おかしな人々

  • Twitter
  • RSS
  • follow us in feedly

虐待

110:2012/11/06(火) 04:04:40.60 ID:
0
長いので分割します。
公文に関連した修羅場。
母。小学生用の受験塾講師(出来る子用)。
私。中学生用の受験塾講師(出来ない子用)。
妹。高校生用の受験塾講師(出来る子用)。
全員教師免許もって入るんだけど、
塾講師(不労所得があるので週三とか)で働いています。
母と妹の働いている隣県の隣市は偏差値の高い私立もあるし、教育熱心な感じ。
私の働いている市は基本公立中心で隣県と教育格差がある。
隣の件ではやよくある少人数クラス制塾がうちの塾ぐらいしかない。

この塾でものすごいモンペにあった&ものすごい児童虐待を見たのが修羅場。

私が見ていた子で中2で数学1点のA男がいた。
五教科の合計が70点ない。
さかのぼってどこから出来ないのか見たら、算数から出来ていない。
問題集やプリントは答えを写して生きてきたらしい。
そういう風に学校や家で指導されてた。
方針を話し合った結果、英語以前に国語もヤバいので、
公文の問題集と100マス計算をやらす必要があるとなった。あと反復計算プリント。
とりあえず、成績は1点から10点にどうにか上がった。


835:2014/10/07(火) 20:03:48.77 ID:
0
ある記事読んで思い出したので
ここに吐き出します
長いし文才が無いので面白くもない

祖母と両親と姉と俺の5人家族で田舎に住んでました
一番昔の記憶は3才の時に夏の深夜に漏らして
両親に殴られ庭の柿木に朝まで縛られて
全身蚊に食われて大変な事になったが
誰も家族は助けてくれませんでした
この記憶以前から虐待が合ったのかはわかりませんが
家族の反応から推測するに日常のひとコマだったと思います
その後も両親に毎日殴られたり蹴られたり地下に閉じ込められたりし
幼いながら身の危険を感じ5才の時に家出をしました
結果家から20キロ離れた居酒屋の人に保護され家に逆戻りし
泣き叫んで帰りたくないと訴えたが
家族全員外面だけはいいのか誰も虐待されたって言っても信用されませんでした
家族は何も言わずその後1ヶ月は虐待が止まったのですが
近所の評判を気にしていただけであの家族がそんな事をするはずがない
ってのを確認したんでしょうね、虐待は再開され陰湿になりました


577:2013/10/06(日) 10:50:30.04 ID:
0
嫁との出会いが修羅場だった ネタだと思ってもらって構いません
当時俺24歳嫁18歳 全く面識はありませんでした

ある日の休日、趣味の写真撮影で結構夜遅くまで街をうろうろしていました
いい加減家に帰って寝ようかなーと思っていたら女の子(嫁)が声をかけてきました

嫁「あの…お兄さんちょっといいですか」
俺「どうしました?」
嫁「…私に援助していただけませんか?」
俺「?! え いや ちょ」
嫁「お願いです… 助けてください…」と号泣

とりあえずファミレスで話を聞きました
親が毒親で食事すらままならない 身体を売ってでも生きたいと号泣したので
お腹が一杯になるまでおごってあげました

その毒親の事を詳しく聞くと
偶然にも俺の親父と関わり合いのある人で外面はものすごくいい人でした
こりゃーなんとかしてあげないと可愛そうだとおもったので
親父に連絡→事情説明→親父ぶち切れ→毒親呼び出し

結果仕事面的にも肉体面的にも精神的にもフルボッコにされてました
んでそのまま俺の家に住むことになりました


302:2013/09/24(火) 23:22:42.45 ID:
0
かなり昔の事で元嫁の話
当時、俺は会社の事で忙しく帰宅時間はいつも遅かった
それでも俺の帰りを待っていてくれるいい嫁だと思っていたが
結婚から2年ほど経ったある日に実家に来てほしいと弟に呼ばれた
(実家は歩いて10程度)

そこで、子どもたち(弟にとっての甥、2人)
を預けに来るのはやめて欲しいと言われた
最初俺は何言ってんだ?と思っていたが話を聞くと以下の事が分かった。

・結婚当初からお昼を毎日食べに来ている
・子どもが生まれてからずっと、子どもの世話をお袋にさせている
・俺が帰ってくるギリギリまで子どもたちを預け、元嫁はエステなどに行っていた
(俺は帰る前に必ず連絡を入れていた)
・そのエステ代を求めてくる
・仕事で使うものを荒らされる(実家は自営業で弟が継いでいる)

