おかしな人々

  • Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly

東南アジア

555:2012/10/18(木) 01:51:02.89 ID:
0
去年東南アジアを1年間放浪している時に起こったことです。

ある街の繁華街でめちゃめちゃ綺麗な人に声をかけられました。
つたない英語でコミュニケーションを取るうちに「ホテル行かない?」と言われ、
ホテルへ向かいました。
こういう場合は通常警戒すべきですが、
しばらく風俗に行ってなかったので貯まっていたのと、
以前もこういうことがあり
極東系のアジア人はモテルと勘違いしていた点、
それにめちゃめっちゃ可愛いかったので、この子とやれるならなんでもいいや
と思ってしまったのが原因だと思います。

そんなこんなでペッティングしながらホテルに行きました。
一緒にシャワーに入っていると、ドアを叩く音が聞こえすぐにドアが開きました。
鍵は閉めてたはずなのに、裸が見られると思ったのも束の間、
イカツイ男二人に金を出せと要求されました。

もともとこういうこともあると思っていたので、
現金はほとんど持っておらず、
財布にあった1万円分程度の現地通貨を渡しました。
それでも「もっと持ってるだろ!」と殴られましたが、
それしかもっておらず「だったら銀行で降ろせ」と言われ
二人に挟まれるようにATMへ向かいました。


305:2009/09/17(木) 21:13:04 ID:
もう気団じゃなくなっているが、どこに書いてよいのか判らないので報告。
リーマンショックよりちょっと前の話。

俺は東南アジア方面に5年ほど単身赴任していた。
結婚後10年で小梨の嫁は日本暮らし。

帰国後、社に戻り、上司から書類を預かり、久々に自宅へ帰宅。
満面の笑顔で俺を出迎える妻。
俺は書類を渡し、一言。
「さあ、書類を読んで離婚の話をしようか。」



さらに1年前にさかのぼる。
上司から俺の赴任先へ国際電話がかかってきた。
この方、単なる上司ではなく、大学時代から仲良くしていた先輩でもあり、
また上司妻は嫁の同僚でもある。
「実は、お前の嫁さんが浮気しているようだ。
相手は嫁さんの同僚らしい。
お前に聞かせるか迷ったが、耳に入れとくことにした。
まだ赴任期間は1年あるが、俺にできることなら協力してやる。どうする?」
との事。
最初は俺を担いでいるのかとも思ったが、
昔からの付き合いで嘘をつくような方じゃない事は判っている。
詳しく話を聞くと、
上司妻の会社で嫁と男同僚同僚(以下A)が怪しい、と噂になっているらしい。
例えば、いつも昼食は一緒、二人で残業を合わせ最後まで二人とも残っている、
飲み会の終わりには必ず二人で消える、等等。

バイアスがかかっているのかもしれないが、「そりゃ黒だろう。」てな話ばかり。

かといって、上司も仕事があるわけだし、上司嫁に迷惑をかけるわけにもいかない。
上手い話で、大学時代、上司や俺とよくつるんでいた先輩が探偵やっていたので、
その方に依頼することにした。
申し訳ないが、海外にいることもあり、帰国したら料金一括返済でお願いした。
後は上司嫁が協力してくれ、会社の状況を逐一探偵先輩に連絡してくれることに。