実家

830:2007/08/03(金) 11:11:04 ID:
完璧に浮気が発覚したわけじゃないんですけど良いですか?
黒か白か冷静な第三者の意見を聞いてみたいんだけど・・・


831:2007/08/03(金) 11:12:54 ID:
どうぞって誰もおらんのか?

>>830
トリップよろ


834:2007/08/03(金) 11:15:00 ID:
>>830
どうぞ、仕事の合間ですが出来るだけ意見してみます。


【【怪しい嫁】実家にいる嫁を迎えに行こうと、携帯に電話したら時間かかるから来なくて良いとのこと。でももう向かう車中だったので嫁実家の家の電話に電話すると居ないと言われ・・・】の続きを読む

117:2005/09/20(火) 20:17:54 ID:
実家に用事があって帰った嫁だが帰ると言っていた日になったら「用事があるから来週帰る」とのこと。しかし先延ばし先延ばしにされ
当初の帰る予定から1ヶ月経ってもまだ帰ってこないので
追及したら子宮の病気で入院していて〇〇日に退院してその三日後の昼過ぎには自宅に帰るとの事。
嫁の話によれば手術はしなくてすんだ(下から管みたいなのを入れ薬を注入したそう)
そしてその当日の夕方一通のメールが…「帰り道、急に具合が悪くなって入院しました」
もうワケワカンネ…
そしてまた実家の近くの病院に入院…
そして10日後。嫁の実家から自宅まで新幹線で二時間かかると言うのに自宅のある県内の病院にわざわざ転院するとのメール。
そしてお見舞いに行くからと場所を聞くもはぐらかされ、今日も病院名をメールで聞いたが返信なし…
そして今日「病院名を教えてくれなければ連絡しない。」との内容のメールを昼前にしたけど未だに返信なし…orz
長文&分かりにくい文スマン



【【怪しい嫁】用事があり実家に帰った嫁が、当初の予定から1ヶ月経っても戻らない。追及したら子宮の病気で入院していると。見舞いに行くと場所をきいてもはぐらかす・・・・・・】の続きを読む

421:2005/06/26(日) 20:11:50 ID:
嫁があやしいかもしれない。

・2月に1回ほど実家にかえるねーと言って外泊する
・よく飲みに出かける
・携帯を触ると(鳴ってるよーみたいに)異様に怒る
・風呂場に携帯もっていく
・ネットばっかりしている
・オレが土日仕事で平日休み


とりあえず外泊。彼女の実家へ電話する度胸は・・・・・・ない。
そんなに外泊するもんかね。


【【怪しい嫁】嫁が怪しい。実家に帰ると言って外泊。よく飲みにでかけ、掲載を触ると異様に怒る。風呂場へも携帯を持っていく。彼女の実家へ電話する度胸は無い・・・・・・】の続きを読む

430:2007/08/11(土) 01:13:58 ID:
0
ラブホを出て二人並んで駅へ向かってたら突然彼(上司)が前へ吹っ飛びました
何が起こったのか判らずびっくりしてるとそこには旦那が居ました
後ろから彼の背中へ飛び蹴りしたんです
普通の顔で茶封筒を私に差し出して、私が受け取ると
コレに名前書いてハンコ突いて役場に出しといてって言って
さっさと行っちゃいました
訳が分からず呆然として私は突っ立ったまま
彼は道路に転がったままでした

先週の金曜のことです
子供に会わせてもらえません
頭がぼーっとしてよく考えがまとまりません
どうしよう



【【自分の浮気】ラブホを出て二人並んで駅へ向かってたら突然彼が前へ吹っ飛んだ!何が起こったのか判らずびっくりしてるとそこには旦那が・・・・・・】の続きを読む

578:2013/03/15(金) 09:03:02.49 ID:
バイト先(個人経営の古風な喫茶店で給仕してた)にある日、
「やあ久し振り~♪」と超フレンドリーな客が来た。
久し振りと言われても見覚えがない。
かと言って客の半数が常連のような店だったので「どちら様ですか?」とも言えず
お茶を濁していたら「五年くらい前に一度来たことがあるんだよ」。
覚えてるわけがない。と言うかその頃私はまだバイトに来ていない。
だけど男は一方的に話しかけてくる。
「綺麗になったね~」「俺のこと覚えてるでしょ?」
私が五年前はバイトしてませんと言っても「まったまた~♪」と信じない。
店長や奥さんが「その頃この子いませんでしたよ」と否定しても信じない。
そのうち朝私がいると「おはよう」「行ってきます」だけを言いに店に寄るようになり、
夜も私がバイトに入っているとにこやかに「ただいま」だけ言って帰るようになった。
一点を見つめて動かないじっとりした目つきや、私に向かって話しかけているはずなのに
見えない人に向かって喋っているような空気感のある喋り方も相まって非常に気持ち悪かった。
居心地のいいバイト先だったんだが結局辞めることになり、実家住所が記入してある
提出していた履歴書は私の目の前で焼き捨ててもらった。
その後かなり距離のある実家に帰り、髪型も化粧も服装の系統も全部変えて過ごした。

数年後たまたまその街を訪れる機会があり、懐かしくなって喫茶店に顔を出した。
店長も奥さんも健在で、話が弾んだんだが、私が辞めてしばらくはあの男も来ていたらしい。
「彼女はどこ?」と聞かれても「彼女って誰ですか?」とはぐらかしていたら、
(名札がなかったので男は私の名前も知らなかったらしい)
「そうか、彼女は本当はいなかったんだね…」と呟いて、それっきり顔を見せなくなったそうだ。

大きな被害を受けたわけではないが、思い出すと今でも地味に恐怖を感じる。


 
【【勘違い男】バイト先に来ていた勘助。私が辞めた後「彼女はどこ?」と聞かれた店長が「彼女って誰ですか?」とはぐらかすと「彼女は本当はいなかったんだね」と呟いて来なくなった】の続きを読む