おかしな人々

  • Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly

留守番

140:2011/08/30(火) 22:41:20.62 ID:
0
子どもの頃の話。
前提としてうちは田舎で、当時は日中はどの家も鍵なんかかけてなかった。

当時私は(たぶん)幼稚園児で、夏休みだったから家で昼寝してた。
ぱっと起きたら横に知らないおばさんと、自分と同じくらいの年頃の女の子がいた。
「誰?」
って聞いたらおばさんが
「あんたこそ誰?なんでこのうちで寝てるの」
って言う。
「ここは私ん家だよ」
って反論したんだけど、おばさんは
「おまえなんか知らない!うちの子はこの子だけだ出てけ!」
と怒鳴った。
私はわけがわからなくて、親以外の大人に怒鳴られたのが怖くて家を飛び出た。

おうちがなくなってしまった。
おかあさんはどこにいったんだろう。
二度とおかあさんにも友達にも先生にも会えないかもしれない。
絶望しながら遠くまで歩いた。