などなど、出来る嫁だと思っていたらヤバイ奴嫁にしていたと顔面蒼白していたら
俺が実家に子どもを預けろと言ったと元嫁が主張していたことも判明。
そんなことするわけ無いだろ…
学生の頃手伝いとかしていたからあの大変さは分かっているつもりだ
というか、俺の帰宅時間まで起きていたのってそういう事かと地味に納得していた。


462:2013/09/15(日) 16:48:18.38 ID:
0
私が大学生の頃、
実家の母親が虐待されて(おそらく)捨てられて瀕死状態になってた子猫を拾ってきた
獣医さんからも無事育つかわからないと言われてたのを献身的に世話して、
なんとか元気に育てた
でも人間不信はなかなか治らなくて、
ようやく家族に慣れて甘えてくるようになり、
みんなで大事に大事に育てていたころ、
父親の妹(おばさん)が孫を連れてやってきた
おばさんの娘さん(私の従姉妹)は離婚して子供(当時5歳)をおばさんに預けて働いてた
おばさんは元々大雑把で自己中だったから
親戚から嫌われてたんだけど本人は気づいてなくて
うちの母はわりとおっとりしてて
そのおばさんの話もウンウン聞いてたから懐かれてた
その日も近くまできたからとおばさんはアポ無しで孫をつれて我が家にやってきた

知らない人がくると猫はすぐどこかに逃げるのだけどその日もそうで、
姿をあらわさなかった
おばさんが連れてきた孫はどうしようもない悪ガキで、
まだ五歳なのに典型的DQNになるだろうと将来が予見できるくらいだった
出されたお菓子をばらまいたり、口にいれて見せてきたり、
いきなりコーラ飲みたいと冷蔵庫開け出したり
おばさんはそんな態度を叱るでもなく野放しだった
そしてトイレにいくといって子供が去ってしばらくしたとき、
二階からギャオーーーという断末魔のような猫の鳴き声が聞こえた
慌てて二階にあがると、猫のしっぽを掴んで振りまわす子供の姿が
母親は猫をはっしと抱きとめ、同時にその子の胸ぐらをつかんで投げ飛ばした

ゴルァ!このクソガキ!!!なにさらすー!!!


564:2013/04/28(日) 01:46:35.57 ID:
0
身バレするだろうけどいいや。
子どもの頃は母親と二人で暮らしていて、
いつしか知らないおじさんが時々家にやってくるようになり、
知らない間に一緒に住むようになっていた。
毎日のように虐待されていたから
そのうち自分は死んでしまうのだろうなと思っていた。
妹が出来てから特に自分だけ食事が出ないなど差別と虐待に拍車が掛かった。

母親から自分はそのおじさんの子どもでは無く誰の子か分からないと言われ、
戸籍にも父親の名前が無かったから、
それでずっと虐待されていたんだと妙に納得した。
お前は家族じゃ無いから家を出ていけと
言われ続けていたから家を出て一人で生活を始めた。
そしてそのまま絶縁。

自分は結婚して子どもにも恵まれた。
ある日、病院から会社に電話があり母親が脳内出血で倒れたと言う。
病院に行ったら母親とおじさんの親戚も来ていた。
自分は親戚付き合いをさせて貰えなかったから初めて会う人や、
30年ぶりに会う人ばかりだった。

後日、おじさんに呼び出されたら、
4畳半の部屋が空いているから
お前ら家族三人がそのに住んで俺の世話をしろと言い出した。
元々こちらは家族だと思っていないし、
嫁はうつ病だからそんな事は無理だし、させないと話したら、
そんなクズ女でも使い道はあるから連れて来いと言い出した。
名前も知らない親戚たちは家族なんでしょ、
長男なのだから、お父さんが可哀想でしょと口にする。
自分の事、自分の家族の事を罵られ、
俺の世話をするぐらいしか価値の無い無能な連中だと笑い者にされた。

