内定したので、国家試験前に厄落としカキコ。

親父:アラ還の勤務医
母親:50代専業主婦
俺:27歳研修医予定
妹:22歳国立大生
弟:17歳公立高校生
伯父A:60後半の借金持ち競馬カスチンピラ。
高校出てから首都圏の競馬場近くに住んでて滅多に地元に帰ってこない。
伯父B:60代半ば。高校出てから首都圏に住んでて滅多に地元に帰ってこない。

もう没落したが、うちの一族は明治時代は衆議院議員を輩出し、
県庁所在地の一角に
本家の土地が丸ごと○○町という地名として残っているような家だったらしい。
うちの親父と伯父二人も、塾通いして慶応入るほど金があったらしい。
親父は元々東大医学部志望だったが、浪人しても成績が上がらず慶応入学。
その後某医科大学に編入した。
俺が生まれた頃親父は地元の大学病院で働いていたが、
出身の村から医者が足りないから開業してほしいと言われて開業。
物心ついたとき、ちょうどバブルの余韻もあって結構いい暮らしをしていたと思う。
両親ともに当時のレートからして7桁後半の外車乗ってたし、
伯父Bがクリスマスの度にラジコンやらなんやらって買ってくれてた。

でも俺が中学の時に何かがおかしいと気づいた。
その頃、何故か伯父Bがうちの病院の事務長として就任。
「まあ、親父経営センス無さそうだし、兄貴登場したんかなー。」
とか呑気に思ってた。
さらに俺が医学部落ちて、1浪目の時に今迄数回しか帰ってこなかった伯父Aが帰郷。
うちの一家に生命保険加入を薦める。
しかし俺の契約書の名前をパソコンに入れミスったとかで、
「後で修正しておくからパソコンに入れちゃった方の名前で書いて。」
とか抜かしおった。
しかも明らかに嘘くさい。○太(仮)って名前の太を大とミスったらしい。
契約書に嘘の名前書ける訳ねーだろ!と母と二人で抗議して話は流れた。

一旦切ります


761:2014/01/17(金) 17:13:37.07 ID:
0
嫁が父親と不倫関係を五年以上も続けていたこと
俺達夫婦の子供は俺の父親の子供であり、俺は托卵されていたこと
仲が良かったと思っていた俺の両親は、実は仮面夫婦だったこと

これ全部を同時に知った瞬間が俺にとって最大の修羅場だった
未熟な俺が悪いと自分を責め続けていた自分が阿呆らしい


438:2013/09/25(水) 21:40:19.21 ID:
0
長くなりますが、自分の中でもまだ整理のつかない修羅場。

一年前に付き合い始めた夫と結婚することになり、夫の実家に挨拶に行った。
彼実家は資産家。夫自身も医師という優良物件で、義両親も感じのいい人だった。
これで勝ち組!と思い浮かれていた。
ただ少々複雑な家庭で、夫には血の繋がっていない弟がいた。
その弟というのが極度のブラコンで、女として負けたと感じるくらいの美少年。
義弟はまだ大学生ということで、普段は大学に近い彼のマンションに同居していた。
彼はウザがる様子もなく、義弟をものすごく可愛がっていた。
二人共いい年なので少し不気味だとは思っていたが、
別にいやがらせをされたわけでもないし、何回か義弟に会うことで打ち解けて、
談笑するくらいにはなった。
なによりそのくらいで結婚をダメにしたくはなかったので我慢した。

入籍してしばらくは私の仕事の引き継ぎがひと段落付くまで別居していた。
夫が自宅に泊まりに来た日に、
なんとなくカンが働いて悪いとは思いつつも彼の携帯を見てしまった。
真っ黒だった。愛を囁くものから、
肉体関係があるとはっきり分かるものまで、よりどりみどり。
そしてぜーんぶ、送信先が義弟だった。目を疑った。
他の女のカモフラージュとして使っているだけかと思ったが、
義弟からの受信メールに添付された自撮り画像で本人だということが確定した。
いままで生きてきて周りにホモなんていなかったし、
それよりも近親相姦?もう、パニック状態だった。


118:2013/01/19(土) 22:47:44.31 ID:
0
以前転んで骨折したんだけど、場所っていうか折れ方が特殊すぎて、
医者ですらそんなところをそういうふうに骨折するもんなの?ってなってた上に、
レントゲンでもなかなか写らなくて
いろいろ検査した挙句にようやく骨折してるってわかった。

外科部長が超ベテラン医師だったことが災いして、
「そんなところが折れるか!」って決めつけて
折れてるところをぐいぐい押したり何だりして、
私は痛みで気絶→嘔吐を繰り返し、
若い外科医がクビになる覚悟で、
自分が担当しますのでお任せください!って強引に割って入って
それでようやくまともに検査してもらえた。