ここですべてを断ち切ろうと決めた。
家族を連れて引っ越して、電話番号も変え、再び絶縁した。

昨年、母親がおそらくそのまま意識が戻る事無く亡くなったのを耳にした。

もちろん葬式にも出ていない。
人として正しいとは思わないけれど、
自分と自分の家族を守るために選んだ行動は正しいと思っている。


660:2013/03/27(水) 08:25:51.19 ID:
0
別の話を投稿します。
現在私は40代後半ですので、昔の話です。
母の実家が商売してましたがうまくいかず、
父方の祖母にも借金して倒産してしまいました。
そのため母が働きに出て祖母にお金を返すということになったそうです。
今から考えると倒産して自己破産しているのだから、
母が返すという義務もなかったのに
祖母から返せと強く責められて、そうなったようです。
その当時私と妹は小学生で、母は看護婦で三交代の勤務が一番収入がいいからと
大きい病院に勤務しました。
夜勤と準夜勤の日は、祖母の家に預けられることになりました。
それから私に楽しい日が一日も無くなりました。
私は母方によく似た容姿で妹は父そっくり。
父は祖母似でしたので、祖母は自分によく似た妹をべたべたに可愛がり、
私をいらないものとして扱い始めました。
最初は私だけおやつなしぐらいでしたが、
だんだん私だけご飯はコッペパンのみとかみんなが食べたおかずの食べ残しを、
おひつに付いたご飯を洗って集めたごはんと一緒に食べさせられるようになりました。
その当時すでに祖父は亡くなっており父も一人息子。
その父も祖母に従う人で、私が一緒に食卓について無くても
なんら反応もしてくれませんでした。
母にはなんども訴えたのですが、
母も祖母に反抗できないのかこっそりお金を渡されて、
買い食いするように指示されるだけ。


858:2013/01/28(月) 00:41:48.29 ID:
0
スレチかもしれんが
姉も寝たしカキコ

自分は三兄弟(姉23俺18弟12)なんだが両親は弟がお気に入り
何かに人の前で何かにつけて
『弟は優秀、今日大たちも見習ってほしいわー』と言い出す始末
別に弟はスポーツで優秀だったり、芸術面で秀でているわけでもない。
姉はそれが嫌で高校卒業してから一人暮らしして、
大学に行こうとしようとしたところ

両親「は? 許すわけないだろ。金は出さない」

結局、弁護士の伯父から金を借りて一人暮らし&大学に進学
五年間、顔も合わせることもなく三年前に電話で話したのが最後で、
つい一昨日まで姉の顔は思い出せなかった

続く


347:2013/01/09(水) 15:42:11.25 ID:
O
携帯から流れ読まずに投下。フェイクあり。
私は保育園から高校まで父親から虐待という名のものを全て受けた。
家族は父親、母親、私、妹の四人家族。
父親は無職で毎晩酒を呑み私や母親に暴力を奮う。
当然貧乏で食べる物も全くない。
母親が何度か働きに出るが父親は世間体が悪いとすぐに辞めさせる。
米が尽きたら親戚の家に私と妹が行き「お米をください」と言っていた。
この時私は5歳か6歳だった。そのうち三番目の妹が出来た。続きます


242:2012/11/22(木) 23:36:52.87 ID:
0
私には年の離れた腹違いの姉がいる。
姉の母は亡くなってて 私の母は後妻。
継母の継子いじめは無かった。
その代り 母は父と姉に気に入られたいためか私を虐待した。
父と姉がいない時は ごはんがもらえないことも多かった。
なので一番古い記憶は、学校から姉が帰ってきたら何かを食べることができるので 
じっと玄関を見つめて姉が帰ってくるのをひたすら待ってる記憶。
姉におなかがすいたと訴えたら後で脇腹を母親につねられた。
小さい時から自室があって一人でベッドで寝てたけれど 
いつの間にか姉と一緒に寝るようになった。
その前後あたりからお風呂も姉と入るようになった。
母と入ると やたら熱い湯だったり冷たい水だったりだったりだけど 
姉とならそういうこともないのでうれしかった。
記憶が前後するけど 看護婦さんに脇腹のことを聞かれて 
お母さんがギュウすると答えた記憶もある。
ある日 母と姉が言い争った。
その時 母が「本当はあなたなんか好きじゃない。仕方ないから優しくしてるだけ」
と姉に向かって言ったのを聞いたのが修羅場。