外科部長の処置(ぐいぐい)がまずくて、
一時期は後遺症が残るかもってことで訴訟沙汰になったり
骨折状態が珍しすぎて、
学会で発表されて一部の業界で有名人になったり、色々と修羅場だった。

ちなみに後遺症は残らなかった。
若い外科医は自分の出身大学に戻って大学病院で働いているそうだ。


716:2012/11/28(水) 17:59:34.94 ID:
0
自分というより妹の修羅場だけど投下
フェイクあり 長文注意

妹はスポーツで飯を食ってる
一般の知名度は皆無だが地元の人は皆知っていて、
商店街で応援のポスターが貼られたりしている
定期的に地元の少年団を招いてスポーツ教室を開催しており、
私は学生時代までやっていたので手伝いに駆り出されている
人手が足りないので小学生限定、
商店街からは無償でスポーツドリンクやお菓子を用意してもらい、最後に
妹「○○商店さんのご協力です!」
おばちゃん「みんなウチで買い物してってねー(笑)」
子供たち「ありがとうございました!」
と和気藹々で終わるのが恒例、ここまで前提


この教室に空気の読めない母親Aが来るようになった
娘のA子は普通にいい子なんだが、Aは我が子かわいさに周りが見えてない
A子に優先的に指導するよう文句言ったり、
サインは練習後って通達してるのに指導中に色紙突き出してきたり
練習終わるや否やドリンクやお菓子をダッシュで取りに行ったりする
(人数分用意してあるので意味ない)
子供の応援も他の親はせいぜい「頑張れー!」ぐらいなんだが、Aは大声で
「ほら、そこで○○して!もっと足を使わないと!」とか、
ひどい時には反則に近いことまでやれと言い出す
妹はそういう小手先の技術は小学生に教えることじゃない、
怪我しないように基本だけやる方針なのですごく迷惑してた
おまけにAはやたら妹に話しかけてきて、
年収やら旦那の職業(普通のリーマン)、取材の有無とか下世話なことを聞いてくる
妹は適当に流してたが周りはヒソヒソ、
A子は恥ずかしそうにしててかわいそうだった


そんな状態だったからA子が中学生になった年はA子には申し訳ないけどほっとした
これで面倒から解放されると思った…が、現場に行くとすみっこにA子の姿が
嫌な予感がしつつ話しかけると
「あの、中学生なんですけど参加ってできますか?」
「ごめんね、参加できるのは小学生までなのよ」
「じゃあ端っこで見学させてもらえませんか?」


40:2012/11/16(金) 13:20:20.29 ID:
0
流れを読まずに。

舅(良ウト)と姑(ボダな毒親・汚屋敷主・次男だけ猫っかわいがり)は
長年の別居。次男は立派なヒキで姑と同居。
舅が長年の同居人さんに介護され、看取られて穏やかに死んだ。
同居人さん、と呼ぶのは自分との関係良好だし、姑よりずっといい人だったから。
おめかけさんとは心理的には呼びにくい。
葬儀は夫(長男だから)が喪主で、表面を取り繕ってとりあえず終えた。
姑も故人の妻というより、一親戚みたいな感じで出席した。
夫父は医者で元地元医師会会長だから葬儀もそれなりの付き合いのレベルで。
さて相続。
夫は毒母親に嫌気がさして、大学から家を出て、医者になり独立、
小規模ながら自分の病院院長になった。なので、姑さんとは親戚の冠婚葬祭に
顔を合わせる程度の超疎遠ぶり。だから全面的に相続放棄しろ!連絡にもあっさり
了解した。
ところが今度は長男が一人で土地建物を相続しろ、こっち(姑と次男)は
預金だけもらう、そして家賃(月1万w)を払うからこの家に住み続けさせるように、
と変わってきた。


497:2012/08/03(金) 08:16:16.72 ID:
O
流れ読まずに豚切り。
個人的修羅場だから、大した話じゃないかも。

当時
私 25 OL
父 70 自営業
母 65 自営業

半年前に引き取り介護してた祖母(母方)が亡くなった。
心臓に持病を抱えてほぼ寝たきりで、急性心不全だったけど、老衰に近い状態だった。
母もいくら実母とはいえ、介護ストレスハンパ無かったようだ。
この頃から母は常にイライラしてて、
今まで言ったこと無かった父の愚痴をこぼすようになっていた。
でも子供たちはみんなお父さん子だったから、父の肩をもっていた。
これが前